ピクシブ百科事典

荒らし記事

あらしきじ

他者により「荒らしである」と認定される行為がなされた記事。この項目ではピクシブ百科事典におけるこの状況に陥った記事を3種類に分けて説明を行う。
目次[非表示]

概要

荒らし記事とは、他人により「荒らし」行為とみなされる記事であり、pixivのタグとしては特定のユーザーが使用している模様である。

詳細

この項目では荒らし目的で作成された記事と断定された記事、または早とちりや勘違い等で作られた記事に対するレッテルとして使用される記事に関し記載を行う。
これらの記事を製作した、あるいは編集したユーザー故意及び善意により作成される。
この項目においてはピクシブ百科事典に関して記述を行うが、ほかのwikiサイトにおいてもおおむね対処法は同一である。
荒らされた記事、荒らし目的で立てた記事は、定められた場合を除き見つけ次第運営に記述者と記事自体を通報し、なるべく編集等手を出さない事をおすすめする(これは「記事を目立たせないこと」及び、「編集することにより記事自体を削除することが出来なくなる可能性がある」ためである)。

ピクシブ百科事典において該当する記事の分類の一例

  1. 荒らし目的で作られた記事
  2. 荒れている記事
  3. 記事名が間違っていた記事(故意の荒らしは少ないが不要記事と見なされやすい)

これらの記事を発生しなくするためには以下のことを肝に銘じることが肝心である。

荒らし目的で作られた記事

主にキャラクターユーザー個人及び団体に対して誹謗中傷目的で作成された記事や、ピクシブ百科事典の目的外利用の記事、立て逃げ自演記事の大量作成が当てはまる。
なおこれは代表的な記事を記述すると、記述者自身が荒らしに認定されてしまうため、あえて記述は控えておく。

防止策:運営への通報

明らかに荒らし目的で記事を編集したり作成しているとみなした(たとえば類似した内容の記事を何個も作成する、同様の編集を繰り返し、コメントメッセージなどを無視して差戻を行う)場合、速やかに運営通報するべきである。(通報は、ユーザーのプロフィールにある「報告」(プロフィール画像の右上の、●が3つ並んだ所)を利用、また内容によってはピクシブ百科事典のページ下の「お問い合わせ」もしくはpixivお問い合わせ(実際はヘルプ)から適当なヘルプを開いた先のお問い合わせを利用する)。

荒れている記事

これらの記事は編集者の執筆態度の相違により過度の編集白紙化が発生しやすい項目である。

このような記事が発生する場合はいくつか存在し、一番多い状況は編集するユーザーが善意により「これも記述しなければ」と記述を変更し、元記事を記述したユーザーが「いや、それは違うだろ」とその記述を再度修正してしまうことにより発生する場合や、悪意を持った(キャラヘイトや、ほかのユーザーに恨みがある)ユーザーが関連した記述を勝手に書き換えてしまうことにより発生することがある。

防止策:ほかの編集者との会話

実はピクシブ百科事典においては記事著作権は「記述者」に存在するため、できれば記事を修正する際は編集概要やコメントなどにきちんと編集の意図を残し、編集合戦が発生しそうになった場合、コメントメッセージにて確認や連絡を取り合うなどの配慮が必要である。
また、一方的にキャラヘイトユーザーへの誹謗中傷などの内容が記述された場合、編集者を運営通報するということも検討しなければならない。

記事そのもの(記事の名称)が不適切な記事

いわゆる誤記誤変換、思い違い等により記事を作成してしまう、あるいはピクシブ百科事典仕様等によりタグとリンクしない記事が作成されることがある。

また、外国語や、スペースを含む記事の場合、表記揺れとして記事が作成されることがある。これはピクシブ百科事典には通常インターネット百科事典にある転送の機能がないことも関係する。さらに一つのタグに複数の意味が存在する場合、曖昧さ回避として各記事にカッコつきの記事が作成されることがある。
これらの記事を故意に作成し、荒らし行為を行うユーザーが存在する場合がある。
このような記事が存在する理由としては「記事を作成した場合、いったん作成した記事は運営以外削除不可能となり、運営削除になるとnopage、あるいは履歴削除になる」というpixpedia時代(この時代にはpixivのタグからのジャンプのみで記事が作成可能である)の仕様の名残による物である。
表記揺れ/曖昧さ回避

防止策:確認を怠らない

記事名はきちんと確認する、あるいはpixivピクシブ百科事典からのジャンプ(つまり記事が無い状態)より作成するなどの配慮が必要である。
また、故意に表記ゆれを作成したり記事を分割するユーザーに関しては編集や言動を見極めて注意するか通報するかを決めたほうが良い。これは荒らしではないユーザーに対しそのレッテルを張ることにより、本当の荒らし変化する場合があるためである。

荒らし認定についての注意

荒らし記事とみなし記事内容を削除される記事も多数存在するが、中には「他のサイトを見ればいい」、「個人作品で不要」等を理由に荒らし記事ではないのにレッテル貼りされて削除される記事が存在する。
一個人の感情主観での削除行為は自治厨削除厨など、迷惑行為を行うユーザーと他者から判断される場合があるため、記事の削除をする場合は規約違反等の理由により編集者がアカウント停止などの措置が取られたり、その編集が明らかにいたずら荒らし行為である場合を除き、前述した通り他の編集者と相談することが大切。

よりよい記事の作成方法と注意事項

  1. 自分の記事が最良のものとは思わない。
  2. ほかの人の書いた記事を読み、その技術を学ぶ。
  3. 記事の大幅な変更は出来るだけ避ける。その旨を掲示板などに記述しておく。
  4. 誤字脱字に注意する。
  5. 荒らされた記事、荒らし記事はむやみに編集しない事。


関連項目

白紙化 編集合戦
不要記事 隔離記事 自演記事 転送記事 F5連打

pixivに投稿された作品 pixivで「荒らし記事」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2972

コメント