ピクシブ百科事典

目次[非表示]

闇の力!悪い奴ら!

違うだろ!いい加減にしろ!

概要

ダークライダーとは、いわばダークサイドに身を置く仮面ライダーである。
この名称がはっきりと登場したのは『仮面ライダーディケイド』が最初(劇中にネガの世界という、ダークライダーに支配された世界が登場)で、以降は平成作品などに登場する悪役ライダーをこう呼ぶことが多い。

ショッカーライダーが「怪人バッタ男」であるのとは異なり、あくまで「悪役としての仮面ライダー」である点に注意。ただし、怪人と協力していることも多い。

基本的に劇中で主人公達と敵対している者(劇場版のラスボスとして立ちはだかる者が多い)が占めている。
変身ヒーローでありながら主人公達と敵対する関係上、主人公達に協力する善玉怪人とは対称的で、下手すれば怪人よりタチの悪い存在となる事もしばしば。

特に平成ライダーが始まって以降は、自分勝手な理由でライダーシステムを悪用するキャラクターが枚挙に暇がない程に増えてきており、もはや名物と言っても良いレベル。最終的に公式自らこんな自虐ネタまで作った位である。

また、主人公及び主人公の仲間が闇落ちして変身するパターンや、劇中での行動でダークライダー扱いされるパターンもある(カイザ龍玄等)。
また、フォームチェンジによってダークライダーに分類されるライダーも存在。

ここで注意しておきたいのは全てのダークライダーが悪の仮面ライダーではないということで、悲しい過去のせいで悪事に手を染めた者も少なからずは存在する。
善玉ライダーもダークヒーロー的要素を備えていればダークライダーと呼ばれることもあるし、物語の流れによって一時期のみダークライダーになる者もいれば、サガ、アナザーアギトのように最終的に主人公の味方となるタイプも存在。

加えて、龍騎ライダーのように媒体によって変身者が異なり、敵味方の立場が変わるダークライダーも存在し、一概に悪の仮面ライダーとして判断出来ない者も少なからずいる。(ディエンドは原典と同一人物であるが、本人の気分によって敵にも味方にもなる)

シャドームーンのようにダークライダーであるかの議論が起こりやすい戦士も多く、近年では魔進チェイサーナイトローグといったライダーと同じ変身システムを持つライバル戦士も現れたが、「仮面ライダー」とは呼称されていないためこちらに入るかは微妙なところである。

また主人公ライダーと瓜二つの容姿を持つライダー(所謂ネガライダー)は殆どがダークライダーとしてメディアで取り扱われる事がある。
仮面ライダージオウにおいて、アナザーディケイドが召喚可能な仮面ライダーでもある。詳細は該当記事を参照。

仮面ライダー以外

Dark Riderは直訳すると『闇の乗り手』となり、仮面ライダーシリーズとは関係ない作品でもこの名称が用いられることがある。ダークナイトも参照。
特にファンタジー作品においては指輪物語ナズグルを連想させるものが多い(ちなみにナズグルは『Black Rider/黒の乗り手』。惜しい)。

ダークライダーの一覧(各作品のネタバレ注意)

ネガライダーの部類


上記以外のダークライダー


上記を含めた主人公及び主人公の仲間がダーク化または暴走したライダー


上記以外で敵だがあまりダークライダーとして扱われないライダー


上記以外で悪人ではないが、ダークライダー扱いされることのあるライダー

根っからの悪人というわけではないが、行動や雰囲気などからダークライダーとして見られてしまうことのあるライダー。


変身者によって善玉か悪玉か変化する仮面ライダー

変身システムが外部装置に依存し始めた仮面ライダー龍騎から、別人物が変身したり敵が味方からベルトを奪って変身する事例が起こり出した。また、怪人の能力そのもので変身したり、葛城忍のように主人公と全く同じ変身デバイスで変身する場合もある。アナザーライダーも広義の上ではここにカテゴリされるかもしれない。
その性質上、他のカテゴリと被る場合がある。


そもそも「仮面ライダー」の名を冠しておらず、ライダーとして扱われないことがある戦士(擬似ライダー 他)



他媒体

他媒体でのみ悪役になっているライダー

サモンライド!でのみ敵になっているライダーは除外。


他媒体限定のライダー


関連イラスト

Dark Rider's
「士、どうやら俺はそれを渡す相手を間違えたようだ」



関連項目

偽ライダー ネガライダー  ライバル 
ダークヒーロー アンチヒーロー
悪トラマン 悪の戦隊

ダークキュア

関連記事

親記事

仮面ライダー かめんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183147

コメント