ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画アニメゲーム小説などフィクションの登場人物が、本来作者や読者・視聴者・プレイヤーにしか知り得ない知識(舞台裏、観客席、製作環境、現実とフィクションの違いなど)について発言をすること。

要するに、「これは本やテレビの中の作り話である」ことを意識させる発言のことを指す。
「メタ」とは「高次」と言う意味で、劇中人物にとっての高次世界=我々視聴者が居る世界の事である。

古くはかの手塚治虫もよく使っていた、由緒正しきギャグ表現でもあるが、使いどころを間違えるとその世界観を台無しにしてしまったり、逆にしらけさせてしまったりするので、注意が必要。

etc…

違うもの

※上二つの発言者はメタ世界に実体化したキャラクター(と言っても劇中劇のキャラなのでメタ世界と言っても劇中世界)なのでメタ発言のようでメタ発言ではない。

※「設定年齢」と言う言葉を使っているが、これは年齢操作を自在に行える(漫画版の)ジグマールが全盛期の年齢として設定している(普段は威厳を見せるために設定年齢40歳ぐらいにしている)と言う意味なので、メタ発言ではない。

主題歌と本編の関係

キャラクターが劇中でその作品の主題歌を歌うというのも、単に作品世界の中でもその曲が存在しているだけと解すれば通るケースもある。
だが作中人物が決して知りえない(あるいは、知られてはならない)情報が歌詞に含まれている(ウルトラマンAの正体等。逆に所謂ワンダバは『TACの歌』として劇中でTAC隊員に歌われている(こちらも何故か歌詞に北斗の名が入っているが…まぁAとは関連付けられていないので。と言うか劇中ではそこまで歌う前に終わっている))」「作中世界では世間的に知られていないキャラなのに、そのキャラを大々的に歌っている>たわけた歌」ような場合は当の曲が作品世界に存在するとは考え難いため、メタ発言の一種としてとらえることができる。

メタ発言に対する作品内での扱い

メタ発言がその作品世界でどう扱われるかについては、いくつかパターンがある。

  • なかったことになる
メタ発言の前後で場面が切り替わり、以後発言内容には一切触れられないというパターン。
探偵物における「読者への挑戦」などがこれに当たる。

  • 流される
発言自体は確かに存在しているが、作中人物からの突込みがないパターン。
この場合、作中人物はメタ発言と認識しておらず、視聴者だけがそうと気づく。

  • 戯言として扱われる
メタ発言に対し「何を言ってるんだ」「誰に向かっていってるんだ」などの突込みが入るパターン。
この場合、突っ込んだ側はメタ発言をメタと認識していない一方、発言者はメタだと認識しているケースが多いが、たまに発言者も自分が何を言っているのか理解できない場合(所謂「あれ、俺今何言った?」)もある。

  • 作中でもメタと理解されている
作中人物がメタだと理解した上でメタ発言を行うパターン。
突込みが入る場合でも「メタいなあ」とか「それいいの?」「漫画だからいいんだ」など、メタであることを前提としたやり取りとなる。
ギャグ作品に多い。

  • 実は伏線である
一見上記のどれかのように見せかけて、実は発言者がメタ発言を行える理由が世界設定レベルで存在しているもの。
例えば「発言者が視聴者の世界から来た人間だった」「最初から虚構として作られた世界だった」「メタ発言と見せかけて実は妄想だった」などの理由が存在し、終盤でそのことが明かされ、視聴者を驚かせる。
伏線が足りないと唐突な印象を与え、多すぎるとネタ晴らしの前にばれてしまうのでさじ加減が難しい。
また、「メタ発言と見せて実はこれから起こること、もしくはすでに起こった出来事」という変わったパターンも存在。タイムトラベルはメタ発言を正当化しやすい設定と言える。

メタ発言が頻発する作品、登場人物

※本編以外の予告や楽屋ネタ、ナレーションなどは含まないものとする。

個人・グループ


不特定多数


メタ発言を活用した作品

  • 仮面ライダーディケイド』:歴代の人気を復活させることが目的の作品であり、内容をまともに作る気は最初からなかったと最終回で明かしている。
  • 仮面ライダージオウ』:上記の後継作であり、同様に敵の動機や物語の根幹からしてメタ要素全開。
  • 新約とある魔術の禁書目録』:主人公の活劇物語から、そのような創作物でありがちな展開を皮肉った作風へ変化した。最終巻はより露骨。
  • 古畑任三郎』:クライマックス(謎解き)直前で突然周囲がブラックアウト、直後に古畑にスポットライトが当たり、視聴者に語りかける演出。
  • メタルギアシリーズ』:作戦司令部からの「周波数はパッケージの裏に書かれている」「タップコードは説明書に書かれている」等の通信は「マニュアルプロテクト」を兼ねている。
  • 『漫画版デビルマン』:主人公のメタ発言が物語中盤で登場するが…。
  • めだかボックス』:中盤、打ち切り間近まで人気が落ちる事を見越した、ある意味博打的なストーリーが展開された。
  • パペッティア』:劇場のお芝居であることが最初から言及されており、ナレーションとの会話も当たり前のように存在する。
  • 銀魂』:一部のギャグエピソードでは話の題材にまでメタ要素を持ち込んでいる。
  • 映画妖怪ウォッチ3作目』:"実写"と"アニメ"で良く比較される、作風やノリの違いを分かりやすく描写している。
  • Dr.スランプ』:作者が頻繁に作中に介入し、登場人物と掛け合いや内輪ネタも披露している。
  • 落第忍者乱太郎』:枠線を破ってキャラが勝手に侵入してくるのはもはやお約束。作者が眠かったなどの発言や、歯を描き直すなどの漫画世界をどんどん主張する。
  • プリキュアシリーズ』:映画の中でプリキュアがピンチになったときに入場者プレゼントを使わせるシーンはある意味お約束
  • アンパンマン』:みんなで歌って踊る作品では観客を踊りに誘うセリフがある。
  • ポケモンの没プロット』:ざっくりいうと『少年時代のノスタルジー』的な展開である。
  • 秘密結社鷹の爪』低予算アニメな為か、劇場版では「予算メーター」なるものが存在。常にリアルタイムで予算の減り具合等が表示され、スポンサー会社の名前や広告等を頻繁に出してそれを補っている。
  • 8時だョ!全員集合』:志村後ろ!


※以下はネタバレを避けて解説することは難しい。


古典におけるメタ発言

  • 『信有奇怪会』(十返舎一九):妖怪見越し入道豪傑・坂田金平の戦いを描いた江戸時代の黄表紙。作中に「イヤモウこの作者ではないが、一句(一九)もございませぬ」というセリフがある。


関連タグ

ストーリーテラー 案内人 カメラ目線
メタフィクション 第四の壁 中の人 大人の事情
台詞 楽屋ネタ

外部リンク

メタ発言とは (メタハツゲンとは) - ニコニコ大百科
メタ発言/ 同人用語の基礎知識

関連記事

親記事

メタフィクション めたふぃくしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタ発言」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6734565

コメント