ピクシブ百科事典

怨み屋さん

うらみやさん

怨み屋さんとは、『怨み屋本舗』シリーズの登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

怨み屋本舗』シリーズにおいては、第2シリーズを除いて主人公を務める。
本名は宝条栞だが、決して本人の前では言ってはいけない(劇中では事あるごとに第2部の主人公である巣来間風介が言ってしまっている)。

人物像

性格は常に冷徹で、依頼者からの復讐依頼があれば、その対象者を社会的または実質的に抹殺する。
その際には『悪』をもって実行するが、これは『怨み屋本舗』の教義である『正義ではなく必要悪であれ』に従ってである。

ただし、何の落ち度もなく、理不尽な目にあったような人物でなければ依頼人には必ずしも優しいわけではなく、依頼に関係ないトラブルが起きても無視し、短絡的思考の依頼人はカモにし、嫌悪感を抱いた依頼人には悪態をつくこともある。

元はカルト宗教団体『聖福教』が関わったトラブルに対する告訴を担当していた良識ある弁護士の娘だったが、それ故に高校時代、『聖福教』の信者で後に総務部長を務める桐野美鈴の策略で散々陥れられ、挙句の果てには『聖福教』の狂信者の手で目の前で両親を焼き殺される。弟のシュウと共に何とか生き延びた栞は、それをきっかけに正義を信じられなくなった。

その後は先代の怨み屋さんにスカウトされ、怨み屋の構成員として育てられる。
ところがある日、同期であり一時は恋人だった鎧塚凱夢が歪んだ正義感に支配されるが如く、怨み屋の教義を破り、裏切る。
何とか彼を追放したものの、その代償は先代の怨み屋さんを失うという大きなものだった。
それをきっかけに、先代の怨み屋さんの遺志を継ぎ、怨み屋本舗を引継ぐ事になった。

劇中での活躍

第1部(無印)

いつものように様々な復讐の依頼を受けて次々と対象者を始末していたある日、『とある民事トラブル』に巻き込まれた被害者の依頼を受けた時に、対象者が自身の怨敵である『聖福教』の信者である事を知る。
その信者を社会的に抹殺した後も、別の信者が関わった民事トラブル等に対する様々な復讐の依頼でその対象者を始末していく中、いじめ事件に関する依頼を受けていじめグループを社会的に抹殺した際に、自身の高校時代の恩師と再会を果たし、彼の依頼で学校内の闇を暴いた。
そして終盤、自身の母が聖福教に対する狂信者になった事を見かねた恩師からの依頼で、本格的に『聖福教』の壊滅に乗り出す。そして総務部長の桐野美鈴を追い詰め、巧みな手段で見事に彼女の抹殺に成功。『聖福教』も壊滅に追いやった。

第2部(巣来間風介)

第1部の中盤で怨み屋本舗に加わった杉河里奈を、彼女の進学の関係で巣来間風介達の所属する横浜支店に転属させる一方で、
自身は謎の組織・サーベルエースの関わった事件に巻き込まれた被害者から、その中心人物である『絆創膏の女』の社会的抹殺の依頼を受けて、彼女にまつわる手掛かりを単独で探っていた(そのことは情報屋こと獅堂詠示にあえて教えなかったらしく、彼から自分が絆創膏の女ではないかと一時的に疑われてた事も)。
そして終盤において、『絆創膏の女』の手駒となった正田善人によって、表向きでの同僚であり大切な人だった河原綾乃を殺され、自身も一度濡れ衣を着せられた事で怒りに震える巣来間に自身の本来の目的を告げる。
それを知った巣来間は正田を抹殺した後で、『絆創膏の女』の正体が女刑事・美崎優であることを暴き、最終的に彼女を警察に突き出す事で社会的抹殺を果たすことができた。
それを機に杉川と共に本部に戻ったが、この時は美崎の背後にあの鎧塚凱夢が暗躍している事を知る由もなかった…。

関連タグ

怨み屋本舗 必要悪
木下あゆ美・・・ドラマ版の演者。

pixivに投稿された作品 pixivで「怨み屋さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447

コメント