ピクシブ百科事典

まとめサイト

まとめさいと

ニュースや話題、電子掲示板のスレッド、画像や動画など、様々なネタや情報を読みやすく編集してまとめられたウェブサイトのこと。
目次[非表示]

ニュース、例えば芸能時事等の各種話題電子掲示板SNSの書き込み、画像および動画、あるいは各種データ等、様々なネタや情報をまとめ、内容の整理装飾等を施し、公開されるウェブサイトのこと。

内容による分類

 まとめる内容は管理人の興味などにより異なる。狭い範囲では掲示板の特定のスレッドのみをまとめたり、AAややり取りの一部のみを切り出したもの、特定の範囲のみをまとめたものも存在する。
 基本的に総合的な話題をまとめる管理人は少なく、たいていは特定の分野、例えば芸能ニュースのみであったり、政治に関する話題のみなど、割と狭い範囲でまとめ行為を行うと思われる。

形式による分類

 これらのサイトの形式としては下記の4タイプに分けられる。

個人サイト型

 個人向けホームページスペースで情報をまとめるもの。
 基本的にまとめはサイト管理者が行う( 掲示板等により情報を提供できる場合も存在する )。
 ただし一部レンタルスペースではこれらの行為を禁止しているところも存在する。

キュレーション型

 業者が各種情報をまとめるためのツールを提供されるサービス上で、利用者が情報等をまとめるもの。
 この種のサイトではいろいろなものをまとめられるNAVERまとめtwitterツイートをまとめるTogetterなどが代表的。
 ただしまとめ主の主観が含まれ、故意虚偽や誇大な情報がまとめられる場合が存在する。

まとめブログ

 ブログ形式のサイトで、管理人が情報等をそのまま、あるいは加工して転載したもの。
 過去において2ちゃんねるログをまとめたものが特に多かった。
 まとめブログの記事にもあるが、アフィリエイト目的や「自分の主張の補強」目的作成されたでこの手のサイトの一部に関しては利用は推奨されない。

まとめWiki

 Wikiシステムを用いて情報のまとめを行うサイトである。この形式の場合一般的には不特定多数から情報を集めるタイプのものが多い。
 ウェブブラウザから直接編集可能なため更新が容易な反面、匿名でも編集できることが多く、サイトは荒らしの被害に遭いやすい、あるいは情報が偏向するのが欠点。
 但し、基本的にWikiサイトはバックアップ機能が備わっているため、荒らされても情報が失われることは低く、また特定のユーザーの編集を禁止したりすることも可能であるが、管理人のやる気次第となっている。

まとめ作成者の種類

 まとめを作るユーザーの種類に関しては以下のとおりである。

サービスの管理者

 電子掲示板サービスの管理者がサービス上にアップロードされた情報をサイト等にまとめる行為。お絵かき掲示板などで見られた。現代においてはアップローダー兼任でゲーム類のデータを集めるサイトなどが知られている。

サービスの利用者

 サービスの利用者がログの有効利用や他者に活動を見てもらいたいため、活動の内容をまとめて他者等に提示するパターン。過去の2ちゃんねるなどでは過去ログが閲覧困難であったため、よく行われた。
 pixivにおいてもログまとめという形式が存在しており、ついぴくまとめというタグも存在していた。
 ただし、一部には「自分の主張を通す」ためまとめ行為を行うユーザーも存在する。

第三者

 サービスには直接かかわっていないものの、内容に興味のある人物、あるいは内容に興味はないがアフィリエイト等に有利なために情報をまとめるユーザーも存在する。
 これらの目的は様々ではあるが、往々にして問題を起こすのはこの種のユーザーである。

問題点

 この種のサイトにおいてもそれらの記事にはまとめ主の主観が入ること、一部のサイトにおいては元記事の歪曲や誤った解釈自作自演、各種印象操作、複数の意見を片方の意見をまとめないなど正確でない情報や明らかなデマを流すなど悪質なものが報告されている他、他者の著作権を侵害している可能性( これは「権利者に対し許諾を受けずまとめる行為」や「権利者が示した規約に違反しまとめを行う行為」が該当する )も存在する。
 おおむね外部の評判を見ればそのサイトの状況はわかると思うため、利用する前に調査しておくことをお勧めする。

関連項目

まとめ Webサイト ブログ wiki アップローダー
まとめブログ ログまとめ
製作者們的酒館 制服兵器兵站局 togetter

pixivに投稿された作品 pixivで「まとめサイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25820

コメント