ピクシブ百科事典

バカゲー

ばかげー

ゲーム中の一要素、もしくは全要素において「バカバカしさ」が際立っているゲームを指す言葉。
目次[非表示]

クソゲーとは

ざっくり説明するとクソゲーは端的に言って「できが悪くて糞(低品質)なゲーム」なのに対し、バカゲーとはタイトル概要にもある通り「馬鹿馬鹿しさの際立っているゲーム」という意味である。なので、必ずしも「バカゲー」=「クソゲー」とは限らない。

最初からバカバカしさを狙って作られたゲームもあれば、製作者側は真面目に作っていたつもりが結果的にバカゲーになってしまったものもある。果ては狙ったのか天然なのかどうかすら不明な作品など、一口にバカゲー作品と言っても様々である。

ゲームシステム自体が普通には考えられないほど独創的でぶっとんだものもあれば、ストーリーや設定自体はバカだけどゲーム性自体はオーソドックスなゲームもある。また、海外で発売されたゲームをローカライズする際に脚色に力を入れ過ぎてしまい、テキストのせいでバカゲー化したケースもある。

「バカゲー」とされる中には普通に楽しめるゲームも多いのだが、ゲームとして成立するかどうかを考えずにアイデアを詰め込んだ結果、クソゲーと化してしまうのもしばしばである(『たけしの挑戦状』など)。また『悪代官(ゲーム)3』の裏ボスや『幼なじみは大統領』の世界観の様に悪ノリが過ぎるもの、果ては原発事故の被災者をネタにした『チェルノブ』のような「不謹慎ゲー」もあり、作品の質とは別に物議を醸すことがある。

元々「バカゲー」とはクソゲーの派生的な概念であり、低品質でもネタ扱いして面白がれるものを指すものであった。ただし、「ゲームとしてきちんと成立しているのがバカゲー」とし、クソゲーとは厳密に区別する考え方もある。この場合「ゲームとしては破綻しているがネタとしては楽しめなくもない作品」「バカバカしさを狙ったがあまりにも質が低く普通には楽しめない作品」はただのクソゲー(あるいは駄作)であって、バカゲーとは言えない。

昨今のゲーム実況においては、視聴者側からのツッコミが期待でき、再生や登録数が稼げる傾向にあることから、実況者に選ばれるゲームジャンルとして人気がある。

バカゲーの例


関連タグ

ゲーム用語 セガ データイーストみんなのトラウマ公式が病気

関連記事

親記事

コンピュータゲームのジャンル一覧 こんぴゅーたげーむのじゃんるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バカゲー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42733

コメント