ピクシブ百科事典

ソーンファンガイア

ほろびゆくさいだんにちんもくよりふかいきすを

『仮面ライダーディケイド』のオリジナル怪人にして大ショッカーの大幹部。
目次[非表示]

「いっとくが中立は認めないぞ」

概要

アクアクラスに属するナマコ(には見えないが)を髣髴とさせるファンガイアにして「キバの世界」におけるファンガイアのクイーンユウキの真の姿。
真名は「滅びゆく祭壇に、沈黙より深いキスを。」

門矢士たちが去った後の「キバの世界」にて、ファンガイアの王・ワタルが推進する「ファンガイアと人間の共存」に協力していたが、世界の融合が進み、「ブレイドの世界」を護るため、自身たちを消し去ろうと襲い掛かって来た仮面ライダーブレイドたちを「ファンガイアと人間の共存を、仮面ライダーブレイドとアンデッドがぶち壊した」と称し、「キバの世界」の仮面ライダーたちを「ブレイドの世界」、そして更に融合してきた世界である「響鬼の世界」の住人と戦わせ、自身もファンガイアを率いて戦っていた。

しかし実は世界の融合以前より大ショッカーと手を組んでおり、ファンガイア代表の大ショッカー幹部としてアンデッドとの抗争を演出することで、ライダー同士の潰し合いを狙い暗躍していた。

そしてある程度ライダー同志の潰し合いで数が減ってきたことを確認した後、正体を現しワタルを攻撃、更に同じ同志である同組織の大幹部・アポロガイスト結婚式を行い、彼のパワーアップと全並行世界征服のため活動を開始した。

主な武器は体から生成される大剣「マンイーターサーベル」で、刃先は吸命牙として機能し、標的のライフエナジーやパワーを吸い取り、自らの力として取り込める。
また、アクアクラスに属しているだけあって水中戦で本来の力を発揮することが出来るが、全身のステンドグラス上の体細胞に水分を蓄積することで、陸上でも240時間の活動を可能とする。

さらにクイーンの特権能力として相手にファンガイアとしての能力を授ける事が可能なようで、この能力でアポロガイストスーパーアポロガイストへとパワーアップさせた。

光夏海を助けるため、アポロガイストとの結婚式に乱入して来た門矢士達を配下のファンガイアやアンデッド達と共に追い詰めるがその最中、乱入してきた海東大樹の援護も重なって徐々に追い詰められていき、最期はディケイドコンプリートフォームのライダーカード、「カメンライド・サバイブ」で召喚された龍騎サバイブと共に「ファイナルアタックライド・リュウキ」で発動させた必殺技「バーニングセイバー」を受け敗れ去り、その体はステンドグラスのようになり砕け散った。

ユウキ
演:芳賀優里亜
キバの世界におけるクイーンを担う女性にして、ソーンファンガイアの人間態
本作における真夜及び鈴木深央に当たる人物で、(中の人が同じなので当たり前だが)深央そっくりの容姿をしているが、世界の融合が進んだ影響で自身の住まう世界が消滅の危機に瀕している事も手伝ってなのか、原作よりもキツイ印象の雰囲気漂う大人びた女性といった感じとなっている。

上述したように表向きには新たなるファンガイアの王・ワタルと協力して「ファンガイアと人間の共存」を目指して活動していたが、実際にはその裏で大ショッカーと通じて組織の大幹部として暗躍していた。

なお、本来の世界での役割については不明。

余談

人間態のユウキ役の人が、『仮面ライダーキバ』の現代編のクイーン鈴木深央を演じた芳賀優里亜氏だったので、一見闇堕ちした深央に見えるが、あくまでユウキはリ・マジネーションの「キバの世界」のクイーンであって他人の空似なだけで深央とは全くの別人なのであしからず。
ちなみにモチーフはバラバンバラ。

関連タグ

仮面ライダーディケイド 大ショッカー ファンガイア
デッドライオン(出番が少なかった大幹部関連で)

pixivに投稿された作品 pixivで「ソーンファンガイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1211

コメント