ピクシブ百科事典

妖星ゲラス

ようせいげらす

妖星ゲラスとは、アニメ『星のカービィ』41・42話に登場する妖星のことである
目次[非表示]

概要

村の占い師『メーベル』が、プププランドに衝突すると予言した妖星。
ある時デデデが、赤く燃えるカービィのようなものに襲われる悪夢を見る。それを不吉に感じたデデデは、夢に出たカービィのようなものが一体何なのかを占ってもらうとメーベルは、カービィではなくデデデの心の奥底に潜む良心だと言う。
その後、フームとメーベルはデデデが見た悪夢の正体を突き止めるため、城にあった天体望遠鏡を使い夜空を観察してみると、赤い星(妖星ゲラス)を発見。
メーベルは望遠鏡でその赤い星を見せ「この星がプププランドに近づいており来週頃には衝突し、この世は滅びる」とデデデに言い放つが、デデデは悪夢の正体がカービィではないと分かった途端安心し、その場に座り込み寝てしまう(夜中の出来事だったため)。
フームたちに「妖星ゲラスは本当にぶつかるの?」と聞かれるとメーベルは「星が衝突するなんてそんな馬鹿な事あるわけないっしょ!」と言うが、不幸にも的中してしまうこととなる。

プププランドの運命

妖星ゲラスは刻一刻と近づき、しまいには太陽より数倍ほど大きく見える位置に来てしまう。
不安が頂点に達した村人たちはカブーのもとへ行き、助かる方法がないか尋ねたが「妖星ゲラスはすぐに衝突する」などといった答えしかもらえず絶望することとなったがそんな中、フームだけは諦めず助かる方法を考えた。
最終的にフームたちやカービィが城から大砲を撃ち、妖星ゲラスの軌道をわずかにずらすことに成功。プププランドは九死に一生を得た。
こうして衝突の危機は去り、占いはデデデが丸焼きになるオチだけが的中する形となった。

妖星ゲラスとナイトメア社

妖星ゲラスの衝突はホーリーナイトメア社の仕業と言われる(41話21分あたりのシーン参照)

関連タグ

星のカービィ(アニメ)
妖星ゴラス
恋せよ乙女

関連記事

親記事

星のカービィ(アニメ) あにめばんほしのかーびぃ

兄弟記事

コメント