ピクシブ百科事典

ネットイナゴ

ねっといなご

ネットイナゴとは、ネットスラングの一つで、話題性のあるブログ、匿名掲示板、ネットニュースの記事のコメント欄にて悪意あるコメントを大量に書き込む集団のことである。
目次[非表示]

概要

ネットイナゴとは、話題性のあるブログや掲示板のある記事やSNSに対して、大勢で大量のコメントを書き込み、荒らしに近い行為を行う集団のことである。その様が大量発生したイナゴ(蝗)が農作物を食い尽くすのに似ているでこう喩えられている。

ネットイナゴの特性

ネットイナゴは、主に今注目されていたり、私怨や愉快犯的思想によってブログや掲示板にまるで餌を求めやってきた蝗のように集団で膨大な量のコメントを残すことによって、そのブログを「炎上」と呼ばれる状態に陥れる。
 ネットイナゴにより「炎上」させられたブログ等はやむなく閉鎖させられる事態になることが多い。そして該当のブログや掲示板が閉鎖されると、次の獲物を求めて大量移動する様は、まさに食料(ブログ等)を食い尽くし(炎上させ閉鎖させ)、別の餌を求めてネット上を移動する大量の蝗そのものである。

ネットイナゴは、ブログやSNSの不用意な発言を拾い、はじめは指摘や反論をするが、コメントの数が増えるにつれて度を過ぎた誹謗中傷、人格攻撃に至ることも多い。

ネットイナゴの心理

これまでにもブログなどに対して暴言を大量に投稿して炎上させるユーザーがおり、「ネット右翼」などと呼ばれていた。
しかし、ネットイナゴには右翼左翼といった特定の思想によるものではなく、むしろ単なる興味本位や愉快犯的な動機であり、集団心理によって書き込みの攻撃性が増している。

関連タグ

ネットスラング 炎上 荒らし

コメント