ピクシブ百科事典

キモクナーイ

きもくなーい

キモクナーイとは、とあるポケモンに付けられた呼び名のことである。
目次[非表示]

概要

ホウエン御三家の水担当、ラグラージのデザインに関する愛称/蔑称。

第三世代当時、某掲示板で使われだしそれが広まったものとされている。
この言葉が使われだした当時は顔文字付きで(゚∀゚)キモクナーイと表記されていたが、広まる過程で省略されて使われるようになった。

人によってカッコいいとも可愛いともキモいともとれるデザイン故に付いた渾名……なのだが、実のところラグラージのデザインそのものと言うよりも第三世代当時のドット絵のデザインが大きな原因とされる。
当時のラグラージのドットデザインは「カッ開かれた目玉」と「半開きの口」で「何かに驚愕して魂の抜けたような面構え」をした「胴体部分が異様に太くて大きいずんぐりむっくりとした風体」をしており、公式絵やアニメのバランスのとれた体型とはかなり離れている。
このため当時から「ゲームのドット絵は気持ち悪いが公式絵は普通に好き」といった声もあったらしく、ラグラージのデザインそのものに対する解釈の違いがここから始まったのではとも言われている。

なお、続く第四世代のドットデザインは第三世代ほぼそのままのキモクナーイ路線であったが、第五世代でようやく公式絵準拠の体型に変更。3Dモデルが使われるようになった第六世代以降は初見でキモいと評価する声はほぼ聞かれなくなっている。

第6世代からNNの文字数上限が6文字に増えたため、ラグラージにキモクナーイと付けることも可能になった。

メガラグラージ

そんなラグラージだが、リメイク版メガラグラージへとメガシンカすることが判明。
特に上半身がかなりゴツくなってしまったが、「むしろ丸っこくて可愛い」と評している人も多いので、色んな意味でキモクナーイ度もメガシンカした。

メガぬまうお
メガアラマキ



注意

デザイン面を貶す意味合いも包括している呼称のため、この手の渾名の例に漏れず場の空気をきちんと読んでの使用が求められる。
「呼んで当然、弄られて当然」では断じてないし、元々の起源を知らない世代からすればネタが古すぎて「好きなものをよく解らんネタで弄られて不快」以外の何物でもないのだ。
(知っていても不快な層も間違いなく一定数いるだろう)

関連イラスト

キモくなんかない
キモクナーイ(゚∀゚)



関連タグ

ラグラージ メガラグラージ
トリトドン - 同タイプ。ぽわーおぐちょぐちょぐちょ
ガマゲロゲ - 二代目(?)キモクナーイ
パリアプリア - 別のゲームのキモクナーイ

関連記事

親記事

ラグラージ らぐらーじ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キモクナーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198032

コメント