ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

ファンガイア最強と呼ばれるにふさわしい四人の実力者達の名称。チェスによる詰め「チェックメイト」が名前の由来。

かつてファンガイアは13大魔族の頂点に立つべく、種族の統率を図る為に四天王制度を設立。
ファンガイア皇帝にして頂点である「キング」、同位置の「クイーン」、側近かつ参謀の「ビショップ」、護衛の「ルーク」の4名からなり、ビショップとルークは同じ地位にある。
また、下々のファンガイア同様、それぞれに真名を持つ。
大変に名誉ある神聖な称号だが、その継承を拒絶し続けたり、称号に相応しくない行動をとれば、同朋の手によって処刑される運命をたどる(剥奪で済むケースもあるが、ファンガイアの力も失い生き地獄を味わう羽目になる)。
メンバーの共通点として、人間態の時は手のどこかに自身の称号となる紋章が薔薇に飾られたデザインで刻まれており、怪人態では、体の一部が石膏像の様なデザインになっている。
彼らに秘められた力は先天的なものであり、持ち主が死ぬ・称号が剥奪されるなどしても転生し別の存在に引き継がれる。
基本的には無作為に選ばれ、紋章は掌か手の甲に出現する。キングのみは世襲制であり、正統なる血縁かつ左手の表裏にキングの紋章が発現した者が継承する。
継承の紋章を発現した者は、それを運命として本人の意思に関係なく、地位を継承しなければならない。

なお、作中未登場だが、キング付の王室技巧匠である双子の兄弟がキング専用の三つの鎧を開発。その手腕から「ナイト」と「ポーン」というチェックメイトフォーに次ぐ名誉ある称号を与えられたことがある(小学館『仮面ライダーキバ超全集』より)。

メンバー

キング

種族の長でありファンガイアに対立・脅威の元を生み出す可能性がある者・種族を始末する役割を持つ。専用の鎧自らの意思で装着できる権限を持つ。また、継承者がその力を完全にものとしていないとキャッスルドランは制御しきれない状態となる。
過去:バットファンガイア
現代:登太牙/怪人態は不明
一時的に紅渡がキングを名乗ったこともある。

クイーン

キングと婚姻関係となり次代キングを生む。
また、人間を愛するに至ってしまうファンガイアを処刑する役割を持つ。
過去:真夜パールシェルファンガイア(真夜)
現代:鈴木深央パールシェルファンガイア(深央)

ビショップ

参謀。他のメンバーに継承・使命を促す、情報提供する役割を持つ。
スワローテイルファンガイア

ルーク

護衛。キングの代行や同胞の反乱分子の鎮圧などを行う(もっともメンバーが滅多に守られる必要のない強豪であることもあり、劇中ではかなり自由度が高い模様)。
ライオンファンガイア

その他

仮面ライダーディケイド』では、キングにビートルファンガイアが、クイーンにソーンファンガイアが登場する。なお、本編ではチェックメイトフォーに関しては言及されていない。

関連リンク

仮面ライダーキバ ファンガイア
仮面ライダーサガ 仮面ライダーダークキバ
四天王 チェス

関連記事

親記事

ファンガイア ふぁんがいあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チェックメイトフォー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「チェックメイトフォー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140360

コメント