ピクシブ百科事典

柊一颯

ひいらぎいぶき

2019年1月〜3月にかけて放送された日本テレビのTVドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』の主人公。
目次[非表示]

今から皆さんには、人質になってもらいます

概要

演:菅田将暉

魁皇高校3年A組の担任教師。担当科目は美術。27歳。

生徒たちからは「ブッキー」という愛称で親しまれ、日頃は大人しい態度を貫いていたことから、お世辞にも生徒たちからは「雑魚キャラ」呼ばわりされ半ばバカにされていた。

しかし3年A組の生徒たち29人の卒業が10日前に迫った3月1日、突如彼らを人質にとって立てこもり事件を起こし、劇中のSNSであるマインドボイスを通して事件の様子を中継し、世間を騒然とさせる。

目的は半年前にドーピング疑惑をかけられ自殺に追い込まれた3年A組の生徒の一人である景山澪奈が、如何にして自殺に追い込まれたかを生徒たち、そして世間に「授業」と称して考えさせる為であり、それによって当初は疑心暗鬼になっていた生徒たちはその「授業」を通じて次第に彼の真意を悟っていき、己の過ちや弱さと向かい合い成長していく。

美術大学在籍時にアルバイトとして特撮番組の美術スタッフに参加していた際、有力なアクション俳優である「ファイター田中」にスカウトされたことで、「IVKI」という芸名でアクション俳優として活動するようになる。

しかしそんな折膵臓癌を患ったことでアクション俳優の道を断念し、恋人の相楽文香と同じ教師を志し、彼女と同じ咲宮高校に赴任。しかし文香が魁皇高校の教師である武智大和の悪行を知ったことで、彼から裏工作によって生徒とラブホテルに入る様子を映されたフェイク動画がSNSで拡散されたことで精神を病み休職するようになったのを堺に、その真相究明の為に2年前に武智が勤める魁皇高校へ転任する。

そして澪奈が自殺したその日に余命宣告を受け、本来自分の方が彼女より先に死ぬはずだったにも拘らず澪奈を結果として救えなかったことを悔い、立てこもり計画を思いつく。

人物像

上記の通り学生時代はアクション俳優を志していた経験から身体能力は高く、男子生徒複数から襲い掛かられても余裕であしらえる程の実力を持つ。また生徒たちが脱走したり外部と連絡をとったりしないように3-Aの教室の周辺に盗聴器や防犯カメラを仕込むなど、用意周到さも見せる。

立てこもり事件当初は生徒を殺すと脅迫したり、それによって世間が動揺している様子を見て楽しんでいる素振りを見せるなど愉快犯染みた態度をとるが、実際は生徒一人一人と真摯に向き合い、それぞれの問題に対してアドバイスしたり忠告するなど、教師の鑑と言える心構を持つ。



関連イラスト

无题
柊一颯


𝟑年𝐀組
无题



関連タグ

3年A組 教師 菅田将暉











以下、ネタバレ注意









彼の立てこもり事件を通して、3-Aの一部の生徒が澪奈のフェイク動画の作成・投稿に関わっていたことや、フェイク動画を作成した張本が半グレ集団「ベルムズ」であること、そしてベルムズにフェイク動画の作成を依頼したのが武智であるなど、澪奈の自殺に関する真相が日に日に明らかとなり、作中のSNS上ではこの立てこもり事件がエンターテインメントショーを鑑賞しているかの如く大盛り上がりとなる。

しかし事件発生9日目の3月9日、柊自身の計略によって武智を追い詰めた動画が柊と武智の顔をすり替えたものだったことが判明し澪奈殺害の疑いが彼に向けられ、その日の夜、新たに人質に取った刑事の郡司真人と共に校舎の屋上に現れ、明日の午前8時に事の全ての真相を話すと宣言する。

そして翌日の立てこもり10日目である3月10日午前8時、校舎の屋上でマインドボイスのLIVE中継機能を使い、澪奈の死の真相を語ろうとする。

まず最初に彼が挙げたのは武智を追い詰めた動画であったが、それは澪奈の自殺とは何の関係もないフェイク動画だったことを伝える。そして柊は中継を閲覧しているユーザーたちに向けてこう言い放った。

「お前たちは…この10日間で…どれだけ自分の意見を変えた…?信憑性のない情報を頼りに…どれだけ心無い言葉を…ネットで浴びせた…?俺はそんなお前らの…愚かな行動を炙り出す為に!!この事件を引き起こしたんだよ!!!」

彼の立てこもり事件の真の標的は不特定多数のマインドボイスの全ユーザーたちであり、これまでの行動は彼らを翻弄してその醜態や愚かさを世に知らしめる為だったのである。

澪奈はフェイク動画がSNSで出回った際に、自分に浴びせられる心無い誹謗中傷の声が幻聴となって聞こえてくるほど追い詰められており、自殺当日にそのことを柊に吐露していた。

確かに澪奈のフェイク動画の依頼・作成・投稿に関わったのは武智やベルムズ、そして宇佐美、里見、甲斐らであるが、それを一切掘り下げようともせず真に受けフェイク動画を拡散し、まるで正義を主張するかのように澪奈を誹謗中傷したのは他でもなく心無い不特定多数のマインドボイスのユーザーたちである

澪奈を死に追いやった真の元凶は、思考力と慎重性に乏しい不特定多数の心無いSNSユーザーたちであることが、彼女の自殺の真相だったのである。

柊は上記ように心無い言葉が他人を傷つけること、そして不確かな情報に振り回される自分たちの愚かさを思い知って欲しいことを閲覧者たちに必死で訴えかけたのち、「この瞬間を持って、俺の『授業』は完結する」と言ってLIVE中継を終了する。

そして彼はそのまま身を投げようとするも、郡司と協力し合い瓦礫を徹去して屋上へと駆けつけた3-Aの生徒たちによって間一髪のところで阻止される。その自殺行為と言える行動は、実は現場に居ながら澪奈を救えず自責の念に駆られていたさくらのために行なったものであり、彼によって自分を責めなくてもいいと諭された彼女は涙した。

その後柊は郡司によって器物損壊その他諸々の容疑で現行犯逮捕され、警察に連行される際に3-Aの生徒たちに向けて「卒業おめでとう」と祝いの言葉を言い放った。

こうして3年A組の生徒らの、怒涛の10日間は幕を下ろしたのである。

そして彼は立てこもり事件の1年後の3月9日に、闘病生活の果てにこの世を去った。

関連記事

親記事

3年A組 さんねんえーぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柊一颯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29511

コメント