ピクシブ百科事典

70年代風ロボットアニメゲッP-X

ななじゅうねんだいふうろぼっとあにめげっぴーえっくす

PS専用STG。テレビアニメじゃないぞ!
目次[非表示]

概要

 1999年に発売された、アローマのPS専用横スクロールアクションシューティングゲーム
 タイトル通り70年代のロボットアニメをバカバカしいまでに再現しており、声優に神谷明永井一郎池田秀一他超豪華声優陣を起用、さらにささきいさお串田アキラらによる暑苦しい各種BGM、大張正己を起用した超カッコいいデモムービーなど、力の入れ所を明らかに間違っている壮大なバカゲーである。
 なお、本作の製作により大赤字を叩き出したアローマは次のゲームを出す前に倒産した。

おバカな点

 本作は8ステージ存在するが、ステージの流れまでテレビアニメを踏襲しており、OP→Aパート→アイキャッチCM→アイキャッチ→Bパート→ED→次回予告といった流れになっている。そう、発売されてもいないキャラグッズのCMが流れるのである。
 他にもありとあらゆる面でパロディが行われており、パクっていない部分は無いんじゃないかといった出来だが、ダイナミックプロの許可は取っている。すげえ! 尤もダイナミック以外のパロディも凄まじいのだが…。

パクられた作品の例


あらすじ

 197X年、地球に突如宇宙悪魔帝国の魔の手が迫る。防衛軍を一ひねりした宇宙悪魔帝国の宇宙ビースト軍団に、宇宙ロボット研究所合体ロボゲッP-Xを開発し、迎撃させる。息つく間もなく訪れる宇宙悪魔帝国に、ゲッP-Xは敢然と立ち向かう。

 シナリオは全8話だが、第1部の最終話である第4話で「どの形態でボスを撃破したか」により、シナリオが3つに分岐する。この場合、形態時のメインパイロットは重核子爆弾から仲間を守るために殉職し、ゲッP-Xも破壊される。以降はそのメインパイロットを欠いたシナリオとなる。

登場人物

宇宙ロボット研究所

 通称ケイ。ファルコン号メインパイロット。17歳。テーマカラーは熱血漢オープンスケベ

 通称ジン。シャーク号メインパイロット。17歳。テーマカラーは。ロン毛のイケメン。ニヒルなナイスガイだが女に目が無い。
 通称リキ。パンサー号メインパイロット。17歳だがとてもそうは見えない。テーマカラーは黄色。ガチムチで柔道の達人。ドジで慌てん坊な関西人。
 通称キョウ。17歳。テーマカラーはピンク。男言葉で話すお転婆少女。
 三人娘は第2部以降に登場し、4話で殉職した人物の後継を務める。
 通称スズ。ケイのクラスメイトの17歳。テーマカラーはオレンジ。眼鏡委員長。
 通称ロミ。15歳で最年少。テーマカラーはアイドル歌手

 宇宙ロボット研究所の所長。テーマカラーは。孫バカ。
 所長の孫娘。テーマカラーは。補給を担当する。
 所長の助手を務める美女

宇宙悪魔帝国

 宇宙悪魔帝国の皇帝。将軍たちと違い完全に人間離れした姿をしている。

 明らかにアレヒッサーと共に地球方面軍の指揮を任されていたが、ヒッサー失脚後は総大将に任命される。
 地球方面軍の総大将。スーパーハイレグ巨乳美女。スッピンが半端なく可愛い。
 第4話で大ボスとして登場し、誰がトドメを差すかでその後の展開が変わる。とあるルートではその後も登場する。

登場メカニック

ゲッP-X

 該当項目参照。

ゲッP-XX(ゲッピーダブルエックス)

 4話で破壊されたゲッP-Xに変わり、試作型ゲッP-Xを強化改造した自機。
 フェニックス・トライトン・ストームの三機が合体して誕生する。

アトランジャー

 該当項目参照。へたなボスより耐久力が高いと言う公式チート

64式

 防衛軍が作ったひょろいロボット。本編では糞の役にも立たない
 しかしこいつを主役にするモードもある。この場合も4面で重核子爆弾により破壊される(こちらは自動操縦を使ったのでパイロットは全員無事)が、その後に超強い「74式」が開発された(実はゲッPの残骸を回収して得た技術を使ったんだとか)。
 この展開から本ゲームの舞台は1974年ではないかと言われている。

宇宙ビースト

 宇宙悪魔帝国の戦力。ボスキャラはゲッPより数倍大きい「超巨大ビースト」。
 基本的にはメカだが、生物を素体にしたサイボーグや、ドラえもんのように自我を持ったビーストもいる。


関連項目

公式が病気 腹筋破壊兵器 
大阪:開発が大阪の企業のため、大阪ネタが多い。主人公達の苗字は大阪の地名だし、EDでデビルマンのようにゲッP-X1号が腰かけている所は通天閣の展望台である。

pixivに投稿された作品 pixivで「70年代風ロボットアニメゲッP-X」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666

コメント