ピクシブ百科事典

真夜

まや

『仮面ライダーキバ』の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要


演:加賀美早紀

『仮面ライダーキバ』の過去編(1986年)におけるチェックメイトフォーのクイーン。パールシェルファンガイア(ピンク)に変身する。
ファンガイア族の最大の罪、人間を愛すること、その禁忌を行った者を処刑するパニッシャー。一撃でファンガイアを倒す強大な力は同族の多くから恐れられていた。

しかし、その性格は温厚かつ奔放。同族を処刑する立場も地位に従っているだけであり、人間のこともファンガイア同様化け物であると評している。
ファンガイアが犯すことが多い人間との恋愛に興味を持ち、紅音也と交流を交わした結果、恋に落ちたことからファンガイアの力を剥奪されてしまう。
音也と共に最上のバイオリンとして「ブラッディ・ローズ」を制作した、
芸術には強い情熱を持つ他、バイオリンの腕は制作・演奏共に本物。本人曰く、演奏はヴィヴァルディに、製作はストラディバリから教わったとのことである(真偽は不明だが、ファンガイアは長命であるため実現できない話でもない)。

2008年ではとある洞窟に身を潜め、ファンガイアに狙われながらもなんとか生きながらえている。過去編との差異は、右目の眼帯と青白い肌。

過去のキングのであり、登太牙紅渡の実の母親でもある。

余談だが、加賀美氏からは「悪女と思って演じた」とコメントされている。
実際、本編の行動を振り返ると、

  • 既にキングと婚姻を結ぶ身でありながら不倫するという、子ども番組にあるまじき行動(ただし、カットシーンでキングからDVを受ける場面が存在)
  • 音也をゆりから奪うことを楽しんでいた節がある
  • (追われる身だったとはいえ)渡と太牙を半ば育児放棄する

これらの点から見ても、悪女と呼ばれるのは致し方ないであろう。
しかし冷静に見てみれば同情の余地も十分に考えられる。ビジョップの発言から、クイーンは本人の意思は関係なく本来キングと結ばれる運命であることが判っているため、言い換えれば冷酷なキングに運命的に婚姻させられたと捉えることもできる。(例えるなら、互いの意思に関係なく親が決めた者と結婚しなくてはならないようなものである)
ちなみに、子供と父親の髪の色が異なるという指摘が視聴者の間であったが、その辺りは不明のまま。(キング(亜麻色のくせ毛)=太牙(黒髪)・音也(黒髪)=渡(亜麻色))


関連タグ

仮面ライダーキバ チェックメイトフォー ファンガイア
クイーン パールシェルファンガイア(真夜) 鈴木深央

pixivに投稿された作品 pixivで「真夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40850

コメント