ピクシブ百科事典

景山澪奈

かげやまれいな

日本テレビで1月~3月にかけて放送されたTVドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』の登場人物。

概要

演:上白石萌歌

魁皇高校3年A組の女子生徒。作中の半年前に自殺している。

水泳部期待のエースであり、オリンピックにも出場が期待されているほどの実力を持つ選手だったが、ある時SNSで自身がドーピングしていると思われる動画が拡散され、それをネタに周囲からいじめ誹謗中傷を受け、最終的には自殺してしまった。

しかしそれは何者かが自身のサプリメントの瓶のラベルをドーピングのものに加工したフェイク動画であり、以前から彼女と親しかった柊はこの出来事を機に、彼女の悲惨な死を通して自身が担任を務める3-Aの生徒たちを人質にとり、3-Aのメンバー及び世間に「授業」と称した立てこもり事件を起こす。

彼女自身は真っ当に夢に向かって前進していたが、その姿が皮肉にも挫折したり真っ当に生きることが出来ないものの嫉妬心を買っており、それが事件の要因の一つとなった。

3-Aの学級委員長である茅野さくらとはあることを堺に一時友人関係であったが、フェイク動画が出回った際に一方的に絶交宣言をし、それから彼女とは一切関わりを持っていない。しかしそれを伝える手紙には、文字の一部が涙で滲んでいたことから、さくらは彼女が不本意で書いたと推測していた。

そして彼女の死の真相が徐々に明らかになるにつれ、3-Aの生徒たちは次第に自らの過ちと弱さに向き合うようになり、結果として彼女を死に追いやってしまったことを本心から反省し、成長を遂げていく。

関連タグ

3年A組 柊一颯 茅野さくら
水泳
悲劇のヒロイン









以下、ネタバレ注意










立てこもり10日目の3月10日午前8時、柊はマインドボイスのLIVE中継機能を使い澪奈の死の真相を語り始めた。

マインドボイスのユーザーたちは、昨日にSNS上で柊と澪奈と見られる女子生徒が彼女の自殺現場であるビルに一緒に入っていく様子が映された動画が投稿されたことから彼が澪奈を殺害した犯人と思い込んでおり、中継が始まった途端彼に誹謗中傷の声を浴びせる。

しかしそれは柊が作成したフェイク動画であり、彼はそれを公表した直後、この立て篭もり事件の最大の標的が不特定多数のマインドボイスの全ユーザーたちであることを明言する

彼女を最も悩ませたもの、それはフェイク動画そのものではなくそれがSNS上で拡散されたことによって日々多数寄せられる自身に対する心無い誹謗中傷の声だったのである

言うまでもなく澪奈はドーピングに一切手を出していないが、フェイク動画がSNS上で出回った途端大勢のマインドボイスのユーザーたちがそれを鵜呑みにした結果、彼女は彼らから言われのない心無い誹謗中傷を日々浴びせられることになる。

そしていつしか澪奈はその誹謗中傷が幻聴となって聞こえてくるほど精神的に追い詰められてしまい、自殺直前にはそのことを柊やさくらに打ち明けていた。

即ち、澪奈を自殺に追い込んだ最大の元凶は、SNSの心無い不特定多数の悪質なユーザーたちだったのである

また実は彼女は死のその時までさくらと一緒に行動しており、自殺現場となったビルの屋上で彼女から自分は味方だから生きてほしいと説得されていたが、上記の通り既に澪奈はさくらのその懇願の声が伝わらないほど精神的に追い詰められており、彼女の懸命な訴えも虚しくさくらの目の前で投身自殺を図ってしまった。

これによってさくらは、現場にいながら結局彼女を救うことが出来なかったという事実がトラウマとなり、「自分が澪奈を殺したも同然」と思い込むほど自責に駆られることになる。

関連記事

親記事

3年A組 さんねんえーぐみ

兄弟記事

コメント