ピクシブ百科事典

解説

個人で制作運営するウェブサイトインターネット上の情報発信手段として、1990年代後半から2000年代前半に流行した。

個人サイトの主は主に管理人と呼ばれる。手打ちもしくはホームページ・ビルダーなどのWebオーサリングツールを使ってHTML文書を作り、それと画像データなどをまとめてFFFTPなどでWebサーバーにアップする形が多かった。

サーバーは個人でWebサーバーを立てることも可能であるが、通常はレンタルサーバーを使う。フリーのサーバーの場合は通常、アップロードと同時に上下に広告が付けられ、それがレンタル料代わりとなる。しばしばCGIを使った掲示板が設けられ、管理人とゲストの交流の場としても機能していた。

個人の日記などがメインのサイトは「テキストサイト」、イラストがメインのサイトは「イラストサイト」と呼ばれ、Webアニメーションや写真、ゲームなどを発表する個人サイトも多かった。

2004年頃からブログやSNSが急速に浸透し、情報発信をブログやSNSに移す管理人も相次いだ。2006年にはニコニコ動画の出現により、Flashアニメーションも動画サイトに移行していく(Flash黄金時代の終焉)。当時のサイトは今でも更新が続けられているものがあるが、無料サーバーの代表格であったYahoo!ジオシティーズは2019年に終了してしまい、この際多くの個人サイトが消滅した。

HTML5の時代になり、スマートフォンなどに対応したレスポンシブWebデザインが求められる現在、Webサイト制作は素人には敷居の高いものになっており、近年の個人サイトはSNSの個人アカウントへのリンク集になっている場合も多い。

関連タグ

自サイト 個人 サイト ウェブサイト ホームページ
ホームページ・ビルダー html フレーム
掲示板 お絵描き掲示板 ゲストブック CGI 解析 拍手
アクセスカウンター キリ番 アクセス解析 広告
チャットルーム お絵描きチャット インターネット老人会
壁紙 素材 スタイルシート JavaScript
リンク 相互リンク バナー サーチエンジン
日記 自己紹介 隠しページ 100の質問 懐古 黒歴史

関連記事

親記事

webサイト うぇぶさいと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「個人サイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462

コメント