ピクシブ百科事典

佐倉双葉

さくらふたば

佐倉双葉とはゲーム『ペルソナ5』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

Git Gud

プロフィール

身長149cm(本人は「150cmある!」と言い張っている)
体重ヒント→0kg<X<1000kg
学年年齢は高1だが高校には通ってない
誕生日2月19日
血液型AB型
星座魚座
コードネームナビ/NAVI(海外版ではOracle)
CV悠木碧
アルカナ・コープ隠者
家族構成佐倉惣治郎(義父)
特技プログラミングハッキングゲーム
クセどこにでもすぐしゃがむ、ネット用語を口に出す
趣味ネットサーフィンゲームアニメ鑑賞
食の好みカレーカップ焼きそば、お菓子。本当は手料理が好きなのだが、多忙な母への配慮から、家事の負担にかからないインスタント食品で満足するフリをしていた。ただ、「とあるカップ焼きそばだけは認める」らしい
理想の恋人像スペックは以下の通り。アウトドア派よりインドア派/人の部屋を勝手に掃除しない/古代にロマンを感じる/歴代フェザーマンの主題歌全部うたえる。
もしも宝くじで7億が当たったら?等身大フェザーマンロボを製作する(ちゃんと動くやつ)。
怪盗団の誰かに一言へ「カップ麺食べた事ないとか、ぶっちゃけ人生の半分損してるぞ。おススメのヤツ用意しとくから、今度アジトで春の麺祭りな!」


概要

怪盗団の天才ハッカー

 プレイヤーの仲間の一人。
 人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つ天才ハッカー。
 ある事件をきっかけに心に深い傷を負い、引き篭もりとなってしまった。高校1年生…の年齢だが、中学卒業扱いになったきり、学校へは通っていない。
 夏休み直前、怪盗団に接触してきたある人物から、改心させてほしいターゲットとして名前が挙がる。

人物

 重度のネットオタクであり、無類のSF好き。
 天才児の名に相応しい頭脳と記憶力を誇るが、その才能と独特な感性故に対人コミュニケーションを苦手とし、学生時代は周囲から浮いていたらしい。
 引きこもりのため、現実では社会復帰するためにジョーカーたちの世話になることも多い。
 生まれつき運動が苦手で体力が無く、引き籠ってからは拍車がかかり、一度体力を使い果たすと数日間は眠り続ける。

 「佐倉」の名字から察しがつく人が多いと思うが、佐倉惣治郎の養子となり彼の世話を受けながら暮らしている。ちなみに主人公は惣治郎の世話になっているだけで、血縁上はもちろん戸籍上でも惣治郎とは赤の他人だが、コープの進行次第では惣治郎と家族のような関係を築くことができる。
 もうお分かりであろう。双葉と主人公もまた赤の他人同士だが、主人公のやり方次第では彼女をポジションに据えることが可能なのだ。そういった嗜好を持っている紳士諸君にはたまらないキャラであると言える。

 しかもオタクキャラであり、そういった方面で彼女の思考・発言に共感を覚えるプレイヤーも少なくない様子である。

容姿

センシティブな作品


 前髪パッツンのストレートなオレンジ系の長い茶髪に、大きな黒縁眼鏡が特徴的な少女。
 自分でカスタムしたワイヤレスヘッドホンを常に装着。
 長袖Tシャツ短パンのファッションの上からモッズコートを着ており、
 足には黒いニーソックスを履いている。
 Tシャツの図柄は、花柄ではなく*(アスタリスク)である。

戦闘スタイル

ナビ


 コードネームは「ナビ」。
 怪盗時の姿はサイバーチックな服と暗視ゴーグルの姿になる。指先が緑色の手袋をはめている。
 覚醒当初は衣装に戸惑っていたが、その後は「私のが一番カッコイイ」と言うほど気に入った様子。
 アニメでは暗視ゴーグルに望遠機能が追加された。

 怪盗団の中では前々作の彼女前作の彼女と同じサポートポジション。
 しかし彼女は肩書き通り天才ハッカーとしての能力も同時に備えており、異世界サーチだけでなくパレス内の電子機器に接続しクラッキングを行うなども可能。現実世界ではネットを使った情報収集を駆使し、現実と異世界の両面から怪盗団をサポートしてくれる。

ペルソナ

センシティブな作品


 初期ペルソナは「ネクロノミコン」。アルカナ属性は「隠者」。
 情報支援・戦闘支援に優れたサポート系のペルソナ。上のガーゴイル像と緑の柄が目立つアダムスキー型のUFOの姿が特徴的。今作の仲間キャラのペルソナのほとんどが「盗む」事に関する人物で、なんらかの罪人だが、宇宙人が地球上の生物を調査する為にUFOで地球人や家畜を拉致・誘拐(キャトルミューティレーション)するとされており、一応「盗む」ことに関するペルソナだという考察も出ている。

 元ネタはクトゥルフ神話に登場した魔術書がモデルとなっている。

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト


 PlayStation VitaおよびPlayStation4専用のダンスゲーム。
 双子の看守によって、ベルベット姉妹のダンスによる姉妹喧嘩に巻き込まれる。

 サブカル好きな双葉らしい、可愛くもユーモラスなダンスが特徴。
 コミュニティストーリーでは、偶然つながったネット通信の相手「ルキア」とコンタクトを取る。

ペルソナQ2


 ニンテンドー3DSで発売のスピンオフゲーム第二弾に参戦。
 モルガナカーの暴走で謎の映画館へと迷い込んだ怪盗団は、そこで自分たちとは違うペルソナ使いの集団「特別課外活動部」と「自称・特別捜査隊」に出会う。

 作中ではひかりに対し昔の自分を重ね、何かと気にかけ話しかける様に。
 また山岸風花白鐘直斗とはメカ好き女子として意気投合したり、天田乾とフェザーマントークで盛り上がったりも。

ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントム ストライカーズ

 P5本編の経験を経て引き籠りからの脱却を目指し鋭意努力中。学校にも少しずつだが通い始めている。
 日本全国で発生しているという新たな「改心事件」解決のため、怪盗団と共にキャンピングカーで旅をするという、彼女にとっては大きな挑戦を行うことになった。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

 紹介映像と最後の切りふだの演出とスピリットで登場。ジョーカーの最後の切りふだ「総攻撃」でモルガナか双葉のどちらかが喋る。

🦑🌱


 スピリッツランクはNOVICE(☆)。憑依されているのはそっくりと言われたインクリングである。ペルソナも「ネクロノミコン」を意識したかアシストフィギュアのワイリーカプセルになっている。ステージもフタバパレスを意識して砂漠繋がりの「いにしえっぽい王国」になっている。アイテムはボス・ギャラガのみ固定。
 紹介映像では、オタクの血が騒ぐのかお馴染みのファイターを見てテンションを上げていた。

スターオーシャン:アナムネシス

ユニット名佐倉双葉(ナビ)
ロールキャスター
武器オーブ
イラストろるあ
実装日2019年10月

 同時実装は芳澤かすみ鏡宮のレナ初のプレイアブル化。
 彼女がネットオタクだからか、一部の技やタレント(スキル)において独自のネーミングセンスを用いている。
 ラッシュコンボは「いいな! 『限界』だ、押すぞ!」というどこかで聞いたことのあるもの。元ネタは「スイッチ」を押すと爆発するが、こちらは自身のペルソナであるネクロノミコンからコロのペイントが施された爆弾を投下し、自分も降りて爆弾を蹴ったら爆発して敵にダメージを与えるという技となっている。双葉自身も爆発で吹っ飛ばされる為、眼鏡のレンズにヒビが入っている。因みに、後の『P5R』で追加された双葉の総攻撃フィニッシュもほぼ同じ演出である(違いとしては「爆弾にコロのペイントが無い」「蹴るのではなく手で叩く」「背景に『Gid Gud (未熟乙!)』と表示される」が挙げられる)。

関連イラスト

コーヒー待ち双葉ちゃん
ペルソナ5 佐倉双葉


エフェクト練習
センシティブな作品


双葉たそ~
センシティブな作品



その他

  • 担当声優の悠木氏はアニメ版ペルソナ4中村あいかを演じている。因みに、悠木氏はペルソナシリーズ20周年特別ラジオに出演(P5枠としてゲスト出演。メインパーソナリティは主人公役の福山潤)した際過去シリーズに出演したことがあるかという質問に対し、中村あいかの名前が出てこずのイメージが強すぎたためか『肉丼屋の女の子』と言っていた。
  • なお、彼女愛用のヘッドフォンは完全受注生産で商品化された。現在は注文受付は終了している。
  • サポート特化ペルソナであるため、怪盗団では唯一総攻撃でのフィニッシュカットインが無い。これを残念に思うユーザーも多かったが、後のP5Rにて無事フィニッシュカットインが用意された。


関連タグ

ペルソナ5 心の怪盗団 純喫茶ルブラン ハッカー オタク 引き籠り
主人公 坂本竜司 高巻杏 モルガナ 喜多川祐介 新島真 奥村春
佐倉惣治郎 一色若葉 明智吾郎 

パオフゥ過去のシリーズ作の登場キャラ。長髪眼鏡な点に加え、諜報技術を特技をしていることや後期ペルソナが同じと共通点が多い。
ちなみに声優は惣治郎と同じである。

ジン:P3における隠者のアルカナで、分析に優れ、眼鏡をかけているなど、共通点が多い。ただし支援型ペルソナは持っていない。

山岸風花久慈川りせP3P4における支援型ペルソナ使い。ただし、アルカナは別(風花は「女教皇」、りせは「恋愛」)。風花とは派生作品で何度か絡んでいる。

中村あいかP4Aでの中の人繋がりのキャラクター。

堂島菜々子:P4での主人公義妹ポジションのキャラクター。

白鐘直斗:P4キャラクター。見た目もパーティ内での立ち位置も全然違うが、メンバーの中で一番の低身長でズボン系のファッションが多い、幼いころに親を亡くして引き取られている(ただし彼女は義父ではなく、祖父に引き取られている)、特撮に強い関心を示しておりネオフェザーマンに興味あり、女性パーティキャラには珍しく女らしさがない姿のペルソナを召喚する(双葉はUFO、直斗は虫の羽がはえた少年っぽい姿となっている)等々、細かいところでは共通点が多い。PQ2では意気投合し、(風花も交えて)理系オタトークをする場面が描かれた。


インクリング:カップやきそば現象。上述の通り、スマブラSPにてP5主人公と共演した。

関連記事

親記事

心の怪盗団 こころのかいとうだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「佐倉双葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27735109

コメント