ピクシブ百科事典

フライング記事

ふらいんぐきじ

フライング記事は、まだ公式発表されていない情報を記事にしたもの。各種問題が存在する。
目次[非表示]

記事を作る前によく考えてください。
 あなたが今、新しく作ろうとしている記事は正しい情報ですか?
 ちゃんと公式発表されたものですか?
 出典元の雑誌は発売日を迎えていますか?

フライング記事とは

アニメ漫画ゲームなどにおいて、公式等が発表していない、真偽が不明情報や、フライングゲットした発売前の雑誌などの情報などをブログサイトなどに記事として公開する行為。
これらは基本的に「公開されていない情報」であるため、その時点ではにしか過ぎず、その情報が正しいかどうかは実際に発表されなければわからない。

問題点

これらの記事には複数の問題があり、大まかに分けるとネタバレの問題、もう一つは偽計業務妨害にかかわる問題である。

ネタバレ

当然、そのような情報は本編にかかわる重大なネタバレとなる場合が存在する。また、雑誌等の場合売り上げにもかかわる問題となる。
また、ネタバレが明らかになった場合、ゲームなどではそれを考慮し公式が急きょ設定を変更する、ということも存在する。

業務妨害

発売前の雑誌等の情報の場合、掲載されるはずだった雑誌の売り上げに響く問題となり、業務妨害が成立することがある。
また、秘密の漏洩に当たるため、それを行った側は職を失ったり、職場や取引先より損害賠償を請求される可能性が存在する。
フライングで入手した情報ガセネタだった場合、偽計業務妨害の問題が発生することとなる。
これは、虚偽風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪とされ、3年以下の懲役又は50万円以下 の罰金となることがある。
情報がその時点では正しかったとしても、公式がリークを受けて修正する、ということもあり、それもこの犯罪に問われる可能性が存在する。

ピクシブ百科事典においては

むろん、これはpixivアカウントを所有していれば基本的に誰でも新規作成および加筆が可能なピクシブ百科事典にも当てはまることである。
ただしピクシブ百科事典はwikipediaなどと異なり、ソースは特に必要とされない、作成に関する制約が事実上存在しないなどの条件により、これらの記事が作られる可能性が他のサイトよりも高くなっている。

規約上の問題

公式やそれに準ずる発表がされていない情報を記事にするのは、ピクシブ百科事典:利用規約第9条(9)次に掲げる内容のデータを投稿及び編集する行為。に含まれる(c)真否についての事実確認が困難な内容や虚偽の内容の情報。とみなされ、その記事に対し過剰な編集合戦を起こした場合、(14)通常の範囲を超えて本サービスのサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、又はこれらの恐れのある行為。に該当し、これらは荒らしと同様の扱いとなり、アカウント停止等の不利益な措置の対象となる。

不要記事の問題

ピクシブ百科事典では「ユーザーが作成された記事を削除できず、運営も記事自体の削除はできない」仕様らしいためフライングで作成された記事のタイトルが公式発表やその後のユーザーの呼称と異なった場合、pixivタグとしては成立せず、不要記事、すなわちまともなタグとしては使用できない記事となる問題が存在する。

転送記事の問題

前述した仕様に加え全角のカッコやスペースなど、タグ機能として使用出来ない記事が作成されてしまう問題が存在する。
これを防止するには無効記事が作成されるより先にフライング記事を作成するほかない。⇒転送記事(Pixiv記事用)

アルファベットの誤表記問題

また、ピクシブ百科事典の記事タイトルはアルファベット大文字小文字の区別がされておらず、先に作られたものが記事タイトルとなってしまう仕様の為、訂正や新しく作り直しすることはできない。
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z の記事タイトルが大文字と小文字でバラついているのはこの仕様が原因である)

加えてこうしたフライング記事はその時点で対象について明らかにされているのがせいぜい名称と大雑把な概要のみで、それの内容や仕様に関する具体的な情報が出揃っていない状態で作られることが多いためか、肝心の中身が立て逃げ同然の薄っぺらいものになりがちだったりする。

ネタバレの問題

ネタバレする記事はメイン画像に「ネタバレ注意」(カラスの天プラ氏作 ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン)を使う場合が非常に多い。

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン


ところがピクシブ百科事典では記事仕様タイトルとメイン画像が一緒に表示される記事タイトルが既にネタバレを含んでいる場合、メイン画像である「ネタバレ注意」の意味がなくむしろ逆効果となり、また、そのフライング記事が注目された場合、ピクシブ百科事典のトップにある「注目の記事」や「定番の記事」に掲載され、多くのユーザーの目に止まりやすくなり、結果不特定のユーザーが見るつもりもなかったネタバレが嫌でも目に入ってしまうことになる。

それでも作りたい人は

そのため、予見していた人によりpixivタグで使用されていた、という場合を除き、「そのような内容の記事は作成しない」ことが重要であり、どうしても作成したい場合は「きちんとしたソースを提示して記事を執筆」することを心掛けたい。

フライング記事を見つけたら

  • それとわかる場合、閲覧者の立場としては、閲覧しない。
  • 編集者の立場としてはサイトのポリシーや編集状況を考慮し運営通報し、運営に一任するか自分で対処するかどうか決める。
  • 自分で対処する場合は編集者へのアクセスや記事の修正を行う。


なお、ピクシブ百科事典の場合は以下のとおりである。

  • 上で自分で対処する場合、ネタバレ防止のため、親記事が設定されている場合は必ず外す( もしくは親記事を「フライング記事」にしてこの記事を読んでもらう)。
  • フライング記事です。公式発表されてから編集してください。」と、1度注意を呼びかけ白紙化する。
  • この編集を行ったユーザーに対し、ソースの提示やこのような記事の作成の問題を伝える

しかし、これらの措置を行ったとしても、自分が編集した内容を復帰させるユーザーは過去存在したとされ、そのために削除復帰を繰り返した結果、編集合戦になってしまうのであれば、そのフライング記事が常に「更新された記事」に載ってしまうため、これも逆効果である。
1度注意して聞き分けを持たないようであれば放置、あるいは運営への通報も視野に入れるべきであろう。

フライング記事がよく作られてしまう作品

これらを編集しているユーザーは心掛けましょう。(他にもありましたら追記お願いします)


関連タグ

フライング  情報
ネタバレ 嘘バレ ネタバレ注意
pixiv ピクシブ百科事典 pixivマナー

コメント