ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジャマト

じゃまと

特撮番組『仮面ライダーギーツ』に登場する敵対勢力及び怪人(メイン画像は和装ジャマト)。
目次 [非表示]

「ジャ~、ジャ……」


概要

仮面ライダーギーツ』に登場する敵対勢力。

突如出現するジャマーエリア内に現れ、エリア内の人々やライダーに襲い掛かるが、その目的は不明。

「人間の世界を脅威にさらす存在」とされ、デザイアグランプリはジャマトから人々を守ることを建て前としているが、ジャマト側の目的が一切不明な事、DGPルールに対しては律儀に従順である事等、両者の関係には謎が多い。

乖離編ではデザイアグランプリを知る謎の老人・アルキメデルが育成していることが明らかになった。


ゲームの世界観に合わせて形態・性質を変化させるという特徴がある。

城なら内部からでないとダメージを与えられない、ゾンビなら頭を攻撃しないと倒せないなど、姿に応じた特性や弱点を持っており、ただ闇雲に攻撃するだけでは倒せない。


中でも「ラスボス」と呼ばれるジャマトは「世界を終わらせる力を持つ」とされ、単体でライダーを変身解除(ないし退場)に追い込むほどの力で周囲に甚大な被害をもたらす。

これが出現するミッションを完了することでデザイアグランプリは終了し、「デザ神」が決定する。


チェスの駒を象った植物が人型になったような生々しい造形や頭部が特徴で、攻撃を受けた際は木片のようなものが飛び散る。奇妙な鳴き声や呪文のような未知の言語で話したり、他のジャマトと集団で連携したりとそれなりの知性がある他、性別も男女それぞれ存在している様子が窺える。


モチーフは草木などの植物が大半だが、中にはウミウシ古代魚などの海洋生物が元になった個体も存在する。


外見こそ不気味で動作も予測不能、喋り方も無機質だが攻撃されて「スリトキョ!(冷たい!)」「キョトキョ!(痛い!)」と叫ぶ、「ラサツームアラチャファ!(何すんだよ!)」と憤慨したり「チャキョピピファツワスビ?(大丈夫か?)」と問いかけたり、「トアダジ~!(助けて〜!)」と言いながら逃げ惑ったりとジャマト語を解析すると一応痛覚や仲間意識もあり無感情なわけではなく、それどころか台詞によってはコミカルな存在にすら見えなくもない


何よりも恐ろしいのは、彼らが絶え間なく進化と学習を繰り返していくこと。

特に謀略編からはポーンジャマトでありながら前回の参加者を苦戦させたり、ジャマト版の仮面ライダーであるジャマトライダーに変身できるようになった。更に、人間の言葉を片言で話せるまでに進化している。乖離編で人間への擬態を可能とした個体が現れ始めている。


そして慟哭編ではついに記憶と人格、更には言動すら完全に人間を模倣出来るようになっており、ジャマトの最高傑作と呼べるほどの成長を遂げた。


通常個体

ラスボスとして出現したジャマトは太字で記載


ポーンジャマト

今作の戦闘員ポジ。

無数に出現し、集団戦術でライダーや一般人に襲い掛かる。

ゲーム内容によって様々な形態で出現する。

17話の不良ジャマトの描写からするに、ゲーム内容によっては短い言葉なら流暢に喋れるようだ。それとも前述の成長によるものか?

なかには戦闘向きではない、無害にしか見えない者も存在する。


また、練習用の仮想ジャマトとしても出現する。


名称初登場
和装ジャマト第1話
盗賊ジャマト第2話
ゾンビジャマト第3話
トランプジャマト第5話
近衛兵のようなジャマト第5話(回想)
スーツに赤いスカーフを巻いたジャマト第7話(回想)
海賊ジャマト第10話
メイドジャマト第11話
執事ジャマト第11話
衛兵ジャマト第15話※1
不良ジャマト第17話
学生ジャマト第17話
校長ジャマト第17話
ボールジャマト第18話
配達ジャマト第20話
ハットとマントを身に纏いステッキを持ったジャマト第24話(回想)
盗賊ジャマトや海賊ジャマトに似たジャマト第24話(回想)
忍者ジャマト第27話
紳士服に帽子を被ったジャマト第27話(回想)
マタドールジャマト第29話
天使ジャマト第31話
寄生ジャマト※2第39話
ひまわりジャマト第48話
水着ジャマト4人のエースと黒狐
ガンマンジャマト4人のエースと黒狐
クローバージャマトファイナルステージ
魔法使いジャマト最強ケミー★ガッチャ大作戦

※1:正式な登場より前に、第4話のラストのゲームマスターが見ている過去のデザイアグランプリの映像にそれらしきものが先行登場している。

※2:育ての親であるアルキメデル亡き後、五十鈴大智が品種改良に成功した個体。

人間が辛うじて視認出来る程度の極小サイズのポーンジャマトだが、人間の体内に寄生することでジャマト化させることが可能。

撃破すれば本体のジャマトが排出され、それを倒すことで寄生された人間は元の姿に戻れるが、これは大智曰く「寄生段階が「ステージ1」という初期段階によるもの」であり、複数のジャマトに寄生され「ステージ2」に移行すると人間に戻れなくなるとの事。


ルークジャマト

ウツボカズラに似た姿のジャマト。ポーンよりも強力な個体で、彼らを率いる役割で出現することもある。

名称初登場
頭領ジャマト第2話

ナイトジャマト

サボテンに似た姿のジャマト。高い撃破難易度を誇り、ラスボスとして出現することもある。

名称初登場
サボテンナイトジャマト第7話

ビショップジャマト

きのこに似た姿のジャマト。幻惑効果や起爆性などトリッキーな能力を持つ胞子を操る。


亜種

チェスの駒モチーフでないジャマト。ラスボスを務めたり、仮面ライダーを苦戦させるほどの強さを持っており、撃破や攻略が難しい個体が多い。


フォートレスジャマト

普通のジャマトよりも破格の巨体と戦闘能力を持つジャマト。本来なら撃破不可能とされる。別名城ジャマト


古生物ジャマト

アルキメデルが特定の地層から発掘・復元した古代種のジャマト。上記の現存種と比べものにならない凶暴性と戦闘力を持つ。こちらは名前の通り古代生物がモチーフとなっている。


ジャマトライダー

デザイアドライバージャマトバックルを装着して変身したジャマト。

高い再生力と、ギーツフィーバーブーストフォームと互角に渡り合うほどの戦闘力を持つ。


特殊な個体

クイーンジャマト

蘭の花で構成されたチェスの女王の駒のような姿をしたジャマトの変異種。

人間の擬態能力を有しており、更には人間との間に子供がいるようで…?


キングジャマト

の名を冠するジャマト。

人間に対して尋常ではない憎しみを抱いており、ある人物に擬態しているが…?


ゴッドジャマト

の名を冠するジャマト。

とある世界を滅亡させたようだが…?


本来「ジャマトから世界を守るためのデザイアグランプリ」とされているが、そもそも練習用の「仮想ジャマト」が提供されていること、袋いっぱいの退場した仮面ライダーのIDコアが置かれた温室でジャマトの幼体らしき手足の生えた植物を栽培する人物と連絡を取ろうとする描写から本来とは逆に「デザイアグランプリのためにジャマトが生み出された」と考えられる。

また、ゲームマスターから何かしらの指示を受けている事が示唆されている。

14話では過去の参加者と同じ言葉を日本語で呟くジャマトライダーも登場するなど、不穏な要素が見られ始める。

更に第16話終盤では、彼らを育てる肥料としてとんでもない物(リンク先ネタバレ注意)が使われていた事が発覚した。


余談

  • 全体的なモチーフはチェスの駒である模様。
    • キングやクイーンに該当する個体は本編では登場せず、Vシネマで登場した。

  • 名前の由来は恐らく邪魔」+「(もしくは「ジャマー人」)で「ジャマト」
    • そのほか得点源であることから「的」
    • ゲーム的には「お邪魔キャラ」という言葉が度々雑魚敵を表す語として用いられている。
    • 植物がモチーフであることから、ジャガイモ」+「トマト」→「ジャマト」というトンチキな説も。

  • 上記の通り、本質的にはジャマトとデザイアグランプリの因果関係はないはずである。にも拘らず、ジャマトはまるでゲームのような特定のルールの下に襲来するなど、不自然な様子が見られる。
    • しかし、ジャマトは進化する怪物である。ジャマトがデザイアグランプリを把握したり、ジャマトの方からデザイアグランプリを真似てくる可能性も否定できない。

  • 令和ライダーでは初の、明確な組織を形成していない敵勢力である。

  • 前作までは存在していた人間、又は人型の敵幹部が現時点では登場していない。


  • 彼らの呟く謎の台詞は独自のである可能性が高く、SNSでは早速解読が進められている。
    • 12話にて劇中、すなわちまさかの公式から一部だが解読表らしきものが出た。詳細はこちら
      • さらにさらに14話からかつての参加者の台詞を喋る個体が現れたことについて、ネット上では前から出ていた「デザイアグランプリ元参加者説に拍車が掛かる一方で、退場した参加者のライダーコアIDを用いて育てられている描写があったことから、「参加者の記憶や夢などを媒介に成長し、その過程で記憶や人格がコピーされて入ったのでは?などと言われている(後述)。

  • 使用する武器は、過去の東映作品で製作されたものが流用されている。


関連タグ

仮面ライダーギーツ デザイアグランプリ

ジャマト語

ライダー怪人 チェス



ライダー怪人

デッドマンジャマトマルガム


ネタバレ

この先、ネタバレ注意!























「種はやがて実り、この世界に繁殖する……ジャマトが支配する理想の世界へと変わるのだ!ハッハッハッハッハ……!!」


栄養と学習、ジャマトにとって重要なこの二つを両立させるのが、デザイアグランプリで退場した参加者……つまりゲームで命を落とした仮面ライダーのIDコアである。

破損し、ひび割れたIDコアはアルキメデルが管理する庭園『ジャマーガーデン』へと送られ、種や肥料のように植えられる。すると成長した木から幼体ジャマトが実り、場合によっては変異種が育つようになる。


謀略編からジャマトたちが今は亡き参加者の言葉を繰り返すようになったのは、IDコアにある記憶を栄養として吸い取っていたから(上述の余談では、後者の説が当たることとなった)。

そうして、実が熟すまで成長したジャマトはやがて退場者の姿を擬態することが可能になる。


更に第24話でジャマト自体が遥かな未来から来た未来人達によるゲームデザイアグランプリの為に作られた敵役、つまりは捨て石に過ぎなかったことが判明。これまでの反応や台詞、人間を襲う理由すらも与えられた役割に準じていただけに過ぎず、そこに明確な自我や意志はなかったのだ。


退場した参加者のIDコアを栄養源とし仮面ライダーとの戦闘を続けたことでジャマトに自我が芽生え、人類が不幸になる世界を望む個体が現れ始める。そして、スポンサーであるベロバによってジャマトによる大会「ジャマトグランプリ」の開催が宣言された。

しかし精鋭のジャマトたちが倒され、数を減らしつつある現状に憂いだアルキメデルが起死回生の奇策を思いつき、実行する。

同時にIDコアではなく、人間そのものを栄養源として取り込んだジャマトがどうなるのか身をもって証明した。


ボス的存在であるアルキメデルの戦死とスエルによるこの時代でのデザグラ撤退と言うグランドエンドが起こったが、英寿の創世の力をもってしてもジャマトそのものは完全に根絶されておらず、残党狩りと言う本当の意味でのジャマトから世界を救う展開となった。


尚、過去にグランドエンドが行われた時代でも同様に生き残ったジャマトが存在しており、ギーツの世界観では、このような生き残ったジャマトたちが伝承に伝わる怪物たちの元になったことが示唆されている。


だが紆余曲折を経てグランドエンドをやり遂げたい身勝手な運営による終幕のデザイアグランプリではジャマト達がライダーに協力して人々の救出とゲームマスターへの抵抗を行った。


幹部

ジャマトを支援しているスポンサー。人の不幸を喜ぶサディスト。

デザイアグランプリの運営が独占している「創世の女神」を狙っている。


ジャマトの育成や研究などを行っている老人。デザイアグランプリの崩壊を目的としている。


「天才クイズ王」と称される頭脳派。ベロバに参謀としてスカウトされた。

進化を続けるジャマトに惹かれ、世界の支配者になることを目論むようになる。


一時協力者

謀略編で退場したはずの仮面ライダー。利害の一致から一時的にベロバ達と手を組んだ。


真の関連タグ

ワーム(仮面ライダーカブト)∶人の姿に擬態できるライダー怪人。こちらの方が擬態の精度が高く、加えて擬態対象は死人である必要がなく、時には仮面ライダーの一人に化けて悪事を働いて窮地に追い込んだ事もある。その擬態の精度の高さは自分がワームであったことを忘れていた者がいるほど。


バグスター:『仮面ライダーエグゼイド』に登場した敵怪人で、作中ゲームに関係する存在である事や純粋な個体だけではなく人間が変貌した個体もいると言う共通点がある。


スワンプマン:退場者の記憶と人格をコピーできるその生態はまさにこれ。
























さらなるネタバレ



閲覧の際は自己責任でお願いします。
























4人のエースと黒狐

の口から語った真実。その正体は未来で地球を滅ぼした突然変異の植物で、それを基に品種改良して栽培・育成されたものである。

規模こそ比較的小規模かつ最終的にはリセットされるとはいえ、娯楽のために自分達を滅ぼした存在を利用して過去の地球を滅ぼしているのはなんとも皮肉であり、終盤で過去の時代とは言え人々を助けるのもまた皮肉である。


ジャマト・アウェイキング

景和や道長たちの時代でとある変異種のジャマトが確認されたことで、ジーンやニラムのいる未来世界が壊滅状態になっていることが判明。予告では巨大なジャマトのシルエットが無数の蔓を生やして暴れており、人類そのものに異常な憎悪を向けている様子が映し出されていた。

こちらに登場するジャマトは特殊であるらしく、人間への擬態や相応の知能を獲得している。


ギーツエクストラ 仮面ライダーゲイザー』

ジャマト誕生の首謀者がネメルだったことが判明。彼はゲームを盛り上げる、ただそれだけのためにアルキメデルに命令する形でスエルにすら黙ってジャマトの改良に着手した。その結果、上述の変異種ジャマトの誕生と未来人の滅亡の引き金になるとはあまりにも皮肉である。

関連記事

親記事

ジャマーエリア じゃまーえりあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309988

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました