2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

解釈違い

かいしゃくちがい

解釈違いとは、異なる人間同士の見解や理解度、理想像が相違すること。また、それによって起こる諍いも指す。
目次[非表示]

概要

まず解釈という意味を辞書から引用すると、「文章や物事の意味を、受け手の側から理解すること。また、その理解したところを説明すること。その内容」とある。

つまり解釈違いとは、「一つの話を見聞きした際に、自分が理解した内容と第三者が理解した内容が違う」という事になる。

物語を楽しむうえでは、同じ内容を多角的に理解することができるという長所と、理解した内容が真逆である為に人間関係が対立するという短所を持つ。

と言っても娯楽の上だけで済めば問題ない話なのだが、ここに政治・経済・宗教・犯罪と言った内容が絡むと、特に短所の面が色濃く出てしまい、非常に大きな問題になる。

21世紀の日本において

主に何らかの作品のファン同士でキャラクターや作品の位置づけについて行われることが殆ど。
具体的には、「このキャラクターの在り方や行いは、妥当なものか良くないものか?」という是非の判定や、「このキャラクターはこんな事をして、こんな事を言う奴なのか?」というキャラ付けの一貫性についての議論などで起こる。
また、明言されていない今後の展望や裏設定、正確な区分といった、非公式の予想考察なども含まれる。

これは何もファン同士の対話の中だけで行われるわけではなく、原作では扱いが悪いが、アニメ版では扱いが良い、もしくはその逆など、ファンと公式の間で解釈違いが生じる時も当然ある(特にクロスオーバー作品)。

近年では「のめり込める娯楽」が減ったが故に、"自分の好み"を汚される解釈違いに対して攻撃的になるユーザーが増えてきており、ファン同士や二次創作は元より、公式にも噛みつくアンチと化してしまうケースも散見される。

代表的キャラクター

主人公。解釈違いの起きやすいキャラクター。
作者の二人はデスノートさえなければ優秀で善良な人間としつつも、作中においては完全に悪役、ボスキャラとして描いており、「新世界の神になる」に代表される作中での言動や行動は完全なる悪。

一方で、彼の行動の目的は「犯罪者や、人を傷つける人間のいない世界を作り出すこと」であり、行動自体は間違ってはいても、目的や考え方としては多くの人間が共感しうるものである。
そのためか、原作、アニメ版、実写映画版、ドラマ版と、全てにおいて違う結末が存在しており、いまだにファンにおいても彼の行いが正義か悪かで意見は分かれる。

ラスボス。原作者とアニメ版の監督で明確に解釈違いが起きているキャラクター。
原作者としては、分かり合うことのできない絶対悪と言う絶対に消し去るべき敵と言う扱いだが、FA版の監督はどこか人間的な感情を持った哀しい悪役と言う、どこか共感できる存在として描かれている。

特に顕著な差として表れたのが、ヴァン・ホーエンハイムのお父様に対する態度。原作版では終始敵対しており、その最後にも特に何も触れられずに描かれているが、FA版では自身の血を分けた存在として、最期にはどこか悲しげな様子を見せた。

言わずと知れた国民的ヒーローであるが、その定義付けは作品ごとに異なる。
例えば昭和ライダーは「人間の自由のために悪の組織と戦う戦士」を指したが、平成時代に入ると価値観の多様化に伴い、明確に『悪の仮面ライダー』が登場し始め、ライダー同士の戦いも珍しくなくなり、ヒーローもの=勧善懲悪の価値観が根付いた旧来のファンを突き放し始めた。

更に時代が進むと「正式な仮面ライダーか否か」公式側でも定義が難しい存在も現れ始め、ファン間でも度々論争の的になってしまう事もある。
このように1シリーズごとに「仮面ライダー」の定義は存在するが、シリーズ全体を通して見た時に一貫した明確な定義がない事が解釈違いの要因となっているようだ。

要因

一つの作品でも長期に及べば、スタッフによってキャラクターの性質が大きく変わってしまう事も原因として挙げられる。
例の一つとしてメインライターが書く回ではキャラクターが一貫しているが、サブライターの回では設定の矛盾やキャラ崩壊などが見られるなど。これは設定の参照に齟齬が生じたか、ライターの作風の違いが要因だと考えられ、時にはライター自ら原作やキャラクターを批判する事態も起こりうる。

かといって、メインライター(および原作者)が一貫して物語を書けば、設定も一貫するかと聞かれるとそうでもない。長期化するとそれに合わせて設定を変える必要が出てきたり、作者の趣味や気分、価値観の変遷などで内容が移り変わる事も大いにあり得る。

このように公式スタッフの発言と実際の作品内容が食い違う事もある以上、「いくら公式スタッフのいう事でも真に受けすぎないで話半分で聞く事も必要」「その設定はその作品の設定だと割り切る事も必要」だという事を戒める格言(?)もある。
かといって一方的に公式側を嘘つきと決め付ければ、それこそにっちもさっちも行かなくなる為、程々の寛容さが必要である。

歴史上に起きた解釈違い

現代日本においては、アニメ漫画ゲームライトノベルと言った娯楽作品をファン同士で話し合うときに起こるくらいで、いろいろ言っても結局のところは「まあ、作品が面白ければそれでいい」で終わるところがある。
だが、これが宗教の話になるととてつもなく厄介であり、特に西洋においては歴史的に大きな問題としていまだに根強い影響を与えている。

一神教
まずそもそも、現在の情勢に関わる二大宗教キリスト教イスラム教だが、これはそもそもが、ユダヤ教と言う宗教に対する盛大な解釈違いである

それぞれの歴史や教義などの詳細な説明は長くなるため省くが、簡単に言えば、ユダヤ教の信者であったイエス・キリストを救世主と思うか、思わないかの解釈違いが、キリスト教の発祥である
そしてイスラム教は、キリストの存在を認めたうえで、最後の預言者としてムハンマドが現れたと考えたのが発祥である。

ではなぜ、同じ宗教同士で戦っているのか? それは、乱暴な言い方をすると、一神教が一つの神しか信仰するべき神として認めないから。
「神は一つだけなのだから、正しい教えは一つだけ」と言う考えの元、解釈違いによって宗教そのものが分離し、対立し、時には戦争まで起こしている。

このほかにもキリスト教は、カトリックと東方正教会の分離や、プロテスタントの発生など、さらなる解釈違いを起こしており、特に「神についての考え方」で非常に大きく思想が分かれている。
ちなみにイスラム教も、スンナ派とシーア派と言う分離が起っているが、これは主に「イスラム教の後継者は誰にするか」と言う点で解釈違いが起っているため。

多神教
解釈違いは何も一神教にだけ起きるものではなく、多神教においても起きる。
一神教とは違い、その解釈違いも含めて多神教と言えるため、対立関係が起きづらいので認識されにくいだけで、内部では同じ神様とは思えないような逸話がごっちゃになることもある。

そんな多神教の中でも最大の解釈違いが、ヒンズー教仏教
仏教ではヒンズー教と仏教は分離した別の宗教と言う考え方だが、ヒンズー教では仏教の開祖である仏陀ヴィシュヌ神の分身の一つであるという考え方をしている。

関連タグ

解釈 争い
カップリング論争カップリングに対する解釈違いから起きる論争

編集合戦復元荒らしピクシブ百科事典内で発生している解釈違いが要因とされる例

関連記事

親記事

アンチ あんち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「解釈違い」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「解釈違い」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1615141

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました