ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:私市淳

三騎士さん
ここは我々が!!


概要

かつて敵組織である「ホーリーナイトメア社」と激戦を繰り広げた「銀河戦士団」に所属していた「星の戦士」の生き残り。
劇中では星の戦士の後輩でありながらも心身ともに幼いカービィや、フームをサポートする先輩ポジションである。

部下にはソードナイトブレイドナイトがいる。

性格はゲーム同様に基本的にクールで落ち着いたものだが、時に空気が読めてないような天然ボケな部分も目立つ。

アニメが放送されるまではそれほどメジャーなキャラクターではなかったのだが、以降はゲームでも出番が増え、メインキャラクターとしての地位を確立。また、スマブラシリーズでもX以降私市淳がCVを担当することになった。
ソードナイトとブレイドナイトに関しては、ウルトラスーパーデラックスでメタナイトが召喚する部下として登場するなど、アニメ版がその後のシリーズに与えた影響は大きいといえる。

手に持った剣の名前は「宝剣ギャラクシア」といい、大昔に種族「フォトロン」によって作られた、金属でありながら意思を持ち、話すことができる生命体であり、しかしながらとても強大なパワーを持った人物でなければ触ることすら拒絶される。

経歴

銀河戦士団時代、この頃は多くの仲間もおり、彼らと共に日々ホーリーナイトメアの魔獣軍団との戦いに明け暮れていた。

そんな戦いの最中、ホーリーナイトメア社に奪われたギャラクシアを奪還するため女戦士ガールードとコンビを組み、剣を守護する魔獣キリサキンと戦う。しかし自身がギャラクシアを手にするには未熟であると悟っていた彼女は、ギャラクシアの力に身を焼かれながらもそれをメタナイトに託し、命を落としてしまう。このことで、ガールードの娘シリカから「母を見捨ててギャラクシアを持ち去った卑怯者」と命を狙われることにもなった。

さらにナックルジョーの父親とは互いに背中を預けられる戦友であったが、彼はナイトメアとの戦いの中で連れ去られて洗脳を受け、敵として戦うことになってしまい、やむなくメタナイトは彼を討ち取った。死に際、彼から託されたナックルジョーの写真入りペンダントを、メタナイトは肌身離さず持ち歩いていた。
本意ではないとはいえ、2人もの戦友の命を犠牲にしてしまった事に自身も後悔の念があるのか、ナックルジョーやシリカと相対した時も決して「許してくれ」と言うことはなかった。

その後、戦いの果てに戦士たちは次々と敗れて戦場に散っていき、最終的にメタナイトだけが「星の戦士」のたった一人の生き残り(実際にはメタナイト以外にもオーサー卿など数人生き残りがおり、最終決戦にて登場した)となった。

傷つきながら宇宙を漂流した末、最終的に彼はポップスターに流れ着いた。
表向きはデデデ大王の部下としてプププランドで暮らしつつ、魔獣を使って遊ぶデデデのもとに「いつか次世代の若き星の戦士が魔獣を倒すためにやってくる」と信じ、罪悪感や後悔の念に耐えながらも生きてきた。
そしてその目論見は当たり、メタナイトは、魔獣の存在にひかれてやってきたカービィを立派な戦士へと育て上げるため、厳しくも優しく接しカービィを一人前に鍛え上げていく(pixivではこの様子がパパナイトと呼ばれている)。

また、その裏で、デデデ城の地下で密かに戦艦ハルバードを建造しているなど、ナイトメアへの反撃準備も着々と進めていた。
98話でポップスターがナイトメアに襲撃される中ついに戦艦ハルバードを完成させたメタナイトは、カービィと共に、星の戦士団の悲願であった打倒ナイトメアを目指し、キャピィ族の勇者と共に立ち上がる。

そして最終話にて遂にカービィがナイトメアを撃破。彼の長きに渡る戦いにも終止符が打たれたのだった。

キャラクター

基本的には常識人かつクールで平常心を崩さない人物だが、天然なのか狙ってやっているのか時折笑いを誘うアクションを取ることもあり、番組内でも人気のキャラであった。以下その一例である。

  • 「滅相な。私は陛下の忠実なしもべ、です!」と言いながらデデデの乗った車を坂道から蹴っ転がす(3話)
  • (マイクカービィの爆音で崩壊する城から落ちながら)「これぞ必殺技だ」とマイクカービィの説明をする(31話)
  • (寄生型の魔獣に憑りつかれたエスカルゴンに対して)「もっともっと痛めつけなくては…」(39話)
  • (カービィに関する記憶を失い)「不思議な形をしている」(お前が言うな。しかも城には大体似た体形のワドルディたちが大勢いる)(39話)
  • (劇中アニメの脇役の台詞を録るときに)「やった、あれぞファイアーデデ…しまらないなこれでは」と愚痴をこぼす(49話)。
  • (村で新発売のおまけ入りチョコから自分のフィギュアが出て)「いよいよ私も(フィギュアの)レア物か…」(52話) (さらに、スマブラXの没ボイスに「これで私もレア者か…」というものが存在している)
  • 「(パイの味が)まずい」というコックカワサキの言葉で激怒したパイ魔獣を見てつい「(状況が)まずい」と言ってしまい、激不味パイの直撃を食らう。しかもそのあとさらに2回も「まずい」と言う(57話)
  • 自分で言うのもなんだが、賢い私はある兵器を用意しておいた」(98話の予告)
  • 私がいるから安全とはいえ、星のカービィの運命は…」(99話の予告)
  • デデデ陛下はどこまでアホなのか」とサラッと言う。また、カービィの『ポヨ』言語に対して普通に返答する(100話予告)

このように、クールなのか天然ボケなのか、真面目かバカかはっきりしそうでしないギリギリのラインを行くそのキャラは、見ていると否が応でも印象に残るだろう。
また、高所に居るときが多すぎてアニカビファンの間で低所恐怖症説が有力とされてしまっている。

ちなみに、アニメの中では「カービィの目覚めは予定より200年早かった」と解説している場面があったが、このことから星の戦士ひいてはメタナイト自身も「軽く200歳を越えているのではないか」と噂されている。これを裏付ける台詞として、第98話でエスカルゴンがメタナイト卿を指して「(戦士を)とっくに引退した爺」と発する場面があるが、実際どうなのかは不明。
しかしカービィが寝ているだけとはいえ最低でも200年生きれたり、デデデが300年式典(実年齢不明だが)をしていたり、ナイトメア社が数万年前に設立していたりする辺りから数百歳どころか数千〜数万歳の可能性もありえなくはない。

余談だが、アニメのメタナイトはゲームと異なり基本的に身体にマントを巻いている状態がデフォルトなのだが、前述の高齢疑惑もあり、歳のせいで身体が冷えるからだのと扱われることもある。

ちなみに彼の表情は目の色で分かる。
  • 赤=怒り
  • 黄緑=本気
  • 薄い青=感動
  • 黄色=無表情
  • ピンク=自惚れ
などがある。
1話ではカービィを見た瞬間次々に瞳の色を変えながら思案していた。

実力

凄腕の剣士であり、最強の騎士のみが所有出来る宝剣ギャラクシアの使い手。
カブー曰くギャラクシアがメタナイトの手にあるからこそナイトメア社は宇宙を支配出来ていないとも語られるほど。

3話にてソードビームを撃ったりと実力の高さは窺える……が、彼が直接魔獣と戦うのは極わずか。
また、そうして戦う魔獣は銀河大戦中にかつて戦った強力な魔獣だったり、最強魔獣と称されるような強力なものばかりの為、出番の多さやカービィをよく助けている印象の割には直接戦闘では殆ど活躍しない。

  • 再び合間見えた宿敵の魔獣チリドックを相手にするが、敗れ、魔力を宿す牙で仮死状態に陥いる。(26話)
  • かつての相棒の娘シリカを相手にして腕を負傷。(60話)
  • カービィを助ける為に最強魔獣マッシャーに切りかかるも、あっさりやられる。(40話)

……と、このように意外と直接戦闘では活躍しない。しかし、カービィを救うためにノディを生み出す花相手に挑みかかったり(18話)、デデデの石像を切り捨てたり(31話)他にも細かい場面で周囲を助けたりと活躍シーンもちゃんとある。

しかし、やはり前述した通り最低でも数百歳程度だろうことや、傷つき宇宙を彷徨ったことなどを考えれば、おそらく老いか古傷かで、かつての大戦で魔獣達と戦っていた頃に比べればその実力は大きく衰えているだろうことは想像にかたくない。

そのせいかは不明だが、ゲームのメタナイトが常に自己鍛錬に余念がなく、『メタナイトの逆襲』の時にように自ら率先して戦いに赴くような武闘派かつ行動的なタイプだったのに対し、本作のメタナイトは余程追い詰められた時でなければ戦わないかなり非戦的でキャラクターになっている。

余談だが、3話で披露したソードビームをメタナイト自身がその後の話で用いることはなかった。

アニメ版独自の設定・性格

  • 貴族の官位に当たる「卿」という尊称で呼ばれている。これは他の銀河戦士団幹部も同様。
  • ゲームではカービィとの関係はいまだ謎に包まれ(スマブラXのフィギュア名鑑のメタナイト説明文より)、そのカービィとは幾度も本気で交戦しているライバル的な存在だったのに対し、アニメではカービィと同じ「星の戦士」であり、完全にカービィの味方として振る舞う先輩ポジションに座っている。
  • ゲームのメタナイトがマントを翼に変えることで空を飛べたが、彼は自前の飛行能力は持っておらず(ロロロとラララに運んでもらって飛ぶことはあった)、おそらくマントも普通のマントであると思われる。
  • ゲームのメタナイトには「メタナイツ」という直属の部下達が存在していたが、本作における直接の部下はブレイドナイトとソードナイトのみである。
  • ゲームと違い、本編中1度も素顔を見せることは無かった。それどころか周りからそのことを怪しまれることもツッコまれることも無かった(初期からカービィと不自然に関わろうとするため、エスカルゴンから親戚か何かだと疑われたことはある)。
  • ゲームでは『夢の泉』以降は一貫してデデデ大王とは独立した勢力なのに対し、アニメでは彼への忠誠心こそ皆無だが、一応はデデデ大王の配下である。


パイロット版

  • なお、アニメ本編が作られる2年前に制作されたパイロット版アニメでも登場しているが、そちらではアイスドラゴンマスターグリーン等の敵キャラ達と同様に完全な敵役としての扱いだった。
  • このパイロット版は2000年に作られたものなので、おそらくこの頃は「メタナイト=味方」という設定がまだ定着していなかったのではないかと思われる。
  • 因みに作中ではカービィが吸い込んで吐き出したキャプテンステッチをぶつけられて呆気なく倒されるという情けない場面しか無かった。
  • 一方、本編ではナイトメアサイドのデデデ大王は、パイロット版ではカービィ枠だった(本編同様カービィの存在を根に持ったが後に改心する)。立場は全く違うが、ある意味メタナイトとデデデ大王は立場が入れ替わった様な物である。


関連タグ

星のカービィ(アニメ)
パパナイト メタナイト

メタカビ メタフム

関連記事

親記事

アニメ星のカービィのキャラクター一覧 あにめほしのかーびぃのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メタナイト卿」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メタナイト卿」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 331821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました