ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

キモーイガールズとは

センシティブな作品

こんな女の子2人組のこと。


概要編集

元ネタは「にったじゅん」著の成年コミック『奪!童貞。』に収録された漫画「PAY BACK」の1シーン。

女子生徒二人組が、体育館裏で心優しく気の弱い同学年の男子生徒「中野龍一」へ一方的に絡み、強制的にズボンを下ろさせて自慰をさせた上に、彼の持ち物が立派だったのにもかかわらず、性行為すら知らない童貞だと知って馬鹿にした時のセリフ。


セリフの内容と腹立たしいのインパクトが強く、AAになるほど有名。


pixivでは、主として

  • A「えーマジ○○!?キモーイ
  • B「○○が許されるのは△△までだよね」
  • A&B「キャハハハハハ」

のようなパターンで様々なキャラがいろんな内容・シチュエーションで「キモーイ」「キャハハハ」と侮辱する様が描かれている(絵師によってはコマ割りやセリフが若干改変されることもあるが、ほとんどが侮辱の意味で描かれていることに変わりはない)。


例のシーンのあと編集

彼女らは、上記の行為を単なる昼休みの暇つぶし位にしか考えておらず、翌日の放課後、クラスの女子全てを巻き込み大勢で同様の仕打ちを繰り返して嘲笑う下衆な目論見を企てる。


しかし、涙をこぼしながら自慰しても、ロクな謝罪やケアもせずに放置した事を(帰宅後様子が違うのを問い詰めて)知り、怒り心頭に欲した彼の姉(周辺でも有名な暴走族『腰ヶ谷狂走会』の総長)が現れ、廃工場に連れこまれボコボコに叩きのめされる。ヤられた事実を忘れるから制裁を止める様に懇願する龍一にその姉は「人の痛みを全く知らない奴は一度痛い目を観ないと一生判らない」と説き、弟の下半身を見たから全裸での自慰を強要、彼の将来を見据えての性行為の練習台に加え、姉からの逆凌辱で復讐される羽目になる(ストーリー的な意味でもエロス的な意味でもむしろこっちがメイン)。当人達はオヤジや外人とも援交していたのに姉弟の関係は全く知らなかった。

そして彼女らを待ち受ける更に悲惨な末路(姉の舎弟たちを総動員しての更なる凌辱)を示唆して終了となる。


タイトルの「PAY BACK」とは、日本語で「払い戻し」という意味だが、

英語圏のスラングでは「復讐」「報復」という意味合いになる。さしずめ日本で言う「お礼参り」みたいなものだろうか。


怖いお姉さんを決して敵に回してはいけないのだ…


余談編集

おそらく、一番知られているパロディとしては患部で止まってすぐ溶ける


「えーマジー イージーモード!? キモーイ

イージーモードが許されるのは小学生までだよねー」

「キャハハハハハ」


の部分だろうか。


後に原作漫画から数年後の彼女らがにったじゅん本人によって描かれ、実写AV化もされている。


初期作品に於ける男子の容姿は平凡な顔立ちか、耳が髪に隠れて揉み上げが長く、女子にも見える中性的外見と童貞が大半で、経験済の女性に弄ばれ、交わる事もせず未遂に終わり、更に惨めな醜態を晒すか、男として再起不能(最悪落命)にされ物語が終了される場合が多かった。弄んだ側の女子の因果応報な末路が描かれるのは極めて希であった。

相手こそ同級生であるものの性経験に乏しい相手を露骨に見下し煽る態度に加えその末路も含めてメスガキ走りと見ることもできる。


関連イラスト編集

キモーイアカギーズUntitled

センシティブな作品新人いじめ


関連タグ編集

キモーイ キモクナーイ 童貞 嘲笑 屈辱

患部で止まってすぐ溶ける


外部リンク編集

本人Twitter - 2017年9月6日


アニヲタwikiの『PAY BACK』の個別記事

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3018153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました