ピクシブ百科事典

立て逃げ

たてにげ

立て逃げとは、掲示板などにおける迷惑行為の一種。
目次[非表示]

概要

掲示板やブラウザ上での編集が可能な投稿サイトなどにおいて、自分自身で主体的な投稿を行いながら、その後、一切、自分の書き込みについて関知しない態度のこと

具体的には

  • 掲示板等でスレッドを立てておきながら、自分は二度と書き込みや管理を行わず放置する。
  • Wikiサイトなどの誰でも編集可能なサイトで、タイトルのみで内容が極めて薄いほぼ空っぽ記事を新規投稿し、その後の編集にも一切関わらない。
  • 自らが管理すべき掲示板やWiki等、第三者の投稿により成り立つサービスを設置したにもかかわらず放置する。

などの行為のことを指す。

特にそれらの行為を常習的に繰り返すことを「乱立」と呼び、場合によっては検索妨害を引き起こし、自覚の有無に関わらずコミュニティを疲弊させる荒らし行為と見なされ得るため、記事の新規作成、コミュニティの場の提供といった行為を行う場合、運営及び管理に関わる責任が発生することを把握し、絶対に忘れないようにしよう。

また悪質な場合、ウエブサイトの性質や運営方針によっては悪質迷惑行為営業妨害等の犯罪とみなされ、誹謗中傷個人情報の漏洩等と同様にサービスの管理者あるいは運営元から告訴される可能性も存在する。

結局、ウェブサービスも誰かが維持する手間や時間をかけており、サーバ容量や通信回線容量を圧迫する行為であることに変わりなく、その圧迫されたサーバや回線も誰かがコストを負担しているのである。

ピクシブ百科事典においては

ピクシブ百科事典でも時折、「テンプレートのみ」あるいは「内容がほとんどない」記事を見かけることが多い。

特に酷い場合は数行、数文字しか無い記事等を作成し放置するパターンや、放置された一覧残骸や、記述がほとんどないにもかかわらず分割された記事、記事名の編集合戦の残骸などが存在している。

なお、表記揺れを補う完全な転送記事の場合は、転送先に充実した記述が存在する場合内容が薄くても立て逃げとは見なされない模様である。

フォロー

ただし、立て逃げ自体は必ずしも悪意を持った行為ではない場合がある。
「記事を新規作成してみたけれど、自分の知識の範囲内では十分な内容を確保できなかった」という場合も考えられるからである。
ただしこれらの行為および結果は、その不完全な記事を見た人に不快感を与えることがあるため、無自覚な荒らし行為とされることもある。
無論、調べたり論述するのが面倒だからと言って「端から記事だけ立てて後は他の人の追記任せ」という態度はあまりにも無責任であり、論外である。

さらに宣伝誹謗中傷を目的としてこれらの行為を行うユーザーもいるが、これは百科事典の正常な運営を妨げる妨害行為であり、誹謗中傷や商用の宣伝自体が明らかな規約違反である

記事を投稿および編集するときは、責任を持ってしっかり利用規約マナーに沿った内容のある記事を作成することを心掛けて頂きたい。

記事を執筆したい人へのメッセージ

Wiki文法の編集方法およびその項目自体への知識が足りず編集が上手く出来ない場合や、書こうとしている事柄の情報量自体が少ないなどの事情で満足な内容の記事が作成できなかった場合、記事のコメント欄、編集時の編集概要欄などでその旨を伝え、内容が充実するよう記事内容の追記を依頼するコメントを残しておく、執筆依頼の利用などの配慮をすることが望ましい。

また、百科事典上で編集するのではなく、メモ帳などで記事を書き、十分に充実させてある程度完成にこぎつけてからコピペ、確認してから投稿するのも賢い方法である。( この方法は執筆中の記事の消去の対策にもなる)。

また「執筆時間の確保が難しい」など、どうしても執筆作業自体が自分の手に余りそうなのであれば、他者に執筆を依頼するなど、記事の新規作成自体も無理してしないようにする方がよいだろう。ピクシブ百科事典の場合、執筆依頼の項目で、記事やタグの編集依頼を出すのもひとつの方法である。

さらに、特定記事の分割一覧など新規作成に関しても「本当に一覧や分割が必要なのか」を考えて行うようにしよう。


記事の扱い

個人的な提案としては、これらの記事に関しては以下の通り。

  • 記事の作成者に事情を確認する。
    • ピクシブ百科事典に特に必要でない場合はできれば本人に白紙化させる
    • 必要な記事の場合、執筆の手伝い等を行い、記事を完成させる。
    • 誹謗中傷商用の宣伝、明らかな複数アカウント等規約違反に関してはアカウント管理するpixivに内容を添えてアカウントを通報する
  • まっとうに回答しない、ブロックされた、アカウント停止されていた場合各自で判断する。
    • pixivおよびピクシブ百科事典に必要でないと思われる記事は白紙化すべきである。
    • 必要な場合、記事を執筆する、あるいは執筆依頼を出すなど必要な措置をとる。
    • これらの記事を安易に荒らし記事不要記事の扱いはしないこと。
    • 「特定のユーザーが作成した」、「虚偽の内容、例えばタグとして利用されている記事を不要とする行為」などにより白紙化したユーザーを見かけた場合、運営通報すべきであろう。

関連項目

分割 乱立 投げっぱなし 荒らし 迷惑行為 敵前逃亡
白紙化 編集合戦
荒らし記事 不要記事 自演記事 犯罪

コメント