ピクシブ百科事典

阿部定事件

あべさだじけん

阿部定事件は戦前の東京で起こった猟奇殺人事件。
目次[非表示]

事件概要

1936年5月18日午前11時頃、東京市荒川区尾久(現東京都荒川区尾久)の待合(主に芸者との遊びや飲食に使う店。現在のラブホテルの側面もあった)の一室から男性の他殺体が見つかった。被害者は料理屋店主の石田吉蔵。彼は布団の上で全裸で横たわり、着物の腰紐で首を絞められた上、ペニスを切り取られていた。さらに、太ももと布団にはそれぞれ血文字で「定吉二人」「定吉二人きり」と書かれていた。その後の警察の捜査でその日の朝、石田の連れの女が「(石田は)具合が悪くて寝ているので、午後になるまで起こさないでほしい」と言い残し待合を出たことが分かり、警察は彼女を行方を捜した。その女こそ阿部定だった。

阿部定パニックそして逮捕

事件が新聞で大々的に報じられると国民の関心は高まり、各地で「阿部定パニック」なる熱狂が起きた。銀座や大阪などの繁華街では阿部定に似た女がいると通報騒ぎがあったが、勘違いが多く、人々が血眼になって彼女を探す様子を新聞各社は面白く書き立てた。そして事件発生から2日後の5月20日、捜査員が品川駅前の旅館に宿泊していた阿部を発見、逮捕した。逮捕時彼女は石田のペニスと睾丸を紙に包んで持っていて、「阿部定を探してるんでしょ?あたしがお探しの阿部定ですよ」とさらっと言いのけた。逮捕後の供述で動機について、「私は石田を愛していたから彼の全てが欲しかった。彼を殺せば他の女が手を出さないと思い殺した」と話し、ペニスを切り取った理由については「彼の体や頭を持っていたかった。彼の傍にいつまでもいたくて持っていきたかった」と述べた。

容疑者・阿部定

定は1905年、東京市神田区(現東京都千代田区)の裕福な畳屋の7人兄妹の末っ子として生まれた。進学前から母親の勧めで三味線などを習っていて、両親は定に学業より芸事を率先して習わせていたため尋常小学校から注意されていた。近所では「相模屋のおさぁちゃん」と呼ばれ美人で評判だった。10歳の頃にはセックスの意味を分かっていたという。
そんな彼女に、人生を大きく変える出来事が起きた。15歳の時一緒に遊んでいた大学生にレイプされ、その後母親と一緒に大学生のもとを訪ねるが本人に会えず、泣き寝入りをするしかなかった。この出来事を機に定は「自分はもう処女じゃなくなった。この事を隠して嫁ぐのは嫌だし、相手に打ち明けて嫁ぐのも嫌だ」と自暴自棄になり不良少女になってしまう。またこの頃、阿部家では家庭内トラブルで揉めており、揉め事を見せたくない母は定に小遣いを渡して外に出させるようになり、定は不良仲間とつるむようになり浅草界隈で遊びまわるようになり、男と肉体関係を持つようになった。16歳の時、定の体たらくを見た父親は遊び癖を直そうと彼女を女中奉公に出すが、奉公先の娘の着物や指輪を盗んで警察に捕まり、クビにされてしまう。その後も男との関係は続き、それを見かねた父親らから「そんなに男と遊びたいなら芸妓になってしまえ」と言われ、17歳の時に女衒(ぜげん:人身売買仲介業)に売られて横浜の芸妓屋で芸者として働き始めた。その後、娼婦になり各地の遊郭を転々とし、名古屋の遊郭で働いていた時に知り合った名古屋市議会議員の男に、ある男を紹介された。彼こそが今回の被害者、石田吉蔵である。

裁判・その後

その後定は殺人罪で裁判にかけられ、懲役6年が言い渡されたが1940年に皇紀2600年を記念して恩赦された。釈放後は名前を変え料亭で働いたり、自ら店を営んでいたが、1971年に千葉県市原市のホテルで働いていたのを最後に消息を絶ち、生死不明である。

余談

事件発生後、新聞各社は性器切断の表現をどうするか悩んだ。「ちんこ」や「おちんちん」は品がない、かといって「男性器」や「生殖器」は生々しすぎる。でも、この事件のメインテーマでもあった。そこで苦肉の策として出たのが「局部」「下腹部」と表現して報じることだった。以来、性器を表す言葉として現在定着するようになった。

また、俳優の阿部サダヲは、芸名をこの事件の主犯の阿部定から取っている。

関連項目

ヤンデレ 猟奇
性器破壊/去勢

関連記事

親記事

猟奇殺人 りょうきさつじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阿部定事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69185

コメント