ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

景和「えっ…ジャマトが現れたんですか?」


ツムリ「いえ、現れないので…今回はゲームマスター自らが敵役として参加します!」


「手加減は…ナシで行くわよ」


『GLARE2, LOG IN』


「ビャーーオッ!!!変、身っ!」


『INSTALL』


『I HAVE FULL CONTROL OVER,』


景和「えっ…ゲームマスターと戦うの!?」


『GLARE2』


「……勝負!」


CV:山崎樹範

スーツアクター:米岡孝弘


変身者

チラミ


概要

仮面ライダーギーツ』に登場する仮面ライダー第22話より登場。諸事情でジャマトが何日も現れないことに痺れを切らしたチラミが敵として直々に変身した


というよりもギロリが変身していたグレア英寿を無理矢理デザイアグランプリから脱落させるのが目的だったため、ルール的にはこちらの方が正しい使い方と言える。


グレアの強化形態のような名称だが、公式サイトでは明確に別のライダーとして扱われている。


変身待機音はグレアやゲイザーとは違い、エンターテイメント重視なチラミの性を表したようなポップで疾走感のあるものになっている。


変身ポーズは淡々とこなしていたギロリとは異なり、脚をクロスして一回転し、仰け反ってシャウトした上でプロビデンスカードヴィジョンドライバーに読み込ませるというインパクトのある手順を取る。

ただ、第33話では流石に状況が状況だったため、回転とシャウトは抜きで変身を済ませている。


外見

仮面ライダーグレア2

容姿は仮面ライダーグレアと概ね共通しているが、全身に赤いノイズ、あるいはバグを起こした画面のような意匠が追加されており、特にヒュプノレイはさながら血走った眼球のようにも見えるデザインになるなど、以前のグレアと異なるものとなっている。


スペック

身長207.4cm
体重89.3kg
パンチ力29.0t
キック力57.9t
ジャンプ力75.2m(ひと跳び)
走力2.5秒(100m)

名前や外見からして仮面ライダーグレアよりスペックは上……かと思いきや全スペックでグレアに負けている。更にブーストフォームと比べてもパンチ力、走力は上だがキック力とジャンプ力では負けている(ちなみに、体重は以前のグレアよりもちょっと重い)。


だが一方で、ヒュプノレイをはじめとするグレアに備わっていた各種の特殊機能はこちらも有する。

このためデザイアグランプリ第4回戦「鬼ごっこゲーム」の鬼役として使う分には充分すぎるほど通用しており、ヒュプノレイによる各種能力を利用した翻弄や変身者の予測不能な動きなどを駆使することで、このスペックでもマトモに立ち回れている。

『GLARE2』

実際、「鬼ごっこゲーム」の最中にはギーツタイクーンナーゴの3人を相手に接近戦となりながら捕まらなかったばかりか、ギーツ・マグナムフォームの銃撃(「百戦錬磨の英寿」による「流れるような連射」「おまけにマグナムフォームのオートエイム機能付き」である)をウェーブダンスのようななんとも名状しがたい動きで全弾回避するというとんでもない芸当まで披露した。

ただし、この避け方は上からの攻撃には全くの無防備であるという弱点があり、近接戦を主体とする仮面ライダーバッファ相手にはあっさり攻略されている。


「鬼ごっこゲーム」において上記の立ち回りに加え、様々なトラップやGMライダーによる足止め、デザスターによる攪乱などでギーツらを大いに翻弄し、ゲーム終了直前までプレイヤーの誰にも捕まらず逃げおおせることに成功、ジャマトが現れない非常事態の中で自らその代わりとなる大役を果たしてみせた。


だが、これはジャマト側の陣営がチラミをおびき出してヴィジョンドライバーを奪うための罠であり、ゲームの最中にベロバ吾妻道長五十鈴大智による強襲という想定外の事態が発生。そのまま仮面ライダーベロバと戦闘することとなり、結果としてジャマト側陣営の前に変身解除となる形で敗北、ヴィジョンドライバーを奪われてしまった


ここまでは素の性能そのものはギロリと比べるとやや力不足を感じさせる活躍だったが…。


第27話以降の活躍(ネタバレ注意!)













「サポーターがゲームに直接力を貸すのはぁ、ジャマグラでは禁止されてるんだけど?」


ジーン「知るかよ、お前たちのルールなんか」


「…レッドカード。あなたは退場よ、ジーン」


『GLARE2, LOG IN』


「変身♪」


『INSTALL』


『I HAVE FULL CONTROL OVER, GLARE2』


仮面ライダーグレア2(ベロバ)

センシティブな作品


CV:並木彩華

スーツアクター:宮澤雪


変身者

ベロバ


スペック

身長202.8cm
体重69.1kg
パンチ力38.8t
キック力70.4t
ジャンプ力91.4m(ひと跳び)
走力2.2秒(100m)

第27話にて、チラミからヴィジョンドライバーを奪い取ったベロバがレーザーレイズライザーの能力で指紋をコピーし変身認証を突破、新たに仮面ライダーグレア2に変身。これにより、『ギーツ』では初めてとなる、複数の人物が変身した仮面ライダーとなった

変身ポーズも左手を一旦前に突き出してスナップし、カードを読み込ませる仮面ライダーベロバを踏襲した変身方法になっている。


単純な性能も元のグレア2や仮面ライダーベロバはおろかギロリの変身していたグレア以上であり、サイズが大きすぎて汎用性に欠けた以前よりも格闘戦に特化したと言える。


ゲイザーと同様のヒュプノレイによるホログラム・バリアも展開可能で、DGPライダーのコマンドフォームパワードビルダーフォーム程度の攻撃は全く受け付けない。逆にバリアを敵の周りに張って閉じ込める、といった応用も見せている。


ジャマトグランプリのルール上(というかベロバの性格上)GMライダーは使えないが、代わりにジャマトライダーを複数人従え、ヒュプノレイで操作することでこれらを補っている。ギロリ、チラミの変身したグレアたちと比べるとハッキング能力で洗脳したジャマトライダーらとのチームプレイを武器に戦い、仮面ライダージーンにも数の暴力で勝利した。


第28話では、前回仕留め損なったギーツを仕留めるため、戦国ゲームの最終ラウンドで大将自らギーツとの戦闘に挑みブーストフォームマークⅡにさせない為にヒュノプレイによる遠隔攻撃や罠で英寿を苦しめるも、ジーンの機転でデメリットを克服して完成したレーザーブーストフォームに押され始め配下のGMライダー達も赤子同然と言わんがばかりに瞬殺で倒され、自身もレーザーブーストビクトリーによって倒された。


その後はヴィジョンドライバーを道長によって没収されてしまったので、事実上再び変身できるのが仮面ライダーベロバのみとなった。


チラミ再び、そして……

その後はしばらくの間道長の元で管理されていたチラミ用ドライバーだったが、第32話でゲイザーの持つヴィジョンドライバーも奪われたことでジャマトグランプリが完結。結果的にバッファが総取りを収め、残されたデザイアグランプリ陣営の仮面ライダーたちを次々と倒していく。


対するチラミらもジーンやケケラといった有力なサポーターライダーたちに救援を要請するが、道長はチラミも撃破すべくデザイアグランプリのオーディエンスルームに侵入、敢えてヴィジョンドライバーをチラミに返し真正面から叩き潰そうと挑戦してきた。


当然チラミもバッファを倒すため、10話以上の時を経て再びグレア2へ変身。英寿救出に駆けつけたジーンと手を組みバッファと対決するが、「全ての仮面ライダーをぶっ潰す力」=ライダー特効のジャマ神の力を手に入れた道長になす術なく圧倒されていく。

ところが突如英寿が復活し、更にはマグナムブーストフォームに変身した彼に銃口を向けられる。


激高したチラミはヒュプノレイでの攻撃を仕掛けるが、ゲイザーとの戦いを経たギーツの敵ではなく、全てのヒュプノレイを破壊され無防備になる。

そのままギーツに仕留められるかと思いきや、最期はバッファに止めを刺されて消滅した。


使用アイテム

GLARE2

デザイアグランプリのゲームマスターに支給される変身ベルト。実装する機能はグレアとほとんど変わらない。玩具版ではバイオメトリクサー3回押しでグレア2への変身が可能(裏技でゲイザー変身待機音中にアップグレードアセンブルにレイズバックルを装填、取り外しの動作を行った後の場合は劇中通り1回押しで再現できる)。


変身に使用するカード型特殊記憶デバイス。


ヴィジョンドライバーの左側(正面から見て)に装備された、プロビデンスカード用ストックアイテム。


ヴィジョンドライバーの右側(正面から見て)に装備された、レイズバックル用拡張スロット。


リモートコントロールしたGMライダーのアップグレードに使用。


必殺技

  • 必殺技(名称不明)

『DELETE』

プロビデンスカードを1回スラッシュして発動。

第27話ではベロバが発動、回し蹴りと共に斬撃波を放つ。

第33話ではチラミが発動、ヒュプノレイで五角形のエネルギーフィールドを展開してドロップキックを放つ。


  • リモートコントロール

HACKING ON CRACK START 』

変身後に再度バイオメトリクサーを操作し発動。

ヒュプノレイを分離、対象のプレイヤー側のライダーの頭部装甲を弾き飛ばして装着させ支配下に置いて意のままに操る

チラミが「鬼ごっこゲーム」のために使用した。

ベロバもこの能力でジャマトライダーの頭部に被せた。


  • アップグレード

『SET UPGRADE』

『REMOTE CONTROL』

『○○(バックル名)』


上記のアップグレードアセンブルにレイズバックルを装填して操作、自身ないしはGMライダーに強制的にレイズバックルの装備を展開させる機能。

チラミがGMライダー(チュータゲッシー)に使用し、ハンマープロペラ、モンスターを使用した。

こちらもベロバがジャマトライダーに発動させ、モンスターマグナムを使用した。


余談

  • チラミ演じる山崎樹範によるインパクトのある変身シーンだが、よく見るとプロビデンスカードをドライバーに読み込ませる際、片手でドライバーを押さえ、ドライバーをガン見(チラ見?)しながらカードを読み込ませる……という、チラミらしいコミカルな変身手順を取っている。
    • 昨今の変身ベルトにアイテムをセットするタイプの変身シーンでは、アイテムをセットする瞬間にカット割りを行うことで、ノールックでアイテムをセットしているように見せているのは有名な話である(本当にノールックでアイテムをセットする演者も存在するが)。そういう意味では、アイテムをセットする瞬間にカット割りが存在しない、ある意味変身再現しやすい珍しいライダーとも言えよう。格好良いかどうかは別として。

  • 変身音の翻訳は「私は完全に制御できています」となり、ミスの連発でデザイアグランプリを混乱させたチラミ、自らの求める不幸のためにデザイアグランプリを引っかき回したベロバなど、その意図に問わずデザイアグランプリを破壊した変身者らに対する皮肉になっている。

  • 名称や変身音声の字幕表記時の振り仮名等は「ツー」で統一されているが、音声として聞くと「トゥー」とネイティブ発音に近い読み方となっている。


  • 同型のゲイザーのスーツが新規造形であったため、こちらのスーツはグレアのリペイントと思われる。
    • また、ベロバが変身した際は宮澤の体格に合わせて調整をしたと思われる。

  • そのサイケデリックな見た目はチラミのユニークなキャラクターに合わせてギロリよりもグレアとの適正が低く安定していないというイメージでノイズグラフィックが追加されたとのこと。

  • 当初は「変身ベルト DXヴィジョンドライバー」の商品ページに記載されていなかったが、ベロバの変身が放送された翌日に更新され、記載されるようになった。当初からベロバが変身する予定だったのだろうか。


関連タグ

仮面ライダーギーツ 仮面ライダーグレア 仮面ライダーゲイザー

仮面ライダー一覧 令和ライダー

サブライダー ダークライダー 運営ライダー 女性ライダー


関連記事

親記事

ヴィジョンドライバー ゔぃじょんどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98032

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました