ピクシブ百科事典

ブラックアニカビ

ぶらっくあにかび

ブラックアニカビとは、アニメ版の星のカービィにおける数々の名言やブラックな表現を与えた名称である。

概要

2001年10月2003年9月にかけて放送された星のカービィを題材としたアニメ版『星のカービィ』(通称アニカビ)。一見アニポケドンキーコングのように全国の子供達に受けるアニメかと思いきや、第一話でそれはひっくり返された。

  • メカメカしいワープスターと思われる機体
  • カービィデデデ大王などの原作キャラは一部だけで性格も異なり(後述)、ほとんどがキャピィと言われるもののアニメオリジナルキャラ。
  • アドレーヌリボンなどヒロイン候補は十分にいたのに、出てきたのはフームという三白眼のキツいアニメオリジナルヒロイン。
  • 初っぱなから羊が魔獣に喰われて骨になるというショッキングな展開

など、大部分はアニメオリジナルで、ゲーム版とアニメ版では全くの別物となっている。
(特にカービィとデデデは、ゲーム版では一人称「ぼく」で若者であるカービィと俺様口調で根っ子は良い奴であるデデデであったが、アニメ化の際にそれぞれ上手く喋れない幼年期みたいであったり、悪行が目立ち言葉遣いも全然違ったりと変更点が多い)

更に社会風刺系や大人にしかわからないネタ、パロディに満ち溢れた話も多い。そのため「和製サウスパーク」と呼ばれることもあり、中でも第49話『星のデデデ』や第89話『星のフームたん』はストーリーもさることながら、当番組やアニメ業界の現状を皮肉ったようなセリフや演出が多く、そのカオスっぷりはもはやアニメ界の伝説となっている。

なぜこんな作風になったのかというと、もともとカービィシリーズは幅広い層に楽しんでもらうことを念頭に置いたコンセプトを持ち、それがアニメにも引き継がれたからである。

カービィの幼児化やオリジナルヒロインであるフームも幅広い層に対しての対応あってのものであり、前者はカービィの人格を固定して一人一人のカービィ像を壊さないために、後者は人間キャラを置いて世界観を壊さないようにするための配慮である。

結果、アニメカービィはゲームを原作にしたアニメの中でも有数の結果を残し、後世のカービィ作品に大きな影響を及ぼす事になる。
主な例としては
  • 一部能力(ウォーター、メタル)。キャラクター(ファイヤーライオン、エスカルゴン等多数)。デザイン(デデデ城、デリバリーシステム)の逆輸入
  • メタナイトのキャラクターの方向性決定、知名度の上昇。
  • ネタ(デビルカービィ、星のデデデ)を与え、カービィの作品の幅を広げる。
などが挙げられ、特にメタナイトはアニメがなければ一敵キャラで終わった可能性も高く、昨今の活躍もなかったかもしれない。

バトルスタイルも、原作に登場する敵キャラをモチーフとした魔獣一話ごとに登場する等、「カービィ版のデジモンシリーズ」とも呼ばれることもあるそうな。

所が、そのアニメを生んだ制作スタジオは2016年3月閉鎖されてしまい、今となっては二度と生まれることのない、幻のアニメとなった。

しかし放送終了からほどなくしてある意味の先輩であるかいけつゾロリがアニメ化され、あちらは制作スタジオがまだまだ現役である。
制作スタジオこそは違えど児童向けでありながら社会風刺や大人にしかわからないネタがあったりパロディに溢れた話などは、まさにアニカビそのものと言える。また、もし、銀行が悪用されたらと言う物語(このシナリオはアニオリ)の『大がねもち』、ローマの休日のパロディである『テレビゲームききいっぱつ』、珍メニューによるランチ客争奪戦を描いた『あついぜ!ラーメンたいけつ』など同一のコンセプトの話もある。

もしもアニカビが再アニメ化するのなら、ヒロアカ七つの大罪のように、それぞれ別の放送局に引っ越して放送するか、アニポケと同じ制作会社が作ったアニメとして、放送するべきである。そしたら、あの作品のように、お茶の間を賑わせてくれることであろう。

関連タグ

星のカービィ アニカビ カービィ
デデデ陛下 星のデデデ 星のフームたん
カラカ=ゾーイ 死んだんじゃないの~☆ ネタナイト
公式が病気シリーズ 
黒い任天堂

関連記事

親記事

星のカービィ(アニメ) あにめばんほしのかーびぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックアニカビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1442

コメント