ピクシブ百科事典

ぎゃる☆がんだぶるぴーす

ぎゃるがんだぶるぴーす

『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』とは、眼(ガン)シューティングゲーム『ぎゃる☆がん』シリーズの2作目である。
目次[非表示]

概要

『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』とは、天使の矢に当たり、1日限定の超絶モテ男になってしまった主人公が、次々と言い寄ってくる女の子たちを眼力(通称:フェロモンショット)で昇天させ、意中のヒロインを目指す眼(ガン)シューティングゲーム
ぎゃる☆がん』シリーズの2作目。公式略称は『ぎゃる☆がんW』。
キャラクターデザインは前作と同じく伊東大典。

今作は、前作『ぎゃる☆がん』の1年後を舞台に、新主人公・新ヒロインのストーリーを描いている。前作PS3版に登場した天使・えころが新たなナビゲーターとなり、天使と敵対する存在の悪魔も登場。ルートごとに展開の異なるストーリーを楽しむことが出来る。
余談であるが、前作では悪魔は登場しないものの、PS3版のドキドキカーニバルのストーリー内でその存在は示唆されており、今作で複線が回収された形である。

前作の1年後という事もあり、一般女子(いわゆるモブキャラクター)の顔ぶれも変化している。前作の1年生・2年生はそれぞれ2年生・3年生に進級しており、さらに約半数ほどが新キャラに入れ替わっている。新1年生は当然ながら全員が新キャラクター。前作の3年生は(1名を除き)卒業と相成った。女教師にも新キャラが増えている。

ゲーム開始時はしのぶルートと真夜ルートしか選択できないが、各ルートをクリアすることで新しいルートが増える。まさかの姉妹同時攻略ルートや天使・悪魔ルート、一般女子に告白できる運命の彼女ルートまであり、今作では登場する全てのキャラに告白エンディングが用意されているのである。

今作での新要素

  • ドキドキモードがリニューアル。カーソルを自由に動かしてつついたり撫でたりでき、女の子のドキドキゲージをMAXにすればダブルピース昇天させることができる。また最大3人まで同時にドキドキモードに突入できる。
  • 前作の倍の矢を受けた影響で、ズーム中に透視ができる。壁などの障害物に隠れている女の子やアイテムを見つけられる。女の子の服も透けたりしてしまうが不可抗力なので仕方ないのである。
  • 女の子たちの愛情表現(攻撃方法)のバリエーションが増え、ラブレター(近接攻撃)・告白(遠隔射撃)のほか、抱きついてからのキス責め(ホールド)が増えた。抱きつかれた場合はレバガチャで押し返すことができる。
  • くろなにいたずらされた女の子は悪魔っ娘となり、行動がより過激に変化。高圧的な口調から、ラブレター攻撃の代わりにビンタ、抱きつきの代わりに押し倒して踏みつけてくる。我々の業界ではご褒美です


発売とその後の経緯

インティ・クリエイツが開発し、アルケミストが販売元となり、2015年8月6日にPS4版とPSVita版が同時発売された。

しかしアルケミストが2016年4月1日に自己破産を申請。同年8月8日にはPSストアからダウンロード版およびDLCが削除される事態になった。

一方、2016年7月にはPQubeがパブリッシャーとなった海外向けPS4/PSVita版『GalGun Double Peace』が発売。同年9月28日にはSteam版もリリースされた。
海外版ではメニューやメッセージのテキストが英語化されているが、ボイスや女の子の告白や弱点に表示される書き文字は日本語のままである。
Steam版は日本でも購入でき、テキストの英語/日本語の切替も可能。ゲームパッドの他、マウスでの操作にも対応している。

時は流れ2017年2月23日、販売元をインティ・クリエイツに改めた再販版・低価格版としてPS4/PSVita/DMM GAME PLAYER(PC)版『ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる』が発売される。バイリンガルと掛けたタイトルにちなみ、テキストの日本語/英語切替機能が追加。また衣装が4種追加されている。DLCも復活したが『ばいりんぎゃる』専用となり無印版との互換はない。
これからPS4/PSVitaで本作を楽しみたい方には『ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる』の購入を強くお勧めする。
無印版から乗り換える場合は「データ共有」でセーブデータを移行できる。

プロローグ

見習い天使・えころの放った天使の矢を浴び、一日限定のモテモテ男になった主人公・久時峰大(くどき ほうだい)。しかし、その矢の効力が切れれば明日からは永遠に彼女ができない体になってしまうという。
それを回避するためには日没までに運命の彼女を見つけ出し告白を成功させなければならない。意を決して、ずっと想いを寄せていた幼なじみへの告白を決意する。
そんな矢先、峰大の目の前を学園内でイタズラをしまくる悪魔・くろなが横切る。それを追っていたのは、今告白を決意したばかりの幼なじみの姉妹、しのぶと真夜だった……。

キャラクター紹介

メインキャラクター

久時峰大(くどき ほうだい)
CV無し
本作の主人公で桜咲第三高校の2年生。運動、勉強、容姿、何を取ってもごくごく平凡な男の子。幼いころ、仲のよかった神園姉妹と疎遠になって以来、恋愛事にもあまり積極的ではなくなっている。
いわゆる草食系男子だが、時折無自覚にやたらクサいセリフやトンチンカンなことを口走る天然男子。えころのミスによって、1日限定のモテモテ体質となってしまう。

神園しのぶ(かみぞの しのぶ)

ぎゃる☆がん だぶるぴーす「神園しのぶ」


CV:上間江望
2年E組。峰大の幼なじみでプライドの高い上から目線の女の子。一見クールで切れ者に見られがちだがかなりのへっぽこ娘。時々ハイテンションになり周囲をおどろかせる。妹想いで優しく厳しいお姉ちゃんの一面をもつ。運動全般は得意だが、勉強は苦手。

神園真夜(かみぞの まや)

神園真夜


CV:橋本ちなみ
1年B組。峰大の幼なじみで心優しいマイペースな女の子。やたら先走りする姉を支えるシッカリものの妹。幼なじみである峰大の影響で、ヒーロー特撮やロボットアニメが大好き。勉強は得意だが人と話すことと運動全般が苦手。転校してきたばかりのため、制服は前の学校のものを着ている。

くろな

でっでっでっでっ でーすでっ!


CV:藤田彩
悪魔学校中等部の3年生。自信家で調子に乗りやすく、その反面ものすごく打たれ弱い。天使を小ばかにしているが本人もかなりのバカである。苦手なものは勉強。好きな物はイタズラ。後尾に「DEATH」をつけて喋る癖がある。

えころ

ぎゃる☆がんだぶるぴーす発売記念えころ


CV:堀江由衣
天使学校中等部の3年生。自らエリート天使と名乗るが、卒業試験で大失態をやらかす羽目に。天界ではミリタリー研究会に所属。二丁拳銃を操る。基本的にマジメでいい子だが、先輩天使の影響か学園では問題児扱いされることも……。悪魔とは非常に仲が悪い。

サブキャラクター

天使ぱたこ(あまつか ぱたこ)
CV:田村ゆかり
元気で明るい天使のような(?)女の子。サバゲー好きで、桜咲第三高校にミリタリー研究会を発足させるため、現在は部員集めに勤しんでいる。
前作に登場した見習い天使の“ぱたこ”によく似ているが……?

兎野葵(うの あおい)
CV:山本希望
峰大と同じクラスに通う2年生、ウサ耳がトレードマークのスーパー元気少女。ガールズバンド“LOVEHEARTS”のギター兼ボーカル担当で、バンドの活動資金を稼ぐために現在は購買部でバイト中。購買部の看板娘としてもその名を轟かせている。
峰大のモテオーラもなぜか効いていないようで、今回の騒動の中でもマイペースにいろいろなアイテムを売ってくれる。

一般女子

1年生
新田彩加 心崎美奈 韮真央子 天道恵
朽木かずさ 二階堂亜紀  皐月ココ 西口つかさ
春雨璃音 照本莉衣菜 黒澤乙女 青嶋麻衣
小鹿佐代子 東雲久須美 星空志保 須藤真紀
アニタ・ベルマン 松原美穂乃 南原一巳 神保雪菜
宍戸甘子

2年生
春野つぼみ 坂口霞 木林くみ 小杉ねね子
高田沙希 塚田ふみ 黒田リコ 夏樹マリア
村雨つづみ 橘つぐみ 半場翠 一橋洵子
熊野みこと 久世はやり 三笠瑠璃子 姫野蘭
西雛うららか 伊勢奈菜美 漣可憐 赤木夏帆
田中力子

3年生
鈴野芽衣 西条かざみ 月宮まどか 朝野すずめ
白銀雪 黒田マコ 藤原佐織 若葉未来
楠 美穂 波木珊瑚 村主左由 村主右由
寿林檎 牛頭百合菜 柳田真冬 斉藤由佳
鯨井このみ 剣悠梨 正見亜紀子 吉川恋
二ノ宮静香

その他
藤野沙織 東美千代 栗林怜奈 服部明日香
倉敷きらら 遊霊野幽子

関連タグ

ガンシューティング ギャルゲー バカゲー

外部リンク

ぎゃる☆がん だぶるぴーす 公式サイト
Gal*Gun Double Peace (Steam) 日本公式サイト
ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる 公式サイト

ぎゃる☆がんポータルサイト

電撃オンライン:『ぎゃる☆がん』シリーズ記事まとめ

関連記事

親記事

ぎゃる☆がん ぎゃるがん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぎゃる☆がんだぶるぴーす」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21195

コメント