ピクシブ百科事典

不謹慎ゲーム

ふきんしんげーむ

社会的な事故・事件などを題材に揶揄や中傷などを含んで作成されたゲームソフトの総称
目次[非表示]

概要

不謹慎の通り、主に事件事故災害、また、それらの加害者・被害者を茶化すような内容を取り扱ったゲームのこと。
その主題が犯罪を行なうことであるゲームも不謹慎ゲームとみなす場合がある。しかし、何を持って不謹慎とするかは人や時代によって価値観が分かれるため、客観的に定義するのは難しい。

その題材ゆえ、基本的にはアンダーグラウンドでのやり取りとなっており、インターネット上でも大っぴらに公開されているものはほとんどない。

不謹慎ゲームが世に現れた時期がいつ頃なのか・何が最初なのかは明らかになっておらず、流通経路は概ねパソコン通信あたりからだったと推測されている。
個人制作、あるいはごく少数メンバーでの制作がほとんどであることから、個人でゲーム制作のためのプログラミングが(趣味の範囲で)できるようになった時点で生まれたものとも考えられる。

ゲームとしては誰が作った物かは不明(※)のまま適当な作りの物が多く、いわばクソゲーの部類だがネットを介して流布される事が多い。
この不謹慎ゲームがメディアで取り上げられたのはオウム真理教地下鉄サリン事件を筆頭とした一連の事件が浮上した際に現れた「霞ヶ関」が最初とされている。これに限らず世間を震撼させた大事件は恰好の題材にされるケースが多い。

注意しなければいけないのが、この手のものにはPCに異常をきたすものがあったりするので安易にインストールしたり起動するのは危険だったりするので注意が必要である。

※…非常に珍しいケースとして、後述の「香港97」については作者がサブカル作家の「クーロン黒沢」であった事を自身が明かしている。

なお、開発中に東日本大震災が発生したため発売中止となった『絶体絶命都市4』(のちの2018年に正式発売)のように、社会的な事件・事故・自然災害と時期が重なったことから開発や販売が中止となった、あるいは内容の変更を余儀なくされたゲームも多数存在し、そのようなゲームは不謹慎と呼ばれることはない。

主な作品


関連タグ

不謹慎 事件 事故
みんなのトラウマ
残酷ゲーム クソゲー

関連記事

親記事

不謹慎 ふきんしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「不謹慎ゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164

コメント