2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1・米国で開発されたホラーファンタジー調アドベンチャーゲーム。元々はマッキントッシュ用のゲーム集「MacVenture」に収蔵されたゲームの一つ。
日本では、ケムコによってファミコンに移植された。
本稿で解説。

2・日本の元競走馬


ざんねん!!わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!

このゲームの主人公(『しんのゆうしゃ』)はよく死ぬ。本当にすぐ死ぬ。
の比ではない。

例1)たいまつの炎が消えて、壁に激突死
例2)つかう→つるぎ→セルフ(自分に対して何かを行う)→心臓を貫いて自害
例3)つかう→火かき棒→セルフ→火かき棒で心臓を貫いて自害
例4)窓から投身→『最期に私が見たものは、暗闇の中で妖しく光を投げかける星の瞬きだった』→墜死
例5)井戸を調べる→切れたロープに反射的に手を伸ばす→墜死
例6)油の中へ移動→「あづーっ!!」→「ゾンビにもなれない」と嘆きながら溶けて死亡
例7)つかう→松明の炎→セルフ(2回目までは火傷プレイ)→松明の炎→セルフ→髪の毛に燃え移り焼死
例8)炎の中へ移動→「ホップ ステップ ジャンプ・・・ かーるいす!!」→焼死

……というように、何か行動を起こすたびに死なずにはおれないらしい。
中には『死ぬだろこれ、常識的に考えて』というような行動もとって予想通りに死ぬケースも多い。
酷い場合には、プレイヤーに対して「どうして こんなことを させるんだ!!」文句を言う

これらの独特の文章は移植を担当したケムコによる超意訳であり、原文には存在しない。
原文では「あなた(=YOU)」と三人称で訳すべきところが「わたし」と一人称で訳されており、ナレーションの状況説明のはずが主人公自身による実況中継になっているのである。

一方で、自分で自分自身を死に至らしめることすら可能な行動の自由度の高さとテキストの反応の多彩さそのものはオリジナル版が元々内包していたもの。この点については、国内と海外におけるテキストアドベンチャーの作風の違いに起因しており、国内版のテキストアドベンチャーが物語重視の受動的な作風に傾倒していったのに対し、海外では多彩な選択肢を選んだ際に返ってくる反応のテキストを楽しむという能動的な作風が周流であったことからくるものである。

結論としては、本作が馬鹿ゲー呼ばわりされている所以は、原作の時点で内包されていた海外ADVならではのテキスト主体のコメディ的作風が、表現力の多様性を持つ日本語を活かした翻訳者の独特なセンスによって若干おかしな方向性に走ってしまいネタ性が強まった結果と言えよう。

ひらがな

シャドウゲイトは ファミコンじだいのゲームなので、とうぜん かんじなどは つかえない。
だから このように ひらがなとカタカナのみで ひょうきするのが シャドウゲイトらしいひょうきといえる。
これはよだんだが むだにじしんありげにかくと「しんの ゆうしゃ」らしくてよいかもしれない。

テキスト

むだに じょうちょあふれるぶんがくてきなテキストも シャドウゲイトのみりょくのひとつである。
ぜんじゅつの「ひらがな」とあいまって、シャドウゲイトどくとくのふんいきをかもしだすことに せいこうしていると いえるだろう!!
また あまりしられていないが 「!」は ほんけゲームないの ぶんしょうでは かならず 
ふたつ つなげて ひょうきされる。
れいぶん)ばかに している!!
ただし 「たたく」コマンドを じっこうしたときの がめんでは
ゆいいつの れいがいとして 「POW!」と 「!」マークひとつで ひょうじされる。
このことを ふまえておくと よりシャドウゲイトらしさを えんしゅつできるだろう!!

よくしぬことに たいしての よだん

ピクシブ に とうこうされている イラストには わたしが なにか こうどうを おこすたび しぬので しにがみが あきれはてて おこっている イラストも とうこうされていたのだ!!
また しにがみに せっきょうされる イラストも あったのだ!!

さらに よだん

ぞくへんにあたる 「シャドウゲイト64」では ほんとうにわたし(「ジェイル」というなまえだったらしい!!わたしじしんも はじめてしった)のぼうけんが でんせつとしてかたられている!!
まさに せいとうな ひょうか!
なお このぞくへんでは しゅじんこうはハーフリングホビットのようなちいさいしゅぞく)の 「ディル」というせいねんがつとめているが しぼうえんしゅつのたさいさは けんざいだ!!

じつは、すちーむで げんてんの まっくべんちゃー ばん を りぶーと した ばーじょんが でているぞ! こちらは げんてんさくひんの すたっふも かかわった しょうしんしょうめい の りぶーとばん だ! こちらで あきらかに なった わたしの フルネーム は 「ジェイル・カサガー(Jair Cuthegar)」という ものだ。

かんれんタグ

しんのゆうしゃ
スペランカー
クソゲー
死亡フラグ
ケムコ
たいまつ

しんのゆうしゃのどうが

これが わたしの ゆうきある こうどうだ!!

さらに、すちーむの ゆうしたちによって ケムコのめいさくを リスペクトした レトロライクなゲームが つくられているぞ!
わたしも ダウンロードしなくては!


INFESTED
無人の宇宙船が舞台。
そういえば、シャドウゲイトにてしんのゆうしゃが宇宙に飛び出して窒息死する場面があるが、その後の話というわけではない


Spectacle
16bit時代の雰囲気の作品。
時間の概念がある。

・・・は!?
これはえいご!!
これでは テキストをよむことができない!!
わたしはあわてて えいわじてんを さがした。
ゴン!!
わたしは あしもとにころがっていた えいわじてんに つまずき ゆかにあたまを きょうれつにぶつけてしまった。

ざんねん!!
わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!

関連記事

親記事

伝説の死にゲー でんせつのしにげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャドウゲイト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャドウゲイト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 650784

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました