ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1974年1月9日生まれ。高知県中村市(現:四万十市)出身。
ノイ所属(現在は事実上個人事務所)。レーベルは徳間ジャパン(デビュー〜2003年)→エイベックス(2005年〜2006年)→日本クラウン(2008年〜2015年)→ドリーミュージック(2015年〜現在)

代表作に『TOMORROW』、『そのままの君でいて』など。

経歴

もともとはピアニスト志望であったが、DREAMS COME TRUE吉田美和の歌声を聞いて感動し、歌手を志す。

高校生の頃、現在も所属する事務所にデモテープを送ったところ「高校を卒業したら東京に来ないか?」と返事をもらう。
高校卒業後に上京。事務所から、「作詞・作曲を100曲分出来たらデビューさせる」と条件を出され、アルバイトをしながら40曲ほどを制作する。デビューが数度延期になっており、不安を抱えながらの生活であったという。

1995年に『TOMORROW』でデビュー。ドラマ『セカンド・チャンス』(TBS系)の主題歌に起用され、大ヒット。翌1996年には第68回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に使われた。

その後は歌手活動に加え、楽曲提供などでも活躍する。

2000年1月にコンサートの美術スタッフの男性と結婚。同年11月に第一子となる長男を出産した。結婚後は一時期活動を休止していたが、2001年に復帰している。なお、2015年になって、長男の高校卒業と同時に、2年前(2013年)に円満離婚していたことを明かしている。

2016年にデビュー20周年を記念して「mayo」名義でピアニストとしてデビューを果たしている。

盗作被害騒動

2010年4月初旬、上海万博のPRソング(2010年3月30日に、万博30日間カウントダウンのためのPR企画用に選定された曲)『2010等你来 Right Here Waiting for You 2010』が、岡本の『そのままの君でいて』(1997年発表)に酷似しているとして、台湾で盗作疑惑が持ち上がり、やがて中国本土や日本にも広まった。
4月17日になって、上海万博の公式ページに、「主題曲『2010等你来』は著作権上の紛争疑惑のため、万博事務局は暫定的に使用を停止した」との発表が掲載された。
作曲者の繆 森は盗作を否定していたが、19日には岡本の事務所に上海万博実行委員会から『そのままの君でいて』の楽曲使用申請があり、事務所が受諾している。これにより委員会が事実上盗作を認めた形となったが、謝罪などのコメントは出されなかった。
原曲の発売元の徳間ジャパンなどは「あそこまでそのままカバーされているものはない」とする見解を発表したと報道された。また27日には岡本の事務所と当時の所属レーベルである日本クラウンが連名でコメントを発表し、「音楽はそもそも少なからずいろんな方に影響を受ける」と前置きした上で、「あそこまでAメロ、Bメロ、サビとそのままカバーされているものはない」と盗作が濃厚とみられることを指摘。PRソングの作曲家・繆に対し「ちゃんと襟を正していただきたい」と言及している。→当時のスポニチの記事のアーカイブ

4月30日に万博は開催されたが、PRソングおよび『そのままの君でいて』は使用されなかった。

なお、この騒動で注目が高まったことにより『そのままの君でいて』がさまざまなメディアで取り上げられ、デビュー15周年記念アルバム『My Favorites』には2010年5月10日から5月26日に発売延期をして同曲が急遽収録されることになった。また、アルバム販売前後には音楽番組などで歌唱を披露している、


人物

「真夜」は本名である。真夜中に生まれたことに由来する。

生まれて程なく両親が離婚したことにより、祖父母の養子となる。そのため祖父母のことを「お父さん」「お母さん」と呼んでいるという。祖父は2007年に亡くなったが、祖母は健在であり、高知で暮らしている。
上京する際は祖父母から強く反対されたが、家出同然で高知を離れた。一年ほどして祖父から手紙が届き、「『一度決めたら曲げない』っていう性格は分かっているから、やるからには頑張りなさい」という内容が書かれていたという。また、この手紙の最後に「涙が多いのが人生だよ」と綴られており、『TOMORROW』の「涙の数だけ強くなれるよ」という歌詞につながったのではないかと本人は振り返っている。→ニッポン放送オンラインの記事

地元への愛情は深く、高知の友人とは現在でも交流があるという。なお、ビーグル38の能勢ヒロシは高知県立高知南高校の同級生(岡本は高校2年生の時に先述の祖父の仕事の都合で高知市に移住しており、高知南高校には途中編入している)である。
2018年12月には高知県観光特使に就任した。

趣味はフィルムカメラによる写真撮影で、3rdアルバム『Smile』のジャケットで構えているカメラは自前である。また、ハンドメイドや映画鑑賞、サッカー観戦なども趣味にあげている。

2013年に子宮内膜症の一種であるチョコレート嚢胞を発症し、嚢胞が破裂したため緊急手術していたことを、自身のブログで明かしている。→当時のブログ
また、2020年には日刊ゲンダイで詳しく経験を語っている。→日刊ゲンダイの記事

関連リンク

オフィシャルサイト

公式Amebaブログ
公式LINEブログ

Twitter
Instagram

ドリーミュージックのプロフィールページ
岡本真夜
mayo

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「岡本真夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント