ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生きるとは、ある者がを続けること。それ以外に何があろう。

生きる意味

そのあまりに漠然とした問いは様々な作品のテーマになりやすい。
結局は人それぞれが、おのおの生きる意味を探していくしかないようである。
神妙なテーマであるがゆえ、ネタにもなりやすい。

関連タグ

/ 生命 / 誕生日 / 生きろ
/ 死ぬ
哲学 / 人生 / 宗教

人生狂騒曲(モンティ・パイソン)
テリーとドリー(笑う犬)

生きるのがつらい
らんまがかわいすぎて生きるのがつらい

生きる(映画)

生きる


『生きる』とは、1952年に公開された黒澤明監督映画
黒澤現代劇の代表作。主演の志村喬が、ブランコをこぎながら「ゴンドラの唄」を口ずさむシーンが有名である。

あらすじ

主人公は、毎日を死んだように生きる市役所課長の渡辺勘治。
早くにを亡くし、一人息子の成長を生きがいに人生を送ってきたが、その息子もやがて結婚し、息子夫婦から邪険にされるようになってしまった。
それからは絵に描いたようなお役所仕事をこなす日々。公園を作ってほしいという市民の声もたらいまわしにしていた。
だがある日、勘治は自分の体が胃癌に侵されていることを病院で知ってしまう。余命は幾許もなく、勘治は残りの人生ですべきことを模索する。

キャスト

渡邊勘治 - 志村喬
小田切とよ - 小田切みき
渡邊光男 - 金子信雄
渡邊一枝 - 関京子

スタッフ

監督 - 黒澤明
脚本 - 黒澤明 / 橋本忍 / 小国英雄
製作 - 本木莊二郎
音楽 - 早坂文雄
撮影 - 中井朝一
編集 - 岩下広一
配給 - 東宝

データ

公開 - 1952年10月9日
上映時間 - 143分
製作国 - 日本
言語 - 日本語

関連タグ

映画 / 邦画 / 映画の一覧
命短し恋せよ乙女
星のカービィ(アニメ) - 42話で同じことをデデデ大王がやっていた

外部リンク

生きる (映画) - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「生きる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 554573

コメント