ピクシブ百科事典

女子高生コンクリート詰め殺人事件

じょしこうせいこんくりいとづめさつじんじけん

1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に、東京都足立区綾瀬で起きた猥褻誘拐・略取、監禁、強姦、暴行、殺人、死体遺棄という悲惨な事件の通称である。
目次[非表示]

概要

1988年(昭和63年)11月、東京・綾瀬で少年グループが工場でのアルバイト帰りの女子高生(当時18歳)の自転車を少年の一人が蹴り、その後言いくるめて女子高生を誘拐し少年の一人の自宅に監禁した。その後、被害者に聞くに堪えない激しい暴行や虐待を加え41日後に死に至らしめた事件である。その後、犯人の少年の主犯ら4人は逮捕され、ぞれぞれ裁判で刑が確定した。未成年による凶悪事件として現在でも語り継がれている事件である。

逮捕された犯人たちの一人は少年院でいじめられ、引きこもりになった、とニュース番組の取材で報じられている。
しかし、犯人の一人は、出所後、支援者と養子縁組をして名字を変えていたが、2004年に監禁事件を起こして逮捕。更に、もう一人も2018年に傷害事件を起こして逮捕され、犯罪者の更生の困難さを世に知らしめた。

その他

  • 事件当時、余りに残忍な犯行から週刊誌はこぞって犯人たちの実名を掲載したことがきっかけで、今後の少年法のあり方について活発な議論がなされた。
  • インターネット上でも、この実名報道に触発される形で、犯人たちの実名とその関係者をお暴きだそうとする動きが活発化したが、その過程で事件とは無関係の人物までも「犯人一味」としてやり玉に挙げられ、誹謗中傷の標的とされることもあった。お笑い芸人のスマイリーキクチも、同様のデマを流されたことから、長年ネット上で中傷・脅迫の被害を受け続け、一時は悪質な一部のユーザーが警察に摘発される事態にまで発展し、噂がデマであることが広く認識されるようになってからも、その影響で芸人としてのイメージが崩れ、長らく仕事のオファーが激減、その後も一部の中傷者による殺害予告が原因で仕事がキャンセルになるなど、事件とデマが与えた悪影響は現在まで及んでいる(スマイリーキクチネット中傷被害事件)。


本事件をモチーフとした作品

あまりの残虐さから、漫画やドラマに小説などのモチーフになることが多い。

原作・天樹征丸、作画・さとうふみやによる漫画シリーズのうちの1エピソードであるが、本作の背景になっている事件は本事件をモチーフとしている。2014年の「金田一少年の事件簿R」にてアニメ化もされている。

関連タグ

女子高生 少年 犯罪
殺人事件 猟奇殺人

外部リンク

女子高生コンクリート詰め殺人事件 - Wikipedia

関連記事

親記事

猟奇殺人 りょうきさつじん

兄弟記事

コメント