ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソダシ

24

そだし

ソダシは、2018年生まれの競走馬。2020年JRA賞最優秀2歳牝馬・2021年最優秀3歳牝馬。主な勝鞍は2020年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2021年の桜花賞、2022年のヴィクトリアマイル。JRA初のGⅠ競走を制覇した白毛馬である。
ソダシは、2018年生まれの競走馬。2020年JRA賞最優秀2歳牝馬・2021年最優秀3歳牝馬。主な勝鞍は2020年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2021年の桜花賞、2022年のヴィクトリアマイル。JRA初のGⅠ競走を制覇した白毛馬である。

ヒーロー列伝

ヒーロー列伝

「無垢な未来へ。」

一族の悲願を叶え、白毛馬初のGⅠ勝利。レコードを刻み、無敗の桜花賞制覇。

古馬となって取り戻した女王の輝き。君の後に、道はできる。

競馬の白紙のページに、美しさと強さで、まばゆいほどの新たな歴史を綴りながら。

  • JRA『ヒーロー列伝』コレクション No.92「ソダシ」

プロフィール

プロフィール

生年月日2018年3月8日
欧字表記Sodashi
性別
毛色白毛
クロフネ
ブチコ
母の父キングカメハメハ
生産ノーザンファーム北海道安平町)
馬主金子真人ホールディングス(株)
管理調教師須貝尚介(栗東)
厩務員今浪隆利
主戦騎手吉田隼人

2018年3月8日、北海道・ノーザンファーム生まれの日本の競走馬21世代)。

サラブレッドではごく少数(0.1%以下)しか存在しない白毛牝馬である。一見全身真っ白に見えるがよく見ると目元に少しブチ模様がある。


父は2001年のNHKマイルカップジャパンカップダート覇者クロフネ、母は白毛にブチ模様の外見で人気を博したブチコ、母の父はキングカメハメハという血統で、ブチコの初仔である。またブチコの母は近年白毛の名牝系として評価を確立しつつあるシラユキヒメであり、近親にも活躍馬が少なくない。

馬名はサンスクリット語で「純粋」「輝き」という意味とされるが、実際にはサンスクリット語に「ソダシ」という言葉は存在しない(ただし、オーストラリアに同じ由来を名乗るソダシという化粧品ブランドがある)。

馬主は父や母、そして母父と同じく金子真人ホールディングス。金子オーナーは日本競馬史上屈指の個人馬主として知られる人物で、あのディープインパクトのオーナーだったと言えば分かるかもしれない。


管理調教師須貝尚介栗東トレセン所属)、調教助手は北村浩平厩務員今浪隆利

完全にあのゴールドシップのチームである。


戦歴

戦歴

2020年(2歳)

父クロフネは芝・ダートの二刀流GⅠ制覇を達成。種牡馬としても高い実績を挙げ、特に牝馬の活躍馬が多い種牡馬である。

母ブチコもゲート難で早期の引退を余儀なくされたものの、ダート戦線でオープン入りまで進んでいる。


ソダシは、祖母シラユキヒメに似た真っ白な外見に、ブチ模様で現役中は大人気を博したブチコの初仔ということもあってデビュー前から競馬ファンの興味関心を集めていた。母系の適性を考えればダート戦線を選択してデビューするのではという予想もあったが、須貝厩舎では調教で適性をみた結果、芝でのデビューを選択した。


2020年7月12日函館競馬場の2歳新馬戦で吉田隼人を背にデビュー戦勝利を挙げると、続く9月5日札幌2歳ステークス(札幌競馬場・GⅢ)でレコードタイムを叩き出し重賞初勝利。また、これが白毛馬としても史上初の国際平地芝重賞勝利であった。

※重賞勝利そのものは2008年に伯母のユキチャンが関東オークス(JpnⅡ)、JRA及び国際重賞では2019年に従兄にあたるハヤヤッコがダートのレパードステークス(GⅢ)を制していた。


10月31日に開催されたアルテミスステークス東京競馬場・GⅢ)も勝ってデビューから無敗の3連勝。


そして、1番人気に推された阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場GⅠ)は、メイケイエール(小倉2歳ステークス・ファンタジーステークス、実は祖母がソダシの母の半妹の為従姪にあたる)やリンゴアメ(函館2歳ステークス)といった重賞勝利馬を相手にする。

最後の直線で一旦はサトノレイナスに抜かれるも、勝負根性で差し返し、ハナ差でGⅠ勝利を達成。

デビューから無敗の4連勝を記録すると共に、史上初の白毛のGⅠ勝利馬となった。

四半世紀を経て現実が漫画に追いついた例となる。


鞍上の吉田隼人騎手にとってはゴールドアクターで制した2015年の有馬記念以来のG1勝利、初めて牝馬でのG1勝利である。


2020年度JRA賞最優秀2歳牝馬満票で選出された。


2021年(3歳)

クラシックシーズンとなる3歳の初戦は、前哨戦を挟まずに桜花賞へ直行した。


サトノレイナス・メイケイエール・ヨカヨカなど阪神JF出走組の他、ディープインパクトアパパネの間に生まれたアカイトリノムスメチューリップ賞でメイケイエールと同着優勝のエリザベスタワーなども顔を揃えた。


レースはメイケイエールが中盤にハナを奪うが、ソダシは冷静に先頭集団から脚を伸ばし、直線で先頭に立つと、最後方から追い込んできたサトノレイナスの追撃をクビ差で凌いで優勝。タイムは1分31秒1で新記録を叩き出した。

白毛馬で初のクラシック制覇を達成すると共に、鞍上の吉田隼人もこれが初のクラシック制覇となった。


続いては無敗のクラシック2冠を賭けてオークスに出走する。

スタートはよかったのだが、他馬に激しくマークされて囲まれるという不利なレース展開に。それでも好位につけて直線勝負を挑むも伸びず、馬群に沈んで結果8着と初めて土がついた。優勝馬は皮肉にもあの厩舎の大先輩の娘ユーバーレーベン

不利なレース展開にあって、途中までのレース内容は決して悪くはなかったが、残り200m地点を過ぎたあたりで失速し、クロフネ産駒の宿命とも言える中距離以上への適性の無さを露呈する結果となった。しかし2000m辺りまでは先頭争いに加わることが出来たことから、秋華賞への出走はなんとか目処がついた格好となった。


札幌記念から秋華賞へ

初の敗北からの出直し戦には、秋の秋華賞を見据え、同じ2000mかつ、2歳時にレコード勝ちを果たした札幌競馬場開催の8月22日札幌記念(GⅡ)を選択。

古馬相手の初レースに挑んだ。

過去の結果で不利のデータが出ていた大外8枠13番を引いたが、最軽量52kgの斤量を利して、第1コーナーまでにスムーズに2番手につける。4角で早めに先頭に立って馬場の内目を確保すると、直線でも垂れることなくそのまま逃げ切り勝ち。

ラヴズオンリーユーブラストワンピースらGⅠ古馬を相手に、クロフネ産駒が今まで破れなかった2000mの壁を突破しての重賞勝ちとなった。

また、3歳牝馬の札幌記念勝利は2014年ハープスター以来7年ぶりとなった。

迎えた10月17日の秋華賞だったが、1番人気に支持されていたものの、最後はオークス馬ユーバーレーベンとともに馬群に沈み、結果は同じ勝負服のアカイトリノムスメの10着だった。

敗因は不明だが、歯茎から出血しており、当初は歯が折れていたと思われていた。レース後にソダシの状態を確認した須貝調教師は「ゲートでぶつけたのだろうけど、それが影響したのかな」と敗因を分析。

母のブチコが酷いゲート難でレースにならずに引退したことと、桜花賞の前に今浪厩務員がアイツに似てきて大変やねん」と発言していたことを合わせて「母親であるブチコの気性難を受け継いでいるのでは」と危惧されている。

また、阪神競馬場は高低差がほとんどない札幌競馬場とは異なり、「仁川の坂」と呼ばれる高低差のある直線が存在しているため、「坂のある2000mはダメなのでは」とも分析されており、「阪神2000でキツいなら距離適性としてはスプリント・マイラーなのだろう」とも言われている。


秋華賞後

先述したように、秋華賞のレース後に馬体を確認したところ、歯が折れていると判断されたが、栗東トレセンに帰厩後の検査で歯茎からの出血だけだったと判明

今のところ、歯以外の損傷はなく、競走馬の命とも言える足も無事とのこと。

この先のプランはまずは傷ついた歯が固まるのを待ち、それから調教やレースへの出走を再開していく予定であると報じられた。

その後、傷ついてグラグラしていた下顎の前歯を抜歯したことが報道された。また、抜けた歯はどうやら乳歯のようで、「下から歯が生えてきている」と報告されている。傷口の炎症もなく、飼葉もしっかり食べているとのことで、体の調子は特に悪くはないとのこと。


11月に入って歯茎の傷も癒え、調教も再開されたところで次走予定の報が入った。


チャンピオンズカップ

次走はチャンピオンズカップ。須貝調教師曰く「血統もあり、距離も丁度いいので一度ダートを走らせて見たかった」とのことで、かつて父クロフネがジャパンカップダート時代に圧勝したレースに娘も挑むこととなった。

ダートを未勝利のままG1ダートの勝ち鞍を得た前例はなく、ジンクス破りにも期待がかかっていた。

しかし、レース前半は快調な「逃げ」でペースの主導権を握ったソダシは最後の直線で失速し馬群に飲まれてしまい、2番人気であったのに12着と大敗。優勝馬は1番人気テーオーケインズ

途中まで先頭をキープしてはいたのでダート適性がないとはまだ言い切れず、いきなりのGⅠが悪かったのではないかとも言われている。


また、安藤勝己はTwitterで「ダート適性云々やなくて馬がレースで走りたくないのかもしれない。秋華賞の負け方が悪かったのをそのまま引きずっとる感じ。調教はやれば動くで、陣営の負けたくないってプレッシャーが伝わってしまった可能性がある。」と投稿。精神面や(結果的にせよ)前回歯をケガしたまま走ることとなった秋華賞から、レースがトラウマになっている可能性を指摘している。

他にも田原成貴東京スポーツのインタビュー「秋華賞でのソダシの歯茎の出血は自傷行為」などと語るなど、メンタル面に問題があることを指摘している。


年末のJRA賞では、アカイトリノムスメに約4倍もの差を付け、最優秀3歳牝馬を受賞した。(有効296票中ソダシ234票、アカイトリノムスメ56票、ユーバーレーベン3票、該当なし3票>


2022年(4歳)

フェブラリーステークス

古馬としての初戦は再びダートのフェブラリーステークス(馬場状態は小雨の影響で重馬場)。

ソダシは直近2戦での大敗とダート混合戦での牝馬の勝ち鞍の無さからまず勝てないと判断されたか、人気は4番人気だった。


レースは中盤まで2・3番手につけ、好位置に付けるがカフェファラオの3着に敗れた。

それでも牝馬がフェブラリーSの複勝圏に入ったのは2001年のトゥザヴィクトリー以来、実に21年ぶりの出来事で、1600mという距離であればダートでもやれることを示した。


ヴィクトリアマイル2022

再び芝に帰ってきたヴィクトリアマイル。

1歳上の三冠牝馬デアリングタクトがこのレースで復帰したことで、初めての対決に注目が集まった。

デアリングタクトの他には、レイパパレアカイイトレシステンシアといった年上のGⅠホース達がいて、ソダシは出走したGⅠホースで唯一の4歳馬だった。


オッズはレイパパレが1番人気で、マイル重賞を勝ったことがある同世代のファインルージュソングラインが続き、ソダシは4番人気、デアリングタクトは5番人気に留まった。


レースは殿人気のローザノワールが果敢に逃げを打ち、ソダシは4番手に付け第4コーナーを回ると、最後の200mで加速。2着のファインルージュに2馬身差を付けて桜花賞以来のGⅠ3勝目を挙げた。なお、デアリングタクトは6着、1番人気のレイパパレは12着だった。


この勝利により、阪神JF・桜花賞・ヴィクトリアマイルの牝馬限定マイルGⅠの完全制覇を達成したが、これはブエナビスタ・アパパネに続く史上3頭目の記録である。


戦後、金子オーナーは「今後の選択肢が広がった」としつつも、「(再びの)ダートは無いと思います。海外も今の所考えていません」とコメントした。


札幌記念2022

夏~秋は状態を見ながら、前年に勝利した札幌記念からマイルCSへ向けて調整するプランが示され、前年覇者として札幌記念に挑んだ。

このレースは直前の函館記念で芝・ダート二刀流重賞制覇を記録したいとこのハヤヤッコも出走、JRA初の白毛馬複数頭同時の重賞出走となった。


レースはパンサラッサジャックドールの2頭の実力派逃げ馬が引っ張る展開。1番人気に推されたソダシは5番手付近の好位をキープし、折り合いも良く進んでいたが、最終直線で伸びずに3番手を争っていたウインマリリンに競り落とされ、外差しを狙ったアラタにもかわされる。ジャックドール・パンサラッサの逃げ勢ワンツーの中、5着に留まった(ハヤヤッコは10着)。


しかし、須貝調教師は敗戦にもさばさばとレース後取材に臨み「これではっきりした。この馬はマイルが適距離」と断言。紆余曲折あったものの、芝1600mがソダシの戦場とはっきり定まった敗戦となった。


府中牝馬ステークス

秋はマイルCSを大目標に、直行か1戦挟むかは状態をみて判断していくとされていたが、状態の良さから叩きとして10月15日のGⅡ府中牝馬ステークス(東京芝1800m)に出走。単勝1.9倍と当然の1番人気であった。

道中は先行集団4~5番手付近から、東京競馬場の長い直線で悠々と抜け出したが、ここで末脚を飛ばしてきたのが12番人気伏兵、「ソダシの背後についていけば必ず道が開けると思った」とレース後に語ったベテラン・岩田康誠が駆るイズジョーノキセキである。最後は彼女にアタマ差差し切られる形で2着に敗れた。

ただ、ベスト距離より200m長く最後やや苦しくなった分と、GⅠ馬として周囲より重い56kgの斤量、そして目いっぱいの仕上げではなかった分で、大一番のマイルCSに向けて調整の格好はついた形となった。


マイルチャンピオンシップ

迎えた11月20日マイルチャンピオンシップ。当日は昨年の2着馬シュネルマイスター(3.6倍)に次ぐ単勝4.4倍の2番人気。3歳勢からはNHKマイルカップ覇者ダノンスコーピオン富士Sで古馬を撃破したセリフォスら、古馬勢でも毎日王冠で復活勝利を挙げたサリオス・昨年の3着馬である20年ホープフルステークス覇者ダノンザキッドなど、GⅠ馬5頭を含む好メンバーが揃った。


3枠6番のソダシは十分のスタートから4番手付近を確保。直線では逃げ集団が脱落し、差し追い込み勢中心の末脚勝負となったが、勝ったのは外から強襲したセリフォス、2着は内から抜け出したダノンザキッド。ソダシは伸び切らず差し勢達の馬群に飲まれたかと思われたところ勝負根性を発揮し、ソウルラッシュをハナ差凌いでセリフォスの3着。粘って逃げ・先行勢では唯一の馬券内に残したが、初の牡馬混合戦でのGⅠ勝利はならなかった。

ただ、これまで牡牝混合GⅠで勝ち切れなかった事について「オッサンに囲まれた状態にやる気をなくしたのかも」とも言われていたが、今回は先頭集団のどの馬も先頭を譲る気が無い大混戦っぷりからSNSでは「マッスルチャンピオンシップ」などと揶揄された叩き合いにおいて、最前線で再加速をかました事からその心配が杞憂だったことが判明。

むしろぶつかられてから気合入れるあたりはゴリr…アマゾネs…とりあえず、年始のフェブラリーSに続く3着確保で、得意のマイルなら牡馬混合戦でも引けはとらない事が確実になったという意味でも価値のある一戦だった。


2023年(5歳)

ヴィクトリアマイル2023

2023年初戦は2連覇のかかるヴィクトリアマイルへ直行。

元々阪神JFから桜花賞へ直行して連勝したように、鉄砲(長期休養からのぶっつけ本番)は利く馬であるが、それより話題となっていたのは須貝尚介調教師がソダシの鞍上をデビュー以来コンビを続けてきた吉田隼人からダミアン・レーンに交代させることを早くから表明していたことだった。


この年のVMは前年覇者ソダシに加え、前年の安田記念ソングライン、さらに前年の二冠牝馬スターズオンアース秋華賞スタニングローズ・オークス3着に秋華賞2着のナミュール・スプリント戦線から距離延長で臨むナムラクレアら4歳牝馬の主力たちが揃い、ソダシの鞍上交代を危ぶむ声もあって混戦が予想されていた。

枠順抽選ではソダシは過去の戦績が悪い大外8枠16番を引いた。当日5月14日の東京競馬場は芝は良判定も小雨が降り、スターズオンアースに次ぐ2番人気で推移していたソダシはレース前に雨が強くなったことも手伝ってか(芝の稍重以下は経験がない)、直前でナミュールに抜かれて3番人気(4.6倍)で出走時間を迎えた。


ソダシはスタートから飛ばし、大外枠からコーナーインまでに好位を確保すべくレーンは内に馬を切れ込ませ、ハナを切ったロータスランド後方の2番手を確保することに成功した。

が……この部分はレース後に物議を醸すことになる。鞍上のレーンが十分なスペースを確保する前に内に切れ込ませたことでナミュールやナムラクレアら4頭の進路が狭くなったとして斜行による妨害を取られ、過怠金5万円が科せられることになる。特に2番人気に推されながら7着敗退を喫したナミュール鞍上の横山武史は「落馬しなくてよかったくらいです。あんな不利を受けては走る馬も走りません」と強く苦言を呈していた。


さてレースに戻る。ロータスランドの背後2番手でコーナーを運んだソダシは直線でやや外目に出して先頭を奪い、得意の逃げ込み体勢に入った。外からスターズオンアースが差を詰めてくるが、キレ味鋭い末脚を誇る二冠牝馬も雨の馬場と緩みないマイルのペースも手伝ってかこの日は伸び切らない。

ソダシ二連覇なったか…と思われたその時、内から突っ込んで来たのは戸崎圭太と初コンビのソングラインである。アタマ差ソダシをかわし切り、GⅠ2勝目。ソダシは不利な大外枠からも必勝パターンを築いたが惜しくも二連覇ならず、須貝調教師は「今日は相手を褒めるしかありません」今浪厩務員も「自分の競馬はできたと思うけど、まさか内から来られるとはね」と脱帽するしかなかった。


安田記念

鞍上に川田将雅を迎え、2番人気に推される。

レースは終始3番手で進めるも最終直線では伸びず、連覇を決めたソングラインの7着に敗れる。

レース後脚部不安を発症し、休養に入る。


電撃引退

10月1日、突如として引退を発表。この日は全妹のママコチャスプリンターズステークスを制し、初のGⅠ勝利に湧いたばかりだった。

須貝調教師によれば、このママコチャの勝利を受けて金子オーナーから「ちょうどいいタイミングでバトンを渡せるのではないか」と打診されたとのこと。

今後はノーザンファームで繁殖牝馬になる予定。


繁殖入り後

引退後にノーザンファームで繁殖牝馬になることが正式に決定し、近況報告にて放牧中にはソネットフレーズと仲良く過ごしていることが明かされている。https://x.com/northern_horse/status/1720339199776411849?s=20


余談

余談

外見

主な異名に「白き桜の女王」があるが、勝ち馬は桜の女王と呼ばれる桜花賞を制した白毛馬であることと、レースで温まると全身が紅潮し桜色に染まる馬体の性質から。

ほぼ全身真っ白だが、両目の周囲には黒いブチがあり、これは競走馬擬人化などでは泣きぼくろとして表現されることも。

音に敏感な気質のため、パドックではメンコを二重に被っており、金子真人ホールディングスの勝負服カラー(黒胴・青袖・黄鋸歯型)のメンコを発走直前に脱ぎ、レース用の白いメンコ姿になる。

海外での人気

ソダシのビジュアルと強さは海外のメディアからも「White Wonder」などと呼ばれ注目されており、ヴィクトリアマイルの後には競馬雑誌のみならず一般紙であるNYタイムズでまで取り上げられた

ヴィクトリアマイル勝利でBCフィリー&メアターフの優先出走権を手にしたことから、アメリカの競馬ファンからも参戦を望む声が出ているようだが、上述の通り現状海外遠征は考えていない模様である。

ンダツ

ソダシの公式ぬいぐるみは、JRA競馬場のターフィーショップにて販売、大人気商品となっている。一方、ソダシが注目度を高めた頃から、全国のゲームセンタークレーンゲームでもソダシぬいぐるみが出回るようになった。無論、JRA公式商品ではない。

…が、これらのプライズぬいぐるみは白い小型犬かというほど全身もさもさだったり、メンコがテカテカペラペラでレジ袋を被っているようだったり、概して何ともパチモノ臭の漂うもので、まとめてンダツと通称されるようになった。

またここから逆輸入して、ソダシがレースでやらかし大敗を喫した時は「今日はンダツの日だった…」のように競馬ファンに用いられることも。


人気は各界でも

ソダシの人気は競馬界のみならず野球界にも及んでおり、プロ野球球団であるヤクルトスワローズに所属している宮本丈選手が自身のバックにソダシの公式ぬいぐるみを付けているのを競馬、球団の双方のファンに目撃されていたりしている。



声優界でも人気者であり、声優のLynnはソダシのファンでもあると公言している。2022年のヴィクトリアマイルで優勝した際には多くの声優たちからお祝いの投稿や外見の美しさに感嘆している投稿が数多く見られた。


関係者とのエピソード

須貝調教師や今浪厩務員によるとじゃれつかれた際にジャンパーや時計を壊されたというやんちゃなエピソードが明かされている。


競馬博物館で行われた今浪厩務員によるトークショーでは吉田隼人騎手がソダシだけの鞍に着用する白い腹帯を所持していることも明かされたりしている。


調教の際には酒井学騎手が騎乗し、ソダシに跨がり嬉しそうな表情を浮かべているのをカメラに収められている。

https://x.com/goku_uma/status/1656211853436133377?s=20

https://x.com/tospophoto/status/1656085379039260673?s=20


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

競走馬 21世代 白毛 白馬


ステラヴェローチェヴェローチェオロ:須貝尚介厩舎の同い年の同僚コンビ。

ゴールドシップ:須貝厩舎の偉大なる先輩。ソダシもなかなか気難しい女の子だが、厩舎スタッフ一同は「ゴールドシップに比べれば」と、この馬を扱った経験を活かしているそうな。

どうしてこうなった:母ブチコからどうして初仔からGⅠ競走馬が生まれると誰もが思ったことか。

一番思っているのはブチコの鞍上も努めたこともあるかもしれない。

ユニコーンライオン:2022年札幌記念前の調教の時にソダシのことが好きすぎて鳴いて呼んでいたとなぜか当時ジャックドールの鞍上であった藤岡佑介騎手によってボートレースの番組内で暴露されている。なお、レース当日のパドックではソダシから遠く離れた位置で歩く彼を多くのファンが目撃している。2023年に無事に種牡馬入りを果たしている。

フリームファクシ:須貝厩舎の後輩で馬主は同じ金子真人氏。皐月賞の最終追いきりで併走中にソダシをガン見して走っているというまさかの映像が公開され、競馬ファンたちをざわつかせた大物。

白毛は珍しいことからあまりモテる色ではないとされているが、上記のユニコーンライオンとフリームファクシの行動や従姉妹のハイアムズビーチは牧場で牡馬達からモテていると明言されていることからやっぱり白毛はモテるのではないか?と疑問を呈するファンも多くいるが馬それぞれの好みによるものだと考えられる。

パンサラッサ:2022年札幌記念前の調教の際に鞍上の吉田豊と吉田隼人が兄弟同士という縁もあり対面を果たしている。なお、上記のユニコーンライオンとは同じ厩舎の同僚である。

アオラキ:ゴールドシップ産駒の白毛の競走馬。函館での調教の際にソダシとハヤヤッコという3頭の白毛の競走馬による夢のような組み合わせが見られた。細江純子氏によるとソダシはハヤヤッコとは親戚だと感じている一方で本馬に対しては何か違うと感じた様子であったことが明かされている。

ヒーロー列伝

ヒーロー列伝

「無垢な未来へ。」

一族の悲願を叶え、白毛馬初のGⅠ勝利。レコードを刻み、無敗の桜花賞制覇。

古馬となって取り戻した女王の輝き。君の後に、道はできる。

競馬の白紙のページに、美しさと強さで、まばゆいほどの新たな歴史を綴りながら。

  • JRA『ヒーロー列伝』コレクション No.92「ソダシ」

プロフィール

プロフィール

生年月日2018年3月8日
欧字表記Sodashi
性別
毛色白毛
クロフネ
ブチコ
母の父キングカメハメハ
生産ノーザンファーム北海道安平町)
馬主金子真人ホールディングス(株)
管理調教師須貝尚介(栗東)
厩務員今浪隆利
主戦騎手吉田隼人

2018年3月8日、北海道・ノーザンファーム生まれの日本の競走馬21世代)。

サラブレッドではごく少数(0.1%以下)しか存在しない白毛牝馬である。一見全身真っ白に見えるがよく見ると目元に少しブチ模様がある。


父は2001年のNHKマイルカップジャパンカップダート覇者クロフネ、母は白毛にブチ模様の外見で人気を博したブチコ、母の父はキングカメハメハという血統で、ブチコの初仔である。またブチコの母は近年白毛の名牝系として評価を確立しつつあるシラユキヒメであり、近親にも活躍馬が少なくない。

馬名はサンスクリット語で「純粋」「輝き」という意味とされるが、実際にはサンスクリット語に「ソダシ」という言葉は存在しない(ただし、オーストラリアに同じ由来を名乗るソダシという化粧品ブランドがある)。

馬主は父や母、そして母父と同じく金子真人ホールディングス。金子オーナーは日本競馬史上屈指の個人馬主として知られる人物で、あのディープインパクトのオーナーだったと言えば分かるかもしれない。


管理調教師須貝尚介栗東トレセン所属)、調教助手は北村浩平厩務員今浪隆利

完全にあのゴールドシップのチームである。


戦歴

戦歴

2020年(2歳)

父クロフネは芝・ダートの二刀流GⅠ制覇を達成。種牡馬としても高い実績を挙げ、特に牝馬の活躍馬が多い種牡馬である。

母ブチコもゲート難で早期の引退を余儀なくされたものの、ダート戦線でオープン入りまで進んでいる。


ソダシは、祖母シラユキヒメに似た真っ白な外見に、ブチ模様で現役中は大人気を博したブチコの初仔ということもあってデビュー前から競馬ファンの興味関心を集めていた。母系の適性を考えればダート戦線を選択してデビューするのではという予想もあったが、須貝厩舎では調教で適性をみた結果、芝でのデビューを選択した。


2020年7月12日函館競馬場の2歳新馬戦で吉田隼人を背にデビュー戦勝利を挙げると、続く9月5日札幌2歳ステークス(札幌競馬場・GⅢ)でレコードタイムを叩き出し重賞初勝利。また、これが白毛馬としても史上初の国際平地芝重賞勝利であった。

※重賞勝利そのものは2008年に伯母のユキチャンが関東オークス(JpnⅡ)、JRA及び国際重賞では2019年に従兄にあたるハヤヤッコがダートのレパードステークス(GⅢ)を制していた。


10月31日に開催されたアルテミスステークス東京競馬場・GⅢ)も勝ってデビューから無敗の3連勝。


そして、1番人気に推された阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場GⅠ)は、メイケイエール(小倉2歳ステークス・ファンタジーステークス、実は祖母がソダシの母の半妹の為従姪にあたる)やリンゴアメ(函館2歳ステークス)といった重賞勝利馬を相手にする。

最後の直線で一旦はサトノレイナスに抜かれるも、勝負根性で差し返し、ハナ差でGⅠ勝利を達成。

デビューから無敗の4連勝を記録すると共に、史上初の白毛のGⅠ勝利馬となった。

四半世紀を経て現実が漫画に追いついた例となる。


鞍上の吉田隼人騎手にとってはゴールドアクターで制した2015年の有馬記念以来のG1勝利、初めて牝馬でのG1勝利である。


2020年度JRA賞最優秀2歳牝馬満票で選出された。


2021年(3歳)

クラシックシーズンとなる3歳の初戦は、前哨戦を挟まずに桜花賞へ直行した。


サトノレイナス・メイケイエール・ヨカヨカなど阪神JF出走組の他、ディープインパクトアパパネの間に生まれたアカイトリノムスメチューリップ賞でメイケイエールと同着優勝のエリザベスタワーなども顔を揃えた。


レースはメイケイエールが中盤にハナを奪うが、ソダシは冷静に先頭集団から脚を伸ばし、直線で先頭に立つと、最後方から追い込んできたサトノレイナスの追撃をクビ差で凌いで優勝。タイムは1分31秒1で新記録を叩き出した。

白毛馬で初のクラシック制覇を達成すると共に、鞍上の吉田隼人もこれが初のクラシック制覇となった。


続いては無敗のクラシック2冠を賭けてオークスに出走する。

スタートはよかったのだが、他馬に激しくマークされて囲まれるという不利なレース展開に。それでも好位につけて直線勝負を挑むも伸びず、馬群に沈んで結果8着と初めて土がついた。優勝馬は皮肉にもあの厩舎の大先輩の娘ユーバーレーベン

不利なレース展開にあって、途中までのレース内容は決して悪くはなかったが、残り200m地点を過ぎたあたりで失速し、クロフネ産駒の宿命とも言える中距離以上への適性の無さを露呈する結果となった。しかし2000m辺りまでは先頭争いに加わることが出来たことから、秋華賞への出走はなんとか目処がついた格好となった。


札幌記念から秋華賞へ

初の敗北からの出直し戦には、秋の秋華賞を見据え、同じ2000mかつ、2歳時にレコード勝ちを果たした札幌競馬場開催の8月22日札幌記念(GⅡ)を選択。

古馬相手の初レースに挑んだ。

過去の結果で不利のデータが出ていた大外8枠13番を引いたが、最軽量52kgの斤量を利して、第1コーナーまでにスムーズに2番手につける。4角で早めに先頭に立って馬場の内目を確保すると、直線でも垂れることなくそのまま逃げ切り勝ち。

ラヴズオンリーユーブラストワンピースらGⅠ古馬を相手に、クロフネ産駒が今まで破れなかった2000mの壁を突破しての重賞勝ちとなった。

また、3歳牝馬の札幌記念勝利は2014年ハープスター以来7年ぶりとなった。

迎えた10月17日の秋華賞だったが、1番人気に支持されていたものの、最後はオークス馬ユーバーレーベンとともに馬群に沈み、結果は同じ勝負服のアカイトリノムスメの10着だった。

敗因は不明だが、歯茎から出血しており、当初は歯が折れていたと思われていた。レース後にソダシの状態を確認した須貝調教師は「ゲートでぶつけたのだろうけど、それが影響したのかな」と敗因を分析。

母のブチコが酷いゲート難でレースにならずに引退したことと、桜花賞の前に今浪厩務員がアイツに似てきて大変やねん」と発言していたことを合わせて「母親であるブチコの気性難を受け継いでいるのでは」と危惧されている。

また、阪神競馬場は高低差がほとんどない札幌競馬場とは異なり、「仁川の坂」と呼ばれる高低差のある直線が存在しているため、「坂のある2000mはダメなのでは」とも分析されており、「阪神2000でキツいなら距離適性としてはスプリント・マイラーなのだろう」とも言われている。


秋華賞後

先述したように、秋華賞のレース後に馬体を確認したところ、歯が折れていると判断されたが、栗東トレセンに帰厩後の検査で歯茎からの出血だけだったと判明

今のところ、歯以外の損傷はなく、競走馬の命とも言える足も無事とのこと。

この先のプランはまずは傷ついた歯が固まるのを待ち、それから調教やレースへの出走を再開していく予定であると報じられた。

その後、傷ついてグラグラしていた下顎の前歯を抜歯したことが報道された。また、抜けた歯はどうやら乳歯のようで、「下から歯が生えてきている」と報告されている。傷口の炎症もなく、飼葉もしっかり食べているとのことで、体の調子は特に悪くはないとのこと。


11月に入って歯茎の傷も癒え、調教も再開されたところで次走予定の報が入った。


チャンピオンズカップ

次走はチャンピオンズカップ。須貝調教師曰く「血統もあり、距離も丁度いいので一度ダートを走らせて見たかった」とのことで、かつて父クロフネがジャパンカップダート時代に圧勝したレースに娘も挑むこととなった。

ダートを未勝利のままG1ダートの勝ち鞍を得た前例はなく、ジンクス破りにも期待がかかっていた。

しかし、レース前半は快調な「逃げ」でペースの主導権を握ったソダシは最後の直線で失速し馬群に飲まれてしまい、2番人気であったのに12着と大敗。優勝馬は1番人気テーオーケインズ

途中まで先頭をキープしてはいたのでダート適性がないとはまだ言い切れず、いきなりのGⅠが悪かったのではないかとも言われている。


また、安藤勝己はTwitterで「ダート適性云々やなくて馬がレースで走りたくないのかもしれない。秋華賞の負け方が悪かったのをそのまま引きずっとる感じ。調教はやれば動くで、陣営の負けたくないってプレッシャーが伝わってしまった可能性がある。」と投稿。精神面や(結果的にせよ)前回歯をケガしたまま走ることとなった秋華賞から、レースがトラウマになっている可能性を指摘している。

他にも田原成貴東京スポーツのインタビュー「秋華賞でのソダシの歯茎の出血は自傷行為」などと語るなど、メンタル面に問題があることを指摘している。


年末のJRA賞では、アカイトリノムスメに約4倍もの差を付け、最優秀3歳牝馬を受賞した。(有効296票中ソダシ234票、アカイトリノムスメ56票、ユーバーレーベン3票、該当なし3票>


2022年(4歳)

フェブラリーステークス

古馬としての初戦は再びダートのフェブラリーステークス(馬場状態は小雨の影響で重馬場)。

ソダシは直近2戦での大敗とダート混合戦での牝馬の勝ち鞍の無さからまず勝てないと判断されたか、人気は4番人気だった。


レースは中盤まで2・3番手につけ、好位置に付けるがカフェファラオの3着に敗れた。

それでも牝馬がフェブラリーSの複勝圏に入ったのは2001年のトゥザヴィクトリー以来、実に21年ぶりの出来事で、1600mという距離であればダートでもやれることを示した。


ヴィクトリアマイル2022

再び芝に帰ってきたヴィクトリアマイル。

1歳上の三冠牝馬デアリングタクトがこのレースで復帰したことで、初めての対決に注目が集まった。

デアリングタクトの他には、レイパパレアカイイトレシステンシアといった年上のGⅠホース達がいて、ソダシは出走したGⅠホースで唯一の4歳馬だった。


オッズはレイパパレが1番人気で、マイル重賞を勝ったことがある同世代のファインルージュソングラインが続き、ソダシは4番人気、デアリングタクトは5番人気に留まった。


レースは殿人気のローザノワールが果敢に逃げを打ち、ソダシは4番手に付け第4コーナーを回ると、最後の200mで加速。2着のファインルージュに2馬身差を付けて桜花賞以来のGⅠ3勝目を挙げた。なお、デアリングタクトは6着、1番人気のレイパパレは12着だった。


この勝利により、阪神JF・桜花賞・ヴィクトリアマイルの牝馬限定マイルGⅠの完全制覇を達成したが、これはブエナビスタ・アパパネに続く史上3頭目の記録である。


戦後、金子オーナーは「今後の選択肢が広がった」としつつも、「(再びの)ダートは無いと思います。海外も今の所考えていません」とコメントした。


札幌記念2022

夏~秋は状態を見ながら、前年に勝利した札幌記念からマイルCSへ向けて調整するプランが示され、前年覇者として札幌記念に挑んだ。

このレースは直前の函館記念で芝・ダート二刀流重賞制覇を記録したいとこのハヤヤッコも出走、JRA初の白毛馬複数頭同時の重賞出走となった。


レースはパンサラッサジャックドールの2頭の実力派逃げ馬が引っ張る展開。1番人気に推されたソダシは5番手付近の好位をキープし、折り合いも良く進んでいたが、最終直線で伸びずに3番手を争っていたウインマリリンに競り落とされ、外差しを狙ったアラタにもかわされる。ジャックドール・パンサラッサの逃げ勢ワンツーの中、5着に留まった(ハヤヤッコは10着)。


しかし、須貝調教師は敗戦にもさばさばとレース後取材に臨み「これではっきりした。この馬はマイルが適距離」と断言。紆余曲折あったものの、芝1600mがソダシの戦場とはっきり定まった敗戦となった。


府中牝馬ステークス

秋はマイルCSを大目標に、直行か1戦挟むかは状態をみて判断していくとされていたが、状態の良さから叩きとして10月15日のGⅡ府中牝馬ステークス(東京芝1800m)に出走。単勝1.9倍と当然の1番人気であった。

道中は先行集団4~5番手付近から、東京競馬場の長い直線で悠々と抜け出したが、ここで末脚を飛ばしてきたのが12番人気伏兵、「ソダシの背後についていけば必ず道が開けると思った」とレース後に語ったベテラン・岩田康誠が駆るイズジョーノキセキである。最後は彼女にアタマ差差し切られる形で2着に敗れた。

ただ、ベスト距離より200m長く最後やや苦しくなった分と、GⅠ馬として周囲より重い56kgの斤量、そして目いっぱいの仕上げではなかった分で、大一番のマイルCSに向けて調整の格好はついた形となった。


マイルチャンピオンシップ

迎えた11月20日マイルチャンピオンシップ。当日は昨年の2着馬シュネルマイスター(3.6倍)に次ぐ単勝4.4倍の2番人気。3歳勢からはNHKマイルカップ覇者ダノンスコーピオン富士Sで古馬を撃破したセリフォスら、古馬勢でも毎日王冠で復活勝利を挙げたサリオス・昨年の3着馬である20年ホープフルステークス覇者ダノンザキッドなど、GⅠ馬5頭を含む好メンバーが揃った。


3枠6番のソダシは十分のスタートから4番手付近を確保。直線では逃げ集団が脱落し、差し追い込み勢中心の末脚勝負となったが、勝ったのは外から強襲したセリフォス、2着は内から抜け出したダノンザキッド。ソダシは伸び切らず差し勢達の馬群に飲まれたかと思われたところ勝負根性を発揮し、ソウルラッシュをハナ差凌いでセリフォスの3着。粘って逃げ・先行勢では唯一の馬券内に残したが、初の牡馬混合戦でのGⅠ勝利はならなかった。

ただ、これまで牡牝混合GⅠで勝ち切れなかった事について「オッサンに囲まれた状態にやる気をなくしたのかも」とも言われていたが、今回は先頭集団のどの馬も先頭を譲る気が無い大混戦っぷりからSNSでは「マッスルチャンピオンシップ」などと揶揄された叩き合いにおいて、最前線で再加速をかました事からその心配が杞憂だったことが判明。

むしろぶつかられてから気合入れるあたりはゴリr…アマゾネs…とりあえず、年始のフェブラリーSに続く3着確保で、得意のマイルなら牡馬混合戦でも引けはとらない事が確実になったという意味でも価値のある一戦だった。


2023年(5歳)

ヴィクトリアマイル2023

2023年初戦は2連覇のかかるヴィクトリアマイルへ直行。

元々阪神JFから桜花賞へ直行して連勝したように、鉄砲(長期休養からのぶっつけ本番)は利く馬であるが、それより話題となっていたのは須貝尚介調教師がソダシの鞍上をデビュー以来コンビを続けてきた吉田隼人からダミアン・レーンに交代させることを早くから表明していたことだった。


この年のVMは前年覇者ソダシに加え、前年の安田記念ソングライン、さらに前年の二冠牝馬スターズオンアース秋華賞スタニングローズ・オークス3着に秋華賞2着のナミュール・スプリント戦線から距離延長で臨むナムラクレアら4歳牝馬の主力たちが揃い、ソダシの鞍上交代を危ぶむ声もあって混戦が予想されていた。

枠順抽選ではソダシは過去の戦績が悪い大外8枠16番を引いた。当日5月14日の東京競馬場は芝は良判定も小雨が降り、スターズオンアースに次ぐ2番人気で推移していたソダシはレース前に雨が強くなったことも手伝ってか(芝の稍重以下は経験がない)、直前でナミュールに抜かれて3番人気(4.6倍)で出走時間を迎えた。


ソダシはスタートから飛ばし、大外枠からコーナーインまでに好位を確保すべくレーンは内に馬を切れ込ませ、ハナを切ったロータスランド後方の2番手を確保することに成功した。

が……この部分はレース後に物議を醸すことになる。鞍上のレーンが十分なスペースを確保する前に内に切れ込ませたことでナミュールやナムラクレアら4頭の進路が狭くなったとして斜行による妨害を取られ、過怠金5万円が科せられることになる。特に2番人気に推されながら7着敗退を喫したナミュール鞍上の横山武史は「落馬しなくてよかったくらいです。あんな不利を受けては走る馬も走りません」と強く苦言を呈していた。


さてレースに戻る。ロータスランドの背後2番手でコーナーを運んだソダシは直線でやや外目に出して先頭を奪い、得意の逃げ込み体勢に入った。外からスターズオンアースが差を詰めてくるが、キレ味鋭い末脚を誇る二冠牝馬も雨の馬場と緩みないマイルのペースも手伝ってかこの日は伸び切らない。

ソダシ二連覇なったか…と思われたその時、内から突っ込んで来たのは戸崎圭太と初コンビのソングラインである。アタマ差ソダシをかわし切り、GⅠ2勝目。ソダシは不利な大外枠からも必勝パターンを築いたが惜しくも二連覇ならず、須貝調教師は「今日は相手を褒めるしかありません」今浪厩務員も「自分の競馬はできたと思うけど、まさか内から来られるとはね」と脱帽するしかなかった。


安田記念

鞍上に川田将雅を迎え、2番人気に推される。

レースは終始3番手で進めるも最終直線では伸びず、連覇を決めたソングラインの7着に敗れる。

レース後脚部不安を発症し、休養に入る。


電撃引退

10月1日、突如として引退を発表。この日は全妹のママコチャスプリンターズステークスを制し、初のGⅠ勝利に湧いたばかりだった。

須貝調教師によれば、このママコチャの勝利を受けて金子オーナーから「ちょうどいいタイミングでバトンを渡せるのではないか」と打診されたとのこと。

今後はノーザンファームで繁殖牝馬になる予定。


繁殖入り後

引退後にノーザンファームで繁殖牝馬になることが正式に決定し、近況報告にて放牧中にはソネットフレーズと仲良く過ごしていることが明かされている。https://x.com/northern_horse/status/1720339199776411849?s=20


余談

余談

外見

主な異名に「白き桜の女王」があるが、勝ち馬は桜の女王と呼ばれる桜花賞を制した白毛馬であることと、レースで温まると全身が紅潮し桜色に染まる馬体の性質から。

ほぼ全身真っ白だが、両目の周囲には黒いブチがあり、これは競走馬擬人化などでは泣きぼくろとして表現されることも。

音に敏感な気質のため、パドックではメンコを二重に被っており、金子真人ホールディングスの勝負服カラー(黒胴・青袖・黄鋸歯型)のメンコを発走直前に脱ぎ、レース用の白いメンコ姿になる。

海外での人気

ソダシのビジュアルと強さは海外のメディアからも「White Wonder」などと呼ばれ注目されており、ヴィクトリアマイルの後には競馬雑誌のみならず一般紙であるNYタイムズでまで取り上げられた

ヴィクトリアマイル勝利でBCフィリー&メアターフの優先出走権を手にしたことから、アメリカの競馬ファンからも参戦を望む声が出ているようだが、上述の通り現状海外遠征は考えていない模様である。

ンダツ

ソダシの公式ぬいぐるみは、JRA競馬場のターフィーショップにて販売、大人気商品となっている。一方、ソダシが注目度を高めた頃から、全国のゲームセンタークレーンゲームでもソダシぬいぐるみが出回るようになった。無論、JRA公式商品ではない。

…が、これらのプライズぬいぐるみは白い小型犬かというほど全身もさもさだったり、メンコがテカテカペラペラでレジ袋を被っているようだったり、概して何ともパチモノ臭の漂うもので、まとめてンダツと通称されるようになった。

またここから逆輸入して、ソダシがレースでやらかし大敗を喫した時は「今日はンダツの日だった…」のように競馬ファンに用いられることも。


人気は各界でも

ソダシの人気は競馬界のみならず野球界にも及んでおり、プロ野球球団であるヤクルトスワローズに所属している宮本丈選手が自身のバックにソダシの公式ぬいぐるみを付けているのを競馬、球団の双方のファンに目撃されていたりしている。



声優界でも人気者であり、声優のLynnはソダシのファンでもあると公言している。2022年のヴィクトリアマイルで優勝した際には多くの声優たちからお祝いの投稿や外見の美しさに感嘆している投稿が数多く見られた。


関係者とのエピソード

須貝調教師や今浪厩務員によるとじゃれつかれた際にジャンパーや時計を壊されたというやんちゃなエピソードが明かされている。


競馬博物館で行われた今浪厩務員によるトークショーでは吉田隼人騎手がソダシだけの鞍に着用する白い腹帯を所持していることも明かされたりしている。


調教の際には酒井学騎手が騎乗し、ソダシに跨がり嬉しそうな表情を浮かべているのをカメラに収められている。

https://x.com/goku_uma/status/1656211853436133377?s=20

https://x.com/tospophoto/status/1656085379039260673?s=20


関連タグ

関連タグ

競走馬 21世代 白毛 白馬


ステラヴェローチェヴェローチェオロ:須貝尚介厩舎の同い年の同僚コンビ。

ゴールドシップ:須貝厩舎の偉大なる先輩。ソダシもなかなか気難しい女の子だが、厩舎スタッフ一同は「ゴールドシップに比べれば」と、この馬を扱った経験を活かしているそうな。

どうしてこうなった:母ブチコからどうして初仔からGⅠ競走馬が生まれると誰もが思ったことか。

一番思っているのはブチコの鞍上も努めたこともあるかもしれない。

ユニコーンライオン:2022年札幌記念前の調教の時にソダシのことが好きすぎて鳴いて呼んでいたとなぜか当時ジャックドールの鞍上であった藤岡佑介騎手によってボートレースの番組内で暴露されている。なお、レース当日のパドックではソダシから遠く離れた位置で歩く彼を多くのファンが目撃している。2023年に無事に種牡馬入りを果たしている。

フリームファクシ:須貝厩舎の後輩で馬主は同じ金子真人氏。皐月賞の最終追いきりで併走中にソダシをガン見して走っているというまさかの映像が公開され、競馬ファンたちをざわつかせた大物。

白毛は珍しいことからあまりモテる色ではないとされているが、上記のユニコーンライオンとフリームファクシの行動や従姉妹のハイアムズビーチは牧場で牡馬達からモテていると明言されていることからやっぱり白毛はモテるのではないか?と疑問を呈するファンも多くいるが馬それぞれの好みによるものだと考えられる。

パンサラッサ:2022年札幌記念前の調教の際に鞍上の吉田豊と吉田隼人が兄弟同士という縁もあり対面を果たしている。なお、上記のユニコーンライオンとは同じ厩舎の同僚である。

アオラキ:ゴールドシップ産駒の白毛の競走馬。函館での調教の際にソダシとハヤヤッコという3頭の白毛の競走馬による夢のような組み合わせが見られた。細江純子氏によるとソダシはハヤヤッコとは親戚だと感じている一方で本馬に対しては何か違うと感じた様子であったことが明かされている。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • A WHITE GLINT

    とある『白毛のウマ娘』とゴールドシップが駄弁るだけのお話。 オークス走るソダシちゃん頑張っての気持ちを込めて。内容的にあんまり応援になってないような気もしますけども…… ※※現在公式でウマ娘化されていない競走馬を独自でウマ娘化しています。本作では非公式のウマ娘がメインのお話です。ご注意&ご容赦くださいませ。 ※最後のページ(5ページ目)は、本文の補足とかお気持ちとか書いてるだけなので、興味ない方はスルーしてください。本文そのものは12,000字程度です。以下、補足事項等…  ・本文中では、オリジナルウマ娘はあくまで非公式ということで名前をモデル馬の正式名ではなく愛称めいた感じで書いています。結局タグとかには載せてしまったのであんまり意味がなかった気もしますが……  ・非公式ウマ娘の人物像等は完全に筆者の主観、イメージで書いています。ぶちゃけ妄想の塊なので、色々とアレだと思った方はそっと閉じていただければと思います  ・基本的にアプリ版『メインストーリー』ベースの世界観。第3章よりもかなり後の時間軸のパラレルワールド…というイメージ  ・主人公はチームシリウス所属。キタサトよりも下の世代、チームで最年少世代設定ゆえ公式で学年不明のゴルシのこともとりあえず『先輩』と呼んでいます(因みに、リアルでもゴルシとソダシは同じ厩舎の先輩後輩だったり)  ・主人公が21年5月現在実装のウマ娘の中で最年少世代かつ白毛で初G1制覇してる設定なので、必然的におそらく白毛であろうハッピーミークちゃんは主人公と同世代より下の世代な設定になっています  ・蛇足な気もしますが、一応『ティアラ路線(トリプルティアラ)』は現実の『牝馬三冠』に相当します(公式設定)。また、レース名の『牝馬』表記は『ウマ娘』表記に書き換わるようです(優駿牝馬→優駿ウマ娘) ◆他の競走馬ウマ娘化小説(それぞれ独立した話です)  ・Welcome to "Derby"(サトノレイナス編)→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15313650  ・I’ll be your hero.(メイケイエール編)→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17265384 【5/23追記】ソダシ、オークスは残念でしたね…でも三冠なら秋華賞もあるし若いし、まだまだこれから…ユーバーレーベンはようやく重賞がビッグタイトルほんとおめでとうございます。
    16,208文字pixiv小説作品
  • 空と綿津見と純粋と

    競馬二次創作小説。札幌記念2022。ソダシちゃんとパンサラッサくんがお喋りしています。100パーセント妄想です。
  • 24'高松宮記念前日 ソングラインとソダシ

    エールのお疲れ様会を兼ねた21世代ティアラ路線同窓会の準備をするソングラインとソダシの話。 あのっ!ソンソダって凄く良くて
  • あの末脚に恋して。

    衝動的に書きました。競馬の話。 大好きなサトノレイナスの話です。擬人化はありません。
  • ソダシ札幌記念感想

    ソダシについて .札幌記念の個人についての感想 .吉田隼人騎手について .個人的次走プラン

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ソダシ

24

そだし

ソダシは、2018年生まれの競走馬。2020年JRA賞最優秀2歳牝馬・2021年最優秀3歳牝馬。主な勝鞍は2020年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2021年の桜花賞、2022年のヴィクトリアマイル。JRA初のGⅠ競走を制覇した白毛馬である。
ソダシは、2018年生まれの競走馬。2020年JRA賞最優秀2歳牝馬・2021年最優秀3歳牝馬。主な勝鞍は2020年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2021年の桜花賞、2022年のヴィクトリアマイル。JRA初のGⅠ競走を制覇した白毛馬である。

ヒーロー列伝

ヒーロー列伝

「無垢な未来へ。」

一族の悲願を叶え、白毛馬初のGⅠ勝利。レコードを刻み、無敗の桜花賞制覇。

古馬となって取り戻した女王の輝き。君の後に、道はできる。

競馬の白紙のページに、美しさと強さで、まばゆいほどの新たな歴史を綴りながら。

  • JRA『ヒーロー列伝』コレクション No.92「ソダシ」

プロフィール

プロフィール

生年月日2018年3月8日
欧字表記Sodashi
性別
毛色白毛
クロフネ
ブチコ
母の父キングカメハメハ
生産ノーザンファーム北海道安平町)
馬主金子真人ホールディングス(株)
管理調教師須貝尚介(栗東)
厩務員今浪隆利
主戦騎手吉田隼人

2018年3月8日、北海道・ノーザンファーム生まれの日本の競走馬21世代)。

サラブレッドではごく少数(0.1%以下)しか存在しない白毛牝馬である。一見全身真っ白に見えるがよく見ると目元に少しブチ模様がある。


父は2001年のNHKマイルカップジャパンカップダート覇者クロフネ、母は白毛にブチ模様の外見で人気を博したブチコ、母の父はキングカメハメハという血統で、ブチコの初仔である。またブチコの母は近年白毛の名牝系として評価を確立しつつあるシラユキヒメであり、近親にも活躍馬が少なくない。

馬名はサンスクリット語で「純粋」「輝き」という意味とされるが、実際にはサンスクリット語に「ソダシ」という言葉は存在しない(ただし、オーストラリアに同じ由来を名乗るソダシという化粧品ブランドがある)。

馬主は父や母、そして母父と同じく金子真人ホールディングス。金子オーナーは日本競馬史上屈指の個人馬主として知られる人物で、あのディープインパクトのオーナーだったと言えば分かるかもしれない。


管理調教師須貝尚介栗東トレセン所属)、調教助手は北村浩平厩務員今浪隆利

完全にあのゴールドシップのチームである。


戦歴

戦歴

2020年(2歳)

父クロフネは芝・ダートの二刀流GⅠ制覇を達成。種牡馬としても高い実績を挙げ、特に牝馬の活躍馬が多い種牡馬である。

母ブチコもゲート難で早期の引退を余儀なくされたものの、ダート戦線でオープン入りまで進んでいる。


ソダシは、祖母シラユキヒメに似た真っ白な外見に、ブチ模様で現役中は大人気を博したブチコの初仔ということもあってデビュー前から競馬ファンの興味関心を集めていた。母系の適性を考えればダート戦線を選択してデビューするのではという予想もあったが、須貝厩舎では調教で適性をみた結果、芝でのデビューを選択した。


2020年7月12日函館競馬場の2歳新馬戦で吉田隼人を背にデビュー戦勝利を挙げると、続く9月5日札幌2歳ステークス(札幌競馬場・GⅢ)でレコードタイムを叩き出し重賞初勝利。また、これが白毛馬としても史上初の国際平地芝重賞勝利であった。

※重賞勝利そのものは2008年に伯母のユキチャンが関東オークス(JpnⅡ)、JRA及び国際重賞では2019年に従兄にあたるハヤヤッコがダートのレパードステークス(GⅢ)を制していた。


10月31日に開催されたアルテミスステークス東京競馬場・GⅢ)も勝ってデビューから無敗の3連勝。


そして、1番人気に推された阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場GⅠ)は、メイケイエール(小倉2歳ステークス・ファンタジーステークス、実は祖母がソダシの母の半妹の為従姪にあたる)やリンゴアメ(函館2歳ステークス)といった重賞勝利馬を相手にする。

最後の直線で一旦はサトノレイナスに抜かれるも、勝負根性で差し返し、ハナ差でGⅠ勝利を達成。

デビューから無敗の4連勝を記録すると共に、史上初の白毛のGⅠ勝利馬となった。

四半世紀を経て現実が漫画に追いついた例となる。


鞍上の吉田隼人騎手にとってはゴールドアクターで制した2015年の有馬記念以来のG1勝利、初めて牝馬でのG1勝利である。


2020年度JRA賞最優秀2歳牝馬満票で選出された。


2021年(3歳)

クラシックシーズンとなる3歳の初戦は、前哨戦を挟まずに桜花賞へ直行した。


サトノレイナス・メイケイエール・ヨカヨカなど阪神JF出走組の他、ディープインパクトアパパネの間に生まれたアカイトリノムスメチューリップ賞でメイケイエールと同着優勝のエリザベスタワーなども顔を揃えた。


レースはメイケイエールが中盤にハナを奪うが、ソダシは冷静に先頭集団から脚を伸ばし、直線で先頭に立つと、最後方から追い込んできたサトノレイナスの追撃をクビ差で凌いで優勝。タイムは1分31秒1で新記録を叩き出した。

白毛馬で初のクラシック制覇を達成すると共に、鞍上の吉田隼人もこれが初のクラシック制覇となった。


続いては無敗のクラシック2冠を賭けてオークスに出走する。

スタートはよかったのだが、他馬に激しくマークされて囲まれるという不利なレース展開に。それでも好位につけて直線勝負を挑むも伸びず、馬群に沈んで結果8着と初めて土がついた。優勝馬は皮肉にもあの厩舎の大先輩の娘ユーバーレーベン

不利なレース展開にあって、途中までのレース内容は決して悪くはなかったが、残り200m地点を過ぎたあたりで失速し、クロフネ産駒の宿命とも言える中距離以上への適性の無さを露呈する結果となった。しかし2000m辺りまでは先頭争いに加わることが出来たことから、秋華賞への出走はなんとか目処がついた格好となった。


札幌記念から秋華賞へ

初の敗北からの出直し戦には、秋の秋華賞を見据え、同じ2000mかつ、2歳時にレコード勝ちを果たした札幌競馬場開催の8月22日札幌記念(GⅡ)を選択。

古馬相手の初レースに挑んだ。

過去の結果で不利のデータが出ていた大外8枠13番を引いたが、最軽量52kgの斤量を利して、第1コーナーまでにスムーズに2番手につける。4角で早めに先頭に立って馬場の内目を確保すると、直線でも垂れることなくそのまま逃げ切り勝ち。

ラヴズオンリーユーブラストワンピースらGⅠ古馬を相手に、クロフネ産駒が今まで破れなかった2000mの壁を突破しての重賞勝ちとなった。

また、3歳牝馬の札幌記念勝利は2014年ハープスター以来7年ぶりとなった。

迎えた10月17日の秋華賞だったが、1番人気に支持されていたものの、最後はオークス馬ユーバーレーベンとともに馬群に沈み、結果は同じ勝負服のアカイトリノムスメの10着だった。

敗因は不明だが、歯茎から出血しており、当初は歯が折れていたと思われていた。レース後にソダシの状態を確認した須貝調教師は「ゲートでぶつけたのだろうけど、それが影響したのかな」と敗因を分析。

母のブチコが酷いゲート難でレースにならずに引退したことと、桜花賞の前に今浪厩務員がアイツに似てきて大変やねん」と発言していたことを合わせて「母親であるブチコの気性難を受け継いでいるのでは」と危惧されている。

また、阪神競馬場は高低差がほとんどない札幌競馬場とは異なり、「仁川の坂」と呼ばれる高低差のある直線が存在しているため、「坂のある2000mはダメなのでは」とも分析されており、「阪神2000でキツいなら距離適性としてはスプリント・マイラーなのだろう」とも言われている。


秋華賞後

先述したように、秋華賞のレース後に馬体を確認したところ、歯が折れていると判断されたが、栗東トレセンに帰厩後の検査で歯茎からの出血だけだったと判明

今のところ、歯以外の損傷はなく、競走馬の命とも言える足も無事とのこと。

この先のプランはまずは傷ついた歯が固まるのを待ち、それから調教やレースへの出走を再開していく予定であると報じられた。

その後、傷ついてグラグラしていた下顎の前歯を抜歯したことが報道された。また、抜けた歯はどうやら乳歯のようで、「下から歯が生えてきている」と報告されている。傷口の炎症もなく、飼葉もしっかり食べているとのことで、体の調子は特に悪くはないとのこと。


11月に入って歯茎の傷も癒え、調教も再開されたところで次走予定の報が入った。


チャンピオンズカップ

次走はチャンピオンズカップ。須貝調教師曰く「血統もあり、距離も丁度いいので一度ダートを走らせて見たかった」とのことで、かつて父クロフネがジャパンカップダート時代に圧勝したレースに娘も挑むこととなった。

ダートを未勝利のままG1ダートの勝ち鞍を得た前例はなく、ジンクス破りにも期待がかかっていた。

しかし、レース前半は快調な「逃げ」でペースの主導権を握ったソダシは最後の直線で失速し馬群に飲まれてしまい、2番人気であったのに12着と大敗。優勝馬は1番人気テーオーケインズ

途中まで先頭をキープしてはいたのでダート適性がないとはまだ言い切れず、いきなりのGⅠが悪かったのではないかとも言われている。


また、安藤勝己はTwitterで「ダート適性云々やなくて馬がレースで走りたくないのかもしれない。秋華賞の負け方が悪かったのをそのまま引きずっとる感じ。調教はやれば動くで、陣営の負けたくないってプレッシャーが伝わってしまった可能性がある。」と投稿。精神面や(結果的にせよ)前回歯をケガしたまま走ることとなった秋華賞から、レースがトラウマになっている可能性を指摘している。

他にも田原成貴東京スポーツのインタビュー「秋華賞でのソダシの歯茎の出血は自傷行為」などと語るなど、メンタル面に問題があることを指摘している。


年末のJRA賞では、アカイトリノムスメに約4倍もの差を付け、最優秀3歳牝馬を受賞した。(有効296票中ソダシ234票、アカイトリノムスメ56票、ユーバーレーベン3票、該当なし3票>


2022年(4歳)

フェブラリーステークス

古馬としての初戦は再びダートのフェブラリーステークス(馬場状態は小雨の影響で重馬場)。

ソダシは直近2戦での大敗とダート混合戦での牝馬の勝ち鞍の無さからまず勝てないと判断されたか、人気は4番人気だった。


レースは中盤まで2・3番手につけ、好位置に付けるがカフェファラオの3着に敗れた。

それでも牝馬がフェブラリーSの複勝圏に入ったのは2001年のトゥザヴィクトリー以来、実に21年ぶりの出来事で、1600mという距離であればダートでもやれることを示した。


ヴィクトリアマイル2022

再び芝に帰ってきたヴィクトリアマイル。

1歳上の三冠牝馬デアリングタクトがこのレースで復帰したことで、初めての対決に注目が集まった。

デアリングタクトの他には、レイパパレアカイイトレシステンシアといった年上のGⅠホース達がいて、ソダシは出走したGⅠホースで唯一の4歳馬だった。


オッズはレイパパレが1番人気で、マイル重賞を勝ったことがある同世代のファインルージュソングラインが続き、ソダシは4番人気、デアリングタクトは5番人気に留まった。


レースは殿人気のローザノワールが果敢に逃げを打ち、ソダシは4番手に付け第4コーナーを回ると、最後の200mで加速。2着のファインルージュに2馬身差を付けて桜花賞以来のGⅠ3勝目を挙げた。なお、デアリングタクトは6着、1番人気のレイパパレは12着だった。


この勝利により、阪神JF・桜花賞・ヴィクトリアマイルの牝馬限定マイルGⅠの完全制覇を達成したが、これはブエナビスタ・アパパネに続く史上3頭目の記録である。


戦後、金子オーナーは「今後の選択肢が広がった」としつつも、「(再びの)ダートは無いと思います。海外も今の所考えていません」とコメントした。


札幌記念2022

夏~秋は状態を見ながら、前年に勝利した札幌記念からマイルCSへ向けて調整するプランが示され、前年覇者として札幌記念に挑んだ。

このレースは直前の函館記念で芝・ダート二刀流重賞制覇を記録したいとこのハヤヤッコも出走、JRA初の白毛馬複数頭同時の重賞出走となった。


レースはパンサラッサジャックドールの2頭の実力派逃げ馬が引っ張る展開。1番人気に推されたソダシは5番手付近の好位をキープし、折り合いも良く進んでいたが、最終直線で伸びずに3番手を争っていたウインマリリンに競り落とされ、外差しを狙ったアラタにもかわされる。ジャックドール・パンサラッサの逃げ勢ワンツーの中、5着に留まった(ハヤヤッコは10着)。


しかし、須貝調教師は敗戦にもさばさばとレース後取材に臨み「これではっきりした。この馬はマイルが適距離」と断言。紆余曲折あったものの、芝1600mがソダシの戦場とはっきり定まった敗戦となった。


府中牝馬ステークス

秋はマイルCSを大目標に、直行か1戦挟むかは状態をみて判断していくとされていたが、状態の良さから叩きとして10月15日のGⅡ府中牝馬ステークス(東京芝1800m)に出走。単勝1.9倍と当然の1番人気であった。

道中は先行集団4~5番手付近から、東京競馬場の長い直線で悠々と抜け出したが、ここで末脚を飛ばしてきたのが12番人気伏兵、「ソダシの背後についていけば必ず道が開けると思った」とレース後に語ったベテラン・岩田康誠が駆るイズジョーノキセキである。最後は彼女にアタマ差差し切られる形で2着に敗れた。

ただ、ベスト距離より200m長く最後やや苦しくなった分と、GⅠ馬として周囲より重い56kgの斤量、そして目いっぱいの仕上げではなかった分で、大一番のマイルCSに向けて調整の格好はついた形となった。


マイルチャンピオンシップ

迎えた11月20日マイルチャンピオンシップ。当日は昨年の2着馬シュネルマイスター(3.6倍)に次ぐ単勝4.4倍の2番人気。3歳勢からはNHKマイルカップ覇者ダノンスコーピオン富士Sで古馬を撃破したセリフォスら、古馬勢でも毎日王冠で復活勝利を挙げたサリオス・昨年の3着馬である20年ホープフルステークス覇者ダノンザキッドなど、GⅠ馬5頭を含む好メンバーが揃った。


3枠6番のソダシは十分のスタートから4番手付近を確保。直線では逃げ集団が脱落し、差し追い込み勢中心の末脚勝負となったが、勝ったのは外から強襲したセリフォス、2着は内から抜け出したダノンザキッド。ソダシは伸び切らず差し勢達の馬群に飲まれたかと思われたところ勝負根性を発揮し、ソウルラッシュをハナ差凌いでセリフォスの3着。粘って逃げ・先行勢では唯一の馬券内に残したが、初の牡馬混合戦でのGⅠ勝利はならなかった。

ただ、これまで牡牝混合GⅠで勝ち切れなかった事について「オッサンに囲まれた状態にやる気をなくしたのかも」とも言われていたが、今回は先頭集団のどの馬も先頭を譲る気が無い大混戦っぷりからSNSでは「マッスルチャンピオンシップ」などと揶揄された叩き合いにおいて、最前線で再加速をかました事からその心配が杞憂だったことが判明。

むしろぶつかられてから気合入れるあたりはゴリr…アマゾネs…とりあえず、年始のフェブラリーSに続く3着確保で、得意のマイルなら牡馬混合戦でも引けはとらない事が確実になったという意味でも価値のある一戦だった。


2023年(5歳)

ヴィクトリアマイル2023

2023年初戦は2連覇のかかるヴィクトリアマイルへ直行。

元々阪神JFから桜花賞へ直行して連勝したように、鉄砲(長期休養からのぶっつけ本番)は利く馬であるが、それより話題となっていたのは須貝尚介調教師がソダシの鞍上をデビュー以来コンビを続けてきた吉田隼人からダミアン・レーンに交代させることを早くから表明していたことだった。


この年のVMは前年覇者ソダシに加え、前年の安田記念ソングライン、さらに前年の二冠牝馬スターズオンアース秋華賞スタニングローズ・オークス3着に秋華賞2着のナミュール・スプリント戦線から距離延長で臨むナムラクレアら4歳牝馬の主力たちが揃い、ソダシの鞍上交代を危ぶむ声もあって混戦が予想されていた。

枠順抽選ではソダシは過去の戦績が悪い大外8枠16番を引いた。当日5月14日の東京競馬場は芝は良判定も小雨が降り、スターズオンアースに次ぐ2番人気で推移していたソダシはレース前に雨が強くなったことも手伝ってか(芝の稍重以下は経験がない)、直前でナミュールに抜かれて3番人気(4.6倍)で出走時間を迎えた。


ソダシはスタートから飛ばし、大外枠からコーナーインまでに好位を確保すべくレーンは内に馬を切れ込ませ、ハナを切ったロータスランド後方の2番手を確保することに成功した。

が……この部分はレース後に物議を醸すことになる。鞍上のレーンが十分なスペースを確保する前に内に切れ込ませたことでナミュールやナムラクレアら4頭の進路が狭くなったとして斜行による妨害を取られ、過怠金5万円が科せられることになる。特に2番人気に推されながら7着敗退を喫したナミュール鞍上の横山武史は「落馬しなくてよかったくらいです。あんな不利を受けては走る馬も走りません」と強く苦言を呈していた。


さてレースに戻る。ロータスランドの背後2番手でコーナーを運んだソダシは直線でやや外目に出して先頭を奪い、得意の逃げ込み体勢に入った。外からスターズオンアースが差を詰めてくるが、キレ味鋭い末脚を誇る二冠牝馬も雨の馬場と緩みないマイルのペースも手伝ってかこの日は伸び切らない。

ソダシ二連覇なったか…と思われたその時、内から突っ込んで来たのは戸崎圭太と初コンビのソングラインである。アタマ差ソダシをかわし切り、GⅠ2勝目。ソダシは不利な大外枠からも必勝パターンを築いたが惜しくも二連覇ならず、須貝調教師は「今日は相手を褒めるしかありません」今浪厩務員も「自分の競馬はできたと思うけど、まさか内から来られるとはね」と脱帽するしかなかった。


安田記念

鞍上に川田将雅を迎え、2番人気に推される。

レースは終始3番手で進めるも最終直線では伸びず、連覇を決めたソングラインの7着に敗れる。

レース後脚部不安を発症し、休養に入る。


電撃引退

10月1日、突如として引退を発表。この日は全妹のママコチャスプリンターズステークスを制し、初のGⅠ勝利に湧いたばかりだった。

須貝調教師によれば、このママコチャの勝利を受けて金子オーナーから「ちょうどいいタイミングでバトンを渡せるのではないか」と打診されたとのこと。

今後はノーザンファームで繁殖牝馬になる予定。


繁殖入り後

引退後にノーザンファームで繁殖牝馬になることが正式に決定し、近況報告にて放牧中にはソネットフレーズと仲良く過ごしていることが明かされている。https://x.com/northern_horse/status/1720339199776411849?s=20


余談

余談

外見

主な異名に「白き桜の女王」があるが、勝ち馬は桜の女王と呼ばれる桜花賞を制した白毛馬であることと、レースで温まると全身が紅潮し桜色に染まる馬体の性質から。

ほぼ全身真っ白だが、両目の周囲には黒いブチがあり、これは競走馬擬人化などでは泣きぼくろとして表現されることも。

音に敏感な気質のため、パドックではメンコを二重に被っており、金子真人ホールディングスの勝負服カラー(黒胴・青袖・黄鋸歯型)のメンコを発走直前に脱ぎ、レース用の白いメンコ姿になる。

海外での人気

ソダシのビジュアルと強さは海外のメディアからも「White Wonder」などと呼ばれ注目されており、ヴィクトリアマイルの後には競馬雑誌のみならず一般紙であるNYタイムズでまで取り上げられた

ヴィクトリアマイル勝利でBCフィリー&メアターフの優先出走権を手にしたことから、アメリカの競馬ファンからも参戦を望む声が出ているようだが、上述の通り現状海外遠征は考えていない模様である。

ンダツ

ソダシの公式ぬいぐるみは、JRA競馬場のターフィーショップにて販売、大人気商品となっている。一方、ソダシが注目度を高めた頃から、全国のゲームセンタークレーンゲームでもソダシぬいぐるみが出回るようになった。無論、JRA公式商品ではない。

…が、これらのプライズぬいぐるみは白い小型犬かというほど全身もさもさだったり、メンコがテカテカペラペラでレジ袋を被っているようだったり、概して何ともパチモノ臭の漂うもので、まとめてンダツと通称されるようになった。

またここから逆輸入して、ソダシがレースでやらかし大敗を喫した時は「今日はンダツの日だった…」のように競馬ファンに用いられることも。


人気は各界でも

ソダシの人気は競馬界のみならず野球界にも及んでおり、プロ野球球団であるヤクルトスワローズに所属している宮本丈選手が自身のバックにソダシの公式ぬいぐるみを付けているのを競馬、球団の双方のファンに目撃されていたりしている。



声優界でも人気者であり、声優のLynnはソダシのファンでもあると公言している。2022年のヴィクトリアマイルで優勝した際には多くの声優たちからお祝いの投稿や外見の美しさに感嘆している投稿が数多く見られた。


関係者とのエピソード

須貝調教師や今浪厩務員によるとじゃれつかれた際にジャンパーや時計を壊されたというやんちゃなエピソードが明かされている。


競馬博物館で行われた今浪厩務員によるトークショーでは吉田隼人騎手がソダシだけの鞍に着用する白い腹帯を所持していることも明かされたりしている。


調教の際には酒井学騎手が騎乗し、ソダシに跨がり嬉しそうな表情を浮かべているのをカメラに収められている。

https://x.com/goku_uma/status/1656211853436133377?s=20

https://x.com/tospophoto/status/1656085379039260673?s=20


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

競走馬 21世代 白毛 白馬


ステラヴェローチェヴェローチェオロ:須貝尚介厩舎の同い年の同僚コンビ。

ゴールドシップ:須貝厩舎の偉大なる先輩。ソダシもなかなか気難しい女の子だが、厩舎スタッフ一同は「ゴールドシップに比べれば」と、この馬を扱った経験を活かしているそうな。

どうしてこうなった:母ブチコからどうして初仔からGⅠ競走馬が生まれると誰もが思ったことか。

一番思っているのはブチコの鞍上も努めたこともあるかもしれない。

ユニコーンライオン:2022年札幌記念前の調教の時にソダシのことが好きすぎて鳴いて呼んでいたとなぜか当時ジャックドールの鞍上であった藤岡佑介騎手によってボートレースの番組内で暴露されている。なお、レース当日のパドックではソダシから遠く離れた位置で歩く彼を多くのファンが目撃している。2023年に無事に種牡馬入りを果たしている。

フリームファクシ:須貝厩舎の後輩で馬主は同じ金子真人氏。皐月賞の最終追いきりで併走中にソダシをガン見して走っているというまさかの映像が公開され、競馬ファンたちをざわつかせた大物。

白毛は珍しいことからあまりモテる色ではないとされているが、上記のユニコーンライオンとフリームファクシの行動や従姉妹のハイアムズビーチは牧場で牡馬達からモテていると明言されていることからやっぱり白毛はモテるのではないか?と疑問を呈するファンも多くいるが馬それぞれの好みによるものだと考えられる。

パンサラッサ:2022年札幌記念前の調教の際に鞍上の吉田豊と吉田隼人が兄弟同士という縁もあり対面を果たしている。なお、上記のユニコーンライオンとは同じ厩舎の同僚である。

アオラキ:ゴールドシップ産駒の白毛の競走馬。函館での調教の際にソダシとハヤヤッコという3頭の白毛の競走馬による夢のような組み合わせが見られた。細江純子氏によるとソダシはハヤヤッコとは親戚だと感じている一方で本馬に対しては何か違うと感じた様子であったことが明かされている。

ヒーロー列伝

ヒーロー列伝

「無垢な未来へ。」

一族の悲願を叶え、白毛馬初のGⅠ勝利。レコードを刻み、無敗の桜花賞制覇。

古馬となって取り戻した女王の輝き。君の後に、道はできる。

競馬の白紙のページに、美しさと強さで、まばゆいほどの新たな歴史を綴りながら。

  • JRA『ヒーロー列伝』コレクション No.92「ソダシ」

プロフィール

プロフィール

生年月日2018年3月8日
欧字表記Sodashi
性別
毛色白毛
クロフネ
ブチコ
母の父キングカメハメハ
生産ノーザンファーム北海道安平町)
馬主金子真人ホールディングス(株)
管理調教師須貝尚介(栗東)
厩務員今浪隆利
主戦騎手吉田隼人

2018年3月8日、北海道・ノーザンファーム生まれの日本の競走馬21世代)。

サラブレッドではごく少数(0.1%以下)しか存在しない白毛牝馬である。一見全身真っ白に見えるがよく見ると目元に少しブチ模様がある。


父は2001年のNHKマイルカップジャパンカップダート覇者クロフネ、母は白毛にブチ模様の外見で人気を博したブチコ、母の父はキングカメハメハという血統で、ブチコの初仔である。またブチコの母は近年白毛の名牝系として評価を確立しつつあるシラユキヒメであり、近親にも活躍馬が少なくない。

馬名はサンスクリット語で「純粋」「輝き」という意味とされるが、実際にはサンスクリット語に「ソダシ」という言葉は存在しない(ただし、オーストラリアに同じ由来を名乗るソダシという化粧品ブランドがある)。

馬主は父や母、そして母父と同じく金子真人ホールディングス。金子オーナーは日本競馬史上屈指の個人馬主として知られる人物で、あのディープインパクトのオーナーだったと言えば分かるかもしれない。


管理調教師須貝尚介栗東トレセン所属)、調教助手は北村浩平厩務員今浪隆利

完全にあのゴールドシップのチームである。


戦歴

戦歴

2020年(2歳)

父クロフネは芝・ダートの二刀流GⅠ制覇を達成。種牡馬としても高い実績を挙げ、特に牝馬の活躍馬が多い種牡馬である。

母ブチコもゲート難で早期の引退を余儀なくされたものの、ダート戦線でオープン入りまで進んでいる。


ソダシは、祖母シラユキヒメに似た真っ白な外見に、ブチ模様で現役中は大人気を博したブチコの初仔ということもあってデビュー前から競馬ファンの興味関心を集めていた。母系の適性を考えればダート戦線を選択してデビューするのではという予想もあったが、須貝厩舎では調教で適性をみた結果、芝でのデビューを選択した。


2020年7月12日函館競馬場の2歳新馬戦で吉田隼人を背にデビュー戦勝利を挙げると、続く9月5日札幌2歳ステークス(札幌競馬場・GⅢ)でレコードタイムを叩き出し重賞初勝利。また、これが白毛馬としても史上初の国際平地芝重賞勝利であった。

※重賞勝利そのものは2008年に伯母のユキチャンが関東オークス(JpnⅡ)、JRA及び国際重賞では2019年に従兄にあたるハヤヤッコがダートのレパードステークス(GⅢ)を制していた。


10月31日に開催されたアルテミスステークス東京競馬場・GⅢ)も勝ってデビューから無敗の3連勝。


そして、1番人気に推された阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場GⅠ)は、メイケイエール(小倉2歳ステークス・ファンタジーステークス、実は祖母がソダシの母の半妹の為従姪にあたる)やリンゴアメ(函館2歳ステークス)といった重賞勝利馬を相手にする。

最後の直線で一旦はサトノレイナスに抜かれるも、勝負根性で差し返し、ハナ差でGⅠ勝利を達成。

デビューから無敗の4連勝を記録すると共に、史上初の白毛のGⅠ勝利馬となった。

四半世紀を経て現実が漫画に追いついた例となる。


鞍上の吉田隼人騎手にとってはゴールドアクターで制した2015年の有馬記念以来のG1勝利、初めて牝馬でのG1勝利である。


2020年度JRA賞最優秀2歳牝馬満票で選出された。


2021年(3歳)

クラシックシーズンとなる3歳の初戦は、前哨戦を挟まずに桜花賞へ直行した。


サトノレイナス・メイケイエール・ヨカヨカなど阪神JF出走組の他、ディープインパクトアパパネの間に生まれたアカイトリノムスメチューリップ賞でメイケイエールと同着優勝のエリザベスタワーなども顔を揃えた。


レースはメイケイエールが中盤にハナを奪うが、ソダシは冷静に先頭集団から脚を伸ばし、直線で先頭に立つと、最後方から追い込んできたサトノレイナスの追撃をクビ差で凌いで優勝。タイムは1分31秒1で新記録を叩き出した。

白毛馬で初のクラシック制覇を達成すると共に、鞍上の吉田隼人もこれが初のクラシック制覇となった。


続いては無敗のクラシック2冠を賭けてオークスに出走する。

スタートはよかったのだが、他馬に激しくマークされて囲まれるという不利なレース展開に。それでも好位につけて直線勝負を挑むも伸びず、馬群に沈んで結果8着と初めて土がついた。優勝馬は皮肉にもあの厩舎の大先輩の娘ユーバーレーベン

不利なレース展開にあって、途中までのレース内容は決して悪くはなかったが、残り200m地点を過ぎたあたりで失速し、クロフネ産駒の宿命とも言える中距離以上への適性の無さを露呈する結果となった。しかし2000m辺りまでは先頭争いに加わることが出来たことから、秋華賞への出走はなんとか目処がついた格好となった。


札幌記念から秋華賞へ

初の敗北からの出直し戦には、秋の秋華賞を見据え、同じ2000mかつ、2歳時にレコード勝ちを果たした札幌競馬場開催の8月22日札幌記念(GⅡ)を選択。

古馬相手の初レースに挑んだ。

過去の結果で不利のデータが出ていた大外8枠13番を引いたが、最軽量52kgの斤量を利して、第1コーナーまでにスムーズに2番手につける。4角で早めに先頭に立って馬場の内目を確保すると、直線でも垂れることなくそのまま逃げ切り勝ち。

ラヴズオンリーユーブラストワンピースらGⅠ古馬を相手に、クロフネ産駒が今まで破れなかった2000mの壁を突破しての重賞勝ちとなった。

また、3歳牝馬の札幌記念勝利は2014年ハープスター以来7年ぶりとなった。

迎えた10月17日の秋華賞だったが、1番人気に支持されていたものの、最後はオークス馬ユーバーレーベンとともに馬群に沈み、結果は同じ勝負服のアカイトリノムスメの10着だった。

敗因は不明だが、歯茎から出血しており、当初は歯が折れていたと思われていた。レース後にソダシの状態を確認した須貝調教師は「ゲートでぶつけたのだろうけど、それが影響したのかな」と敗因を分析。

母のブチコが酷いゲート難でレースにならずに引退したことと、桜花賞の前に今浪厩務員がアイツに似てきて大変やねん」と発言していたことを合わせて「母親であるブチコの気性難を受け継いでいるのでは」と危惧されている。

また、阪神競馬場は高低差がほとんどない札幌競馬場とは異なり、「仁川の坂」と呼ばれる高低差のある直線が存在しているため、「坂のある2000mはダメなのでは」とも分析されており、「阪神2000でキツいなら距離適性としてはスプリント・マイラーなのだろう」とも言われている。


秋華賞後

先述したように、秋華賞のレース後に馬体を確認したところ、歯が折れていると判断されたが、栗東トレセンに帰厩後の検査で歯茎からの出血だけだったと判明

今のところ、歯以外の損傷はなく、競走馬の命とも言える足も無事とのこと。

この先のプランはまずは傷ついた歯が固まるのを待ち、それから調教やレースへの出走を再開していく予定であると報じられた。

その後、傷ついてグラグラしていた下顎の前歯を抜歯したことが報道された。また、抜けた歯はどうやら乳歯のようで、「下から歯が生えてきている」と報告されている。傷口の炎症もなく、飼葉もしっかり食べているとのことで、体の調子は特に悪くはないとのこと。


11月に入って歯茎の傷も癒え、調教も再開されたところで次走予定の報が入った。


チャンピオンズカップ

次走はチャンピオンズカップ。須貝調教師曰く「血統もあり、距離も丁度いいので一度ダートを走らせて見たかった」とのことで、かつて父クロフネがジャパンカップダート時代に圧勝したレースに娘も挑むこととなった。

ダートを未勝利のままG1ダートの勝ち鞍を得た前例はなく、ジンクス破りにも期待がかかっていた。

しかし、レース前半は快調な「逃げ」でペースの主導権を握ったソダシは最後の直線で失速し馬群に飲まれてしまい、2番人気であったのに12着と大敗。優勝馬は1番人気テーオーケインズ

途中まで先頭をキープしてはいたのでダート適性がないとはまだ言い切れず、いきなりのGⅠが悪かったのではないかとも言われている。


また、安藤勝己はTwitterで「ダート適性云々やなくて馬がレースで走りたくないのかもしれない。秋華賞の負け方が悪かったのをそのまま引きずっとる感じ。調教はやれば動くで、陣営の負けたくないってプレッシャーが伝わってしまった可能性がある。」と投稿。精神面や(結果的にせよ)前回歯をケガしたまま走ることとなった秋華賞から、レースがトラウマになっている可能性を指摘している。

他にも田原成貴東京スポーツのインタビュー「秋華賞でのソダシの歯茎の出血は自傷行為」などと語るなど、メンタル面に問題があることを指摘している。


年末のJRA賞では、アカイトリノムスメに約4倍もの差を付け、最優秀3歳牝馬を受賞した。(有効296票中ソダシ234票、アカイトリノムスメ56票、ユーバーレーベン3票、該当なし3票>


2022年(4歳)

フェブラリーステークス

古馬としての初戦は再びダートのフェブラリーステークス(馬場状態は小雨の影響で重馬場)。

ソダシは直近2戦での大敗とダート混合戦での牝馬の勝ち鞍の無さからまず勝てないと判断されたか、人気は4番人気だった。


レースは中盤まで2・3番手につけ、好位置に付けるがカフェファラオの3着に敗れた。

それでも牝馬がフェブラリーSの複勝圏に入ったのは2001年のトゥザヴィクトリー以来、実に21年ぶりの出来事で、1600mという距離であればダートでもやれることを示した。


ヴィクトリアマイル2022

再び芝に帰ってきたヴィクトリアマイル。

1歳上の三冠牝馬デアリングタクトがこのレースで復帰したことで、初めての対決に注目が集まった。

デアリングタクトの他には、レイパパレアカイイトレシステンシアといった年上のGⅠホース達がいて、ソダシは出走したGⅠホースで唯一の4歳馬だった。


オッズはレイパパレが1番人気で、マイル重賞を勝ったことがある同世代のファインルージュソングラインが続き、ソダシは4番人気、デアリングタクトは5番人気に留まった。


レースは殿人気のローザノワールが果敢に逃げを打ち、ソダシは4番手に付け第4コーナーを回ると、最後の200mで加速。2着のファインルージュに2馬身差を付けて桜花賞以来のGⅠ3勝目を挙げた。なお、デアリングタクトは6着、1番人気のレイパパレは12着だった。


この勝利により、阪神JF・桜花賞・ヴィクトリアマイルの牝馬限定マイルGⅠの完全制覇を達成したが、これはブエナビスタ・アパパネに続く史上3頭目の記録である。


戦後、金子オーナーは「今後の選択肢が広がった」としつつも、「(再びの)ダートは無いと思います。海外も今の所考えていません」とコメントした。


札幌記念2022

夏~秋は状態を見ながら、前年に勝利した札幌記念からマイルCSへ向けて調整するプランが示され、前年覇者として札幌記念に挑んだ。

このレースは直前の函館記念で芝・ダート二刀流重賞制覇を記録したいとこのハヤヤッコも出走、JRA初の白毛馬複数頭同時の重賞出走となった。


レースはパンサラッサジャックドールの2頭の実力派逃げ馬が引っ張る展開。1番人気に推されたソダシは5番手付近の好位をキープし、折り合いも良く進んでいたが、最終直線で伸びずに3番手を争っていたウインマリリンに競り落とされ、外差しを狙ったアラタにもかわされる。ジャックドール・パンサラッサの逃げ勢ワンツーの中、5着に留まった(ハヤヤッコは10着)。


しかし、須貝調教師は敗戦にもさばさばとレース後取材に臨み「これではっきりした。この馬はマイルが適距離」と断言。紆余曲折あったものの、芝1600mがソダシの戦場とはっきり定まった敗戦となった。


府中牝馬ステークス

秋はマイルCSを大目標に、直行か1戦挟むかは状態をみて判断していくとされていたが、状態の良さから叩きとして10月15日のGⅡ府中牝馬ステークス(東京芝1800m)に出走。単勝1.9倍と当然の1番人気であった。

道中は先行集団4~5番手付近から、東京競馬場の長い直線で悠々と抜け出したが、ここで末脚を飛ばしてきたのが12番人気伏兵、「ソダシの背後についていけば必ず道が開けると思った」とレース後に語ったベテラン・岩田康誠が駆るイズジョーノキセキである。最後は彼女にアタマ差差し切られる形で2着に敗れた。

ただ、ベスト距離より200m長く最後やや苦しくなった分と、GⅠ馬として周囲より重い56kgの斤量、そして目いっぱいの仕上げではなかった分で、大一番のマイルCSに向けて調整の格好はついた形となった。


マイルチャンピオンシップ

迎えた11月20日マイルチャンピオンシップ。当日は昨年の2着馬シュネルマイスター(3.6倍)に次ぐ単勝4.4倍の2番人気。3歳勢からはNHKマイルカップ覇者ダノンスコーピオン富士Sで古馬を撃破したセリフォスら、古馬勢でも毎日王冠で復活勝利を挙げたサリオス・昨年の3着馬である20年ホープフルステークス覇者ダノンザキッドなど、GⅠ馬5頭を含む好メンバーが揃った。


3枠6番のソダシは十分のスタートから4番手付近を確保。直線では逃げ集団が脱落し、差し追い込み勢中心の末脚勝負となったが、勝ったのは外から強襲したセリフォス、2着は内から抜け出したダノンザキッド。ソダシは伸び切らず差し勢達の馬群に飲まれたかと思われたところ勝負根性を発揮し、ソウルラッシュをハナ差凌いでセリフォスの3着。粘って逃げ・先行勢では唯一の馬券内に残したが、初の牡馬混合戦でのGⅠ勝利はならなかった。

ただ、これまで牡牝混合GⅠで勝ち切れなかった事について「オッサンに囲まれた状態にやる気をなくしたのかも」とも言われていたが、今回は先頭集団のどの馬も先頭を譲る気が無い大混戦っぷりからSNSでは「マッスルチャンピオンシップ」などと揶揄された叩き合いにおいて、最前線で再加速をかました事からその心配が杞憂だったことが判明。

むしろぶつかられてから気合入れるあたりはゴリr…アマゾネs…とりあえず、年始のフェブラリーSに続く3着確保で、得意のマイルなら牡馬混合戦でも引けはとらない事が確実になったという意味でも価値のある一戦だった。


2023年(5歳)

ヴィクトリアマイル2023

2023年初戦は2連覇のかかるヴィクトリアマイルへ直行。

元々阪神JFから桜花賞へ直行して連勝したように、鉄砲(長期休養からのぶっつけ本番)は利く馬であるが、それより話題となっていたのは須貝尚介調教師がソダシの鞍上をデビュー以来コンビを続けてきた吉田隼人からダミアン・レーンに交代させることを早くから表明していたことだった。


この年のVMは前年覇者ソダシに加え、前年の安田記念ソングライン、さらに前年の二冠牝馬スターズオンアース秋華賞スタニングローズ・オークス3着に秋華賞2着のナミュール・スプリント戦線から距離延長で臨むナムラクレアら4歳牝馬の主力たちが揃い、ソダシの鞍上交代を危ぶむ声もあって混戦が予想されていた。

枠順抽選ではソダシは過去の戦績が悪い大外8枠16番を引いた。当日5月14日の東京競馬場は芝は良判定も小雨が降り、スターズオンアースに次ぐ2番人気で推移していたソダシはレース前に雨が強くなったことも手伝ってか(芝の稍重以下は経験がない)、直前でナミュールに抜かれて3番人気(4.6倍)で出走時間を迎えた。


ソダシはスタートから飛ばし、大外枠からコーナーインまでに好位を確保すべくレーンは内に馬を切れ込ませ、ハナを切ったロータスランド後方の2番手を確保することに成功した。

が……この部分はレース後に物議を醸すことになる。鞍上のレーンが十分なスペースを確保する前に内に切れ込ませたことでナミュールやナムラクレアら4頭の進路が狭くなったとして斜行による妨害を取られ、過怠金5万円が科せられることになる。特に2番人気に推されながら7着敗退を喫したナミュール鞍上の横山武史は「落馬しなくてよかったくらいです。あんな不利を受けては走る馬も走りません」と強く苦言を呈していた。


さてレースに戻る。ロータスランドの背後2番手でコーナーを運んだソダシは直線でやや外目に出して先頭を奪い、得意の逃げ込み体勢に入った。外からスターズオンアースが差を詰めてくるが、キレ味鋭い末脚を誇る二冠牝馬も雨の馬場と緩みないマイルのペースも手伝ってかこの日は伸び切らない。

ソダシ二連覇なったか…と思われたその時、内から突っ込んで来たのは戸崎圭太と初コンビのソングラインである。アタマ差ソダシをかわし切り、GⅠ2勝目。ソダシは不利な大外枠からも必勝パターンを築いたが惜しくも二連覇ならず、須貝調教師は「今日は相手を褒めるしかありません」今浪厩務員も「自分の競馬はできたと思うけど、まさか内から来られるとはね」と脱帽するしかなかった。


安田記念

鞍上に川田将雅を迎え、2番人気に推される。

レースは終始3番手で進めるも最終直線では伸びず、連覇を決めたソングラインの7着に敗れる。

レース後脚部不安を発症し、休養に入る。


電撃引退

10月1日、突如として引退を発表。この日は全妹のママコチャスプリンターズステークスを制し、初のGⅠ勝利に湧いたばかりだった。

須貝調教師によれば、このママコチャの勝利を受けて金子オーナーから「ちょうどいいタイミングでバトンを渡せるのではないか」と打診されたとのこと。

今後はノーザンファームで繁殖牝馬になる予定。


繁殖入り後

引退後にノーザンファームで繁殖牝馬になることが正式に決定し、近況報告にて放牧中にはソネットフレーズと仲良く過ごしていることが明かされている。https://x.com/northern_horse/status/1720339199776411849?s=20


余談

余談

外見

主な異名に「白き桜の女王」があるが、勝ち馬は桜の女王と呼ばれる桜花賞を制した白毛馬であることと、レースで温まると全身が紅潮し桜色に染まる馬体の性質から。

ほぼ全身真っ白だが、両目の周囲には黒いブチがあり、これは競走馬擬人化などでは泣きぼくろとして表現されることも。

音に敏感な気質のため、パドックではメンコを二重に被っており、金子真人ホールディングスの勝負服カラー(黒胴・青袖・黄鋸歯型)のメンコを発走直前に脱ぎ、レース用の白いメンコ姿になる。

海外での人気

ソダシのビジュアルと強さは海外のメディアからも「White Wonder」などと呼ばれ注目されており、ヴィクトリアマイルの後には競馬雑誌のみならず一般紙であるNYタイムズでまで取り上げられた

ヴィクトリアマイル勝利でBCフィリー&メアターフの優先出走権を手にしたことから、アメリカの競馬ファンからも参戦を望む声が出ているようだが、上述の通り現状海外遠征は考えていない模様である。

ンダツ

ソダシの公式ぬいぐるみは、JRA競馬場のターフィーショップにて販売、大人気商品となっている。一方、ソダシが注目度を高めた頃から、全国のゲームセンタークレーンゲームでもソダシぬいぐるみが出回るようになった。無論、JRA公式商品ではない。

…が、これらのプライズぬいぐるみは白い小型犬かというほど全身もさもさだったり、メンコがテカテカペラペラでレジ袋を被っているようだったり、概して何ともパチモノ臭の漂うもので、まとめてンダツと通称されるようになった。

またここから逆輸入して、ソダシがレースでやらかし大敗を喫した時は「今日はンダツの日だった…」のように競馬ファンに用いられることも。


人気は各界でも

ソダシの人気は競馬界のみならず野球界にも及んでおり、プロ野球球団であるヤクルトスワローズに所属している宮本丈選手が自身のバックにソダシの公式ぬいぐるみを付けているのを競馬、球団の双方のファンに目撃されていたりしている。



声優界でも人気者であり、声優のLynnはソダシのファンでもあると公言している。2022年のヴィクトリアマイルで優勝した際には多くの声優たちからお祝いの投稿や外見の美しさに感嘆している投稿が数多く見られた。


関係者とのエピソード

須貝調教師や今浪厩務員によるとじゃれつかれた際にジャンパーや時計を壊されたというやんちゃなエピソードが明かされている。


競馬博物館で行われた今浪厩務員によるトークショーでは吉田隼人騎手がソダシだけの鞍に着用する白い腹帯を所持していることも明かされたりしている。


調教の際には酒井学騎手が騎乗し、ソダシに跨がり嬉しそうな表情を浮かべているのをカメラに収められている。

https://x.com/goku_uma/status/1656211853436133377?s=20

https://x.com/tospophoto/status/1656085379039260673?s=20


関連タグ

関連タグ

競走馬 21世代 白毛 白馬


ステラヴェローチェヴェローチェオロ:須貝尚介厩舎の同い年の同僚コンビ。

ゴールドシップ:須貝厩舎の偉大なる先輩。ソダシもなかなか気難しい女の子だが、厩舎スタッフ一同は「ゴールドシップに比べれば」と、この馬を扱った経験を活かしているそうな。

どうしてこうなった:母ブチコからどうして初仔からGⅠ競走馬が生まれると誰もが思ったことか。

一番思っているのはブチコの鞍上も努めたこともあるかもしれない。

ユニコーンライオン:2022年札幌記念前の調教の時にソダシのことが好きすぎて鳴いて呼んでいたとなぜか当時ジャックドールの鞍上であった藤岡佑介騎手によってボートレースの番組内で暴露されている。なお、レース当日のパドックではソダシから遠く離れた位置で歩く彼を多くのファンが目撃している。2023年に無事に種牡馬入りを果たしている。

フリームファクシ:須貝厩舎の後輩で馬主は同じ金子真人氏。皐月賞の最終追いきりで併走中にソダシをガン見して走っているというまさかの映像が公開され、競馬ファンたちをざわつかせた大物。

白毛は珍しいことからあまりモテる色ではないとされているが、上記のユニコーンライオンとフリームファクシの行動や従姉妹のハイアムズビーチは牧場で牡馬達からモテていると明言されていることからやっぱり白毛はモテるのではないか?と疑問を呈するファンも多くいるが馬それぞれの好みによるものだと考えられる。

パンサラッサ:2022年札幌記念前の調教の際に鞍上の吉田豊と吉田隼人が兄弟同士という縁もあり対面を果たしている。なお、上記のユニコーンライオンとは同じ厩舎の同僚である。

アオラキ:ゴールドシップ産駒の白毛の競走馬。函館での調教の際にソダシとハヤヤッコという3頭の白毛の競走馬による夢のような組み合わせが見られた。細江純子氏によるとソダシはハヤヤッコとは親戚だと感じている一方で本馬に対しては何か違うと感じた様子であったことが明かされている。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • A WHITE GLINT

    とある『白毛のウマ娘』とゴールドシップが駄弁るだけのお話。 オークス走るソダシちゃん頑張っての気持ちを込めて。内容的にあんまり応援になってないような気もしますけども…… ※※現在公式でウマ娘化されていない競走馬を独自でウマ娘化しています。本作では非公式のウマ娘がメインのお話です。ご注意&ご容赦くださいませ。 ※最後のページ(5ページ目)は、本文の補足とかお気持ちとか書いてるだけなので、興味ない方はスルーしてください。本文そのものは12,000字程度です。以下、補足事項等…  ・本文中では、オリジナルウマ娘はあくまで非公式ということで名前をモデル馬の正式名ではなく愛称めいた感じで書いています。結局タグとかには載せてしまったのであんまり意味がなかった気もしますが……  ・非公式ウマ娘の人物像等は完全に筆者の主観、イメージで書いています。ぶちゃけ妄想の塊なので、色々とアレだと思った方はそっと閉じていただければと思います  ・基本的にアプリ版『メインストーリー』ベースの世界観。第3章よりもかなり後の時間軸のパラレルワールド…というイメージ  ・主人公はチームシリウス所属。キタサトよりも下の世代、チームで最年少世代設定ゆえ公式で学年不明のゴルシのこともとりあえず『先輩』と呼んでいます(因みに、リアルでもゴルシとソダシは同じ厩舎の先輩後輩だったり)  ・主人公が21年5月現在実装のウマ娘の中で最年少世代かつ白毛で初G1制覇してる設定なので、必然的におそらく白毛であろうハッピーミークちゃんは主人公と同世代より下の世代な設定になっています  ・蛇足な気もしますが、一応『ティアラ路線(トリプルティアラ)』は現実の『牝馬三冠』に相当します(公式設定)。また、レース名の『牝馬』表記は『ウマ娘』表記に書き換わるようです(優駿牝馬→優駿ウマ娘) ◆他の競走馬ウマ娘化小説(それぞれ独立した話です)  ・Welcome to "Derby"(サトノレイナス編)→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15313650  ・I’ll be your hero.(メイケイエール編)→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17265384 【5/23追記】ソダシ、オークスは残念でしたね…でも三冠なら秋華賞もあるし若いし、まだまだこれから…ユーバーレーベンはようやく重賞がビッグタイトルほんとおめでとうございます。
    16,208文字pixiv小説作品
  • 空と綿津見と純粋と

    競馬二次創作小説。札幌記念2022。ソダシちゃんとパンサラッサくんがお喋りしています。100パーセント妄想です。
  • 24'高松宮記念前日 ソングラインとソダシ

    エールのお疲れ様会を兼ねた21世代ティアラ路線同窓会の準備をするソングラインとソダシの話。 あのっ!ソンソダって凄く良くて
  • あの末脚に恋して。

    衝動的に書きました。競馬の話。 大好きなサトノレイナスの話です。擬人化はありません。
  • ソダシ札幌記念感想

    ソダシについて .札幌記念の個人についての感想 .吉田隼人騎手について .個人的次走プラン

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    箱入り令嬢、ダーリンの溺愛レッスンにとろけちゃうっ♥異世界アンソロジー

    cover illustration:うすくち 漫画:春乃まい、奏多えい、美中、Secco、吉見キヨ 原作:赤井茄子、おおまななせ、宮田紗音、四季夏果、待鳥園子

    読む
  2. 2

    カワイイ恋は着飾らない

    直正也

    読む
  3. 3

    今日、駅で見た可愛い女の子。

    さかなこうじ

    読む

pixivision

カテゴリー