2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

イカしたボーイ
スプラトゥーン


通称『イカ』。イカのような生命体から人間に近い姿に変身出来る種族。オス(ボーイ)とメス(ガール)が存在する。
極めて多様性に富む、Splatoon世界の主要種族。古くは水棲生物だったが、己の肉体をみずから変貌させて生活の場を海から陸に変え、そして現在では高い水準の知的活動を行うことで、ある種の進化の頂点に上り詰めた。
高い自己顕示能力とナワバリ意識を持ち、ナワバリバトルは彼らの日常にして本能の生命線たるスポーツ。
かつては天敵であるオクタリアン(通称タコ)と「大ナワバリバトル」を繰り広げたと言われる。
器用さや表現能力も高く、高い水準の文化を形成している。

ちなみに第6回フェスのテーマは「イカvsタコ(このときはくら寿司とのコラボ企画)」であり、イカとタコどちらが美味いかをシオカラーズが語り合うというシュールな光景が見られた。

生態

外見

本来の姿はイカ形態であり、個体差があるがおおむね14歳になるとヒト形態に変身することができる。それ以前はその中間のような形態になるらしく、それまでナワバリバトルはおあずけ。
10本のイカ足はヒト型にも引き継がれていて、手足で4本、後ろ髪で4本、ガールは横髪、ボーイは括った髪で2本、合計すると10本になる。
ヒト形態の際には様々な道具やブキ(後述)を扱うことができ、衣服も身につけている。

そのほか、長い耳はエンペラ、八重歯はカラストンビ、目の周りが黒いのはパンクロックのミュージシャンなどがする目元を黒くするメイクを意識したデザインになっている(野球選手のように光の反射による視覚阻害を抑制する効果があると推測され、陸上生活に適応した結果であると思われる)。
数年後では髪型もファッションとして浸透し始めているようで、様々なゲソの形が出始めている。

指先はイカソーメンを意識し断面が四角くなっており、爪もない。
ちなみに本来のイカと同様、骨は存在しない。ゆえに骨折などはしないらしいが、………どうやって体形を維持しているのだろうか。
またイカタコ両方とも、声帯を支える骨を筋肉で代用しているためか、声も若干震えたような感じになる。
ヘソらしきものがあり、サントラであるSplatuneの冊子より「Squid Squadの曲を胎教に使いたい」という記述からおそらく胎生になっていると思われる。

ナワバリバトル

ブキと呼ばれる道具を使ってインクをまき散らす「ナワバリバトル」によって、お互いのナワバリを主張する独特の文化を持つ。
バトル毎にメンバーやチームはランダムに決まるが、各ナワバリやチームの色に合わせてインクの色や体の一部(アタマ)の色を自由に変えることができる。
通常は相手と対照的な色に変化することにより、お互いのナワバリを明確に区別する。

このインクはに相当するもので、ミステリーファイルによれば高濃度で高圧縮する「インク袋」を持ち合わせているが、本来のイカのように自分で吹くことはない。
インク切れになり、補充する時はイカ姿のになり自分のナワバリのインクに潜り、そこから新たなインクを補充するのが正しいやり方なのだが、ブキを使っていないときならインクに潜っていなくても微かずつインク補充ができる。

齢を重ねると装填補充インク量も衰えていくのか、「インクがたまらない」という理由で前線から退いた老イカもいる。
なおインクリングは50才を過ぎた頃から日干しという行動を取り、これによって保存性を高めるが、それによって驚くまでに長生きをするイカもいる。
なお、撒き散らしたインクは数分(ガチマッチの延長戦もを合わせて最長5~6分すぎくらい)ほどすると、空気中の微生物などの活動で綺麗さっぱり消えてしまうらしい。

イカ形態・ヒト形態変化

ヒト形態時の歩行はやや緩慢で、歩行強化ギアでも装備しないと素早く走ることはできない。
しかし、自軍のナワバリの中であればイカに変形して潜ることができ、この状態ではヒト形態時の2倍近い速さでの移動が可能であり、インクの補充、相手から浴びた異色のインクを消すのも自由自在。

自陣以外でイカに変形しても、潜ることはできないがピョンピョン飛んだり、這って進むことができる。ただし他軍のナワバリでは、イカ・人間形態共に足を取られて動作が極端に緩慢になり、少しずつダメージを受ける(相手から撃たれない限りは破裂しない)。
また、バトル中などではイカ状態でインクを勢いよく噴射して空高く飛ぶ『スーパージャンプ』も出来る。

自軍の色でないインクを連続で浴びると身体が破裂してしまうが、その時は自軍のインクが常時充満しているリスポーンポイントそこから復活する。(なお、ヒト形態時にやられると、ブキやギアをばらまいてしまうが、なぜか全裸にはならずにギアごと復活する。)
上述したようにインクの中に潜れるため泳ぎは得意だが、イカであるにもかかわらずなんと水が苦手。泳げないどころか浸透圧の関係で水に入ると溶けてしまう体質になってしまっており、もはや海を活動圏にすることはできない(しかし、ステージにプールがあったり船で海に出て働く者もいたりする)。

文化

イカならではの柔軟性で、大胆な動きと繊細な感情表現とを両立し、全身を使って意思疎通をする。
思考はだいたいが単細胞、楽天的にして享楽的。
文化水準は侮れないレベルで纏まっており、縄張り争奪をナワバリバトルとしてスポーツ・レジャーに昇華させたり、ファッションやダンス、音楽や演奏など「イカしたこと」に夢中だったり、果てはイカ文化を牽引するアイドルまで出現している。

新しいものは割と興味津々に受け入れる風土でもあるため、100年程前に、タコ側がタコ作曲の音楽で挑発的な電波ジャックを行った際は「なんか新しい感じの音楽」と話題になるだけでさして騒ぎにはならなかった。
また、仮に目の前にオクタリアンが現れたとしても後述の因縁など誰も覚えていないため「なんか変わったファッションの人」としか思わない
それ故街がタコで溢れかえったとしても「新しい流行り」と普通に受け入れてしまう。

最近では若者の間でSNSや自撮りがブームになっており、イカした写真を撮る為にイカ型の端末を使っている光景がそこかしこで見られる。
独自の文字の開拓や建築など、人間の文明をなぞるように真似て活動しているものの、知的水準は無視できないレベルで高い。

「カミ様」

インクリングたちの間では「カミ様」と呼ばれる者が存在すると思われており、そのお告げは我々のよく知るファックスのような機械から紙で出力される。
「スプラトゥーン」ではシオカラーズ、「スプラトゥーン2」ではテンタクルズが、そのカミ様からのお告げが出力された事をニュースとして放送する。

そのカミ様が出力する内容はというと、『朝食はどっち派?「ごはん」VS「パン」』や『おにぎりの具といえば?対決「ツナマヨネーズ」VS「紅しゃけ」』などである。
その質問に対し、イカ達は聞かれたからにはなんとなく答えておこうという事で、テーマの二陣営に分かれたナワバリバトルを行う「フェス」というイベントが開催されることになる。

インクリングの歴史

人類の滅亡と軟体世紀の始まり(約12000年前)

西暦2xxx年、地球温暖化や環境破壊の影響により、海面の異常上昇によって、人類が危機に陥る事をある博士が訴えるものの、その訴えに耳を貸すものは存在しなかった。
その博士は愛猫の「ジャッジ」をコールドスリープカプセルに入れ、1万年後に目覚めるように設定する。
そして博士が懸念していたとおり、海面の異常上昇、火山の異常噴火、そして恐らくそれに伴う「生存域の奪い合い(ナワバリバトル)」によって陸の生物はほぼ絶滅。
地上は汚染されて何者も生きていけない世界となった。

この際後のバンカラ地方と呼ばれる地域一帯の人間は火山の爆発でできた地下空洞を発見、その中に逃げ延びる事で絶滅を免れていた。
空洞の中には海水が溜まっており、イカやタコ、クラゲなど様々な海洋生物が繁殖しており、生き残った人間達はそれらを栄養源として大切に扱っていた。
そして「欲望のままに自然を食い潰し、あわや絶滅一歩手前にまで追い込まれた」反省から、優秀な科学者達をリーダーとし、集団生活を開始、生活を支えるシェルターとして大空洞を整備、第二の故郷「オルタナ」と呼び、3Dプリント等でかつての文明の遺産(モアイ等の有名な遺物など)を再現
また、知識や技術が失われないよう、強固なセキュリティを持った「オルタナ内全土を監視し、全ての活動を自動でアーカイブ化する自立思考型記録コンピュータ"イルカ"」を作成する

ある程度時が立ち、科学者の一人がイカの体液から液晶の作成に成功、これは「生物の思考を読み取り、色を変える」という夢のような特性を持っており、地下空洞に張り巡らせる事で懐かしき青空を再現することができるようになり、人類は四半世紀にわたる無機質な岩肌に囲まれた暗黒生活に別れを告げることとなった。

そうして長い年月が過ぎ、ある程度人も増え始めたころ、リーダーとなった科学者達も老いには逆らえず、次代に世界を託すこととなる。才能ある若者を選び、自分達の知識と技術を受け継がせた彼等は優秀で、好奇心が強く、紛い物ではない本物の空を望み、汚染された地球を脱出する事を目指した。

しかし老科学者達の反対を押し切って完成させたロケットの最終テストで悲劇は起こる。
ロケットから発せられた強力なエネルギーを浴びた空を映す液晶が許容限界を超え暴走、崩落し居住区を直撃、ライフラインを直撃するという致命的打撃を受けた事で、今まで必死に命を繋いできた人類は呆気なく滅亡することとなる。

この際崩落した液晶の欠片は、材料が材料故か水溶性であり、オルタナ内部の海水と混ざり合った。
人の思いを長年受け止め続けたこれらの液晶には人類の思念が焼き付いており、その一部が海洋生物達に少しずつ浸透していき、やがて海洋生物達は人類が空に憧れた時と似た感情を芽生えさせる。
その感情は生物を加速度的に進化させ、肺呼吸、高度な運動機能を手に入れ、陸上での生活を可能にさた。
そうして彼等は人間達が使っていた地表に進出し始め、やがて人類がオルタナに降りてきた道を発見、逆に地上に登り始め、遂に念願の地上に辿り着く。

そしてオルタナを脱出した海洋生物達は世界各地に広がっていった。
それ故かバンカラ地方ではイカとタコの間に軋轢が一切ない(他の地方でも合ってないような適当なものだがそれすらない)

各地に散り様々な文化を生み出した海洋生物の中でも、特にイカとタコは他の種より知能が高く、優れている傾向がありそれ故に強い影響力を持っていた
中でも特に繁栄した種族の一つがイカであり、彼らは自分達の時代を「軟体世紀」と名付けていった。

この出オルタナから五千年ほど後、バンカラ地方と呼ばれるようになったこの地で特異な能力を持ったイカが誕生し、彼が預言者として数々の啓示を受け、伝えたことが後の頭足類(頭に足がある生物、つまりインクリング達を指す)の文明の基礎となった。

ナワバリバトルの発祥(約2000年前)

約2000年ほど前、イカ達の間では2陣営に分かれてお互いの色のインクを塗り合うナワバリバトルの原型が行われ始める。
同時代に1万年の眠りから目覚めたジャッジくんはこのナワバリバトルの判定を行うようになった。

イカとタコ、共存の時代(約2000年前~百数年前)

百数年ほど前まではイカとタコは特に争うことなく共存しており、若き日のアタリメ司令とタコワサ将軍もまた友人の間柄であった。

大ナワバリバトルの勃発(100年前)

ちょうど100年前に再び海面の上昇が起きると、残った僅かな土地を巡ってイカとタコの間には軋轢が生じ始め、やがて「大ナワバリバトル」が開戦する。

開戦直後は享楽的で朝が苦手なイカ達に対し、勤勉で朝に強いタコ達が優勢であった。
タコ達は人間の残した技術等もいち早く利用し、戦略タコツボ兵器を建造。
イカの本陣をあと僅かまで迫るが、動力のコンセントがすっぽ抜けるといううっかりミスを犯してしまう。
反対にイカ陣営ではアタリメ司令とカンブリヤ・ブキノサイ(ブキチの祖父)を含む4人からなる「カラストンビ隊」が対タコ用の竹筒水鉄砲型ブキを携えて活躍。
徐々に形勢は逆転し、最終的に大ナワバリバトルはイカ陣営の勝利で幕を閉じる(なお、イカ達の最近の研究によれば「足の数が勝敗を分けた」という説が主流らしい)。

そして、イカの時代へ(100年前~)

大ナワバリバトルを制したイカたちは地上の覇者となり、旧世界の生物であるヒトの文明をなぞるように進化を重ね華やかな文明を築く。
そしてナワバリバトルは時代を重ねるうちに、文明上の「競技」として昇華されていくことになる。
ブキノサイが残した様々な設計図を元に、孫のブキチがナワバリバトル専用のブキを製造するようになり、現代のイカたちはそのブキを手にナワバリバトルに挑むようになった。

New!カラストンビ隊の結成(「スプラトゥーン」ヒーローモードプロローグ)

大ナワバリバトルに敗北したタコ達は地下生活へと追いやられることになる。
地下でドーム状のコロニーを形成してタコたちは生き延びていたものの、やがてエネルギー資源が不足し、ドームの老朽化と合わせてタコ達の生活は困窮していく。

大ナワバリバトルから100年が経った今日、タコの存在はイカ達にすっかり忘れ去られていた。
そんな中、アタリメ司令はエネルギーを求めるタコの不穏な動きを察知し、New!カラストンビ隊を結成。
ホタルアオリを1号と2号とする。
ハイカラシティー地下にあるタコツボバレーで警戒を続けていたが、タコワサ将軍によってシティーの電力源であるオオデンチナマズが盗まれてしまう。
ちょうどその時アタリメ司令の元を訪れたイカの若者(プレイヤー)が3号としてスカウトされ、タコワサ将軍からオオデンチナマズを奪還するために立ち向かうことになる。

New!カラストンビ隊4号の誕生(「スプラトゥーン2」ヒーローモードプロローグ)

New!カラストンビ隊の活躍によってオオデンチナマズが奪還され、ハイカラシティーに戻った。

しかし、その後再びオオデンチナマズが、シオカラーズのアオリとともに忽然と姿を消すという事件が起きる。
アタリメ司令と3号が遠征で不在という状況上、助太刀が必要になったホタルはハイカラスクエアで見かけた、他とは違う目をした若者(=「スプラトゥーン2」プレイヤー)をNew!カラストンビ隊の4号とし、ともにこの事件に挑むことになる。

New!カラストンビ隊新司令と新3号の誕生(「スプラトゥーン3」ヒーローモードプロローグ)

2の事件後アタリメ司令が完全に引退したことを機に数多の活躍をしてきた3号がカラストンビ隊の司令に昇格
それと同時期、インクリング発祥の地、バンカラ地方にて、オオデンチナマズが行方不明となる事件が発生したことで、アタリメ元司令は黒幕に当たりをつけ、単身バンカラ地方へ向かい、ジャンク回収で生計を立てており最近ようやく上京した若者をスカウト、新3号とし、彼と共にオオデンチナマズの捜索、及び、バンカラ地方に古くから存在する謎のクレーターが謎のケバケバしい毛の生えたインク、ケバインクが大量発生している原因の調査に赴く
調査を進める中、黒幕と思われていた前回、前々回の黒幕DJタコワサ将軍の強襲を受ける。
なんでも彼の部下達が忽然と姿を消しており、その犯人がアタリメ元司令達だと思い込んでいるらしい。

なんとか迎撃に成功するも、お互いがお互いの事件について何も知らない事を把握、直後クレーター最深部の地面が崩落、大量のケバインクが噴き出し、タコワサ将軍とアタリメ元司令が浚われ、新3号のヒーローギアが破損してしまう。

そうして落ちた謎の地下世界「オルタナ」でNew!カラストンビ隊と合流した新3号はアタリメ元司令のGPSを頼りに彼の捜索を開始する。

名称

「インクリング(Inkling)」は、Ink(インク)に「~に属するもの、~の種族」を意味する接尾辞-lingをつけた造語である。
元々は、イカに属する者という意味合いで、イカに接尾辞-lingをつけて「イカリング」とするダジャレをやるつもりだったらしいが、主人公そのものを表す要素はできる限り全世界で同じ言葉で表現するという任天堂の方針から、日本語話者にしかダジャレの意図が理解できないイカリングは没にして、日本人でも英語圏の住人にも通じる「インク」という言葉を使ったインクリングになったと言われている。
(ちなみに主人公そのものを表すわけではない要素については、各国向けにローカライズされた固有名詞が使われている。具体例ではシオカラーズの記事あたりを参照)

もっとも、この名称が発表されるまでユーザーは「イカ」「イカちゃん」などと呼んでおり、ひいては開発スタッフも「イカ」と呼んでいたため、スマブラ参戦までは『社長が訊く』で苦笑が出るほど知名度の低い名前になってしまった。それ故、「ニャニャニャ!ネコマリオタイム」にてクイズになったことがある。

2018年までに発売されたamiiboの商品名も、日本では「ガール」「ボーイ」「イカ」であり、「インクリング」の呼称はついていない。
海外ではamiiboは「Inkling boy/girl/Squid」という名称で売られており、結果として日本国内よりは一足早くインクリングという名称が定着している。

日本国内で「インクリング」の名前の知名度が高まったのは2018年に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の存在が大きい。当作ではスプラトゥーンのキャラクターが「インクリング」名義で参戦している。そしてスマブラSPはそれまでのスプラトゥーンシリーズをはるかに超えるヒットを記録した化物タイトルである。そういうわけで、今までスプラトゥーンシリーズに触れたことのなかったライトユーザーたちに「インクリング」の名前が浸透したのだ。
そんなわけで、スプラトゥーン3以降に発売予定となっているamiiboは日本でも「インクリング」「オクトリング」名義になっている。

外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL


ファイターとして参戦。

スプラシューター」「スプラローラー」「パブロ」「バケットスロッシャー」「ホットブラスター」「スプラッシュボム」などのブキを使い、相手ファイターをフィールドごとインクまみれにして勝利を狙う。

詳しい解説はインクリング(ファイター)を参照。

関連項目



イカワイイカ

Eyes of the Storm




  • 佐倉双葉:初代メインカラー版と見た目がそっくりで、スマブラSPのスピリット戦ではインクリング(1Pのガール)に憑依している。


  • テラスクイド:遠い未来の生命の進化を予想した作品『フューチャー・イズ・ワイルド』に登場する、陸に進出したイカの子孫。その一種スクイボンは高い知能を持ち、見方によってはインクリング(の様なイカ型知的生命体)の先祖とも取れなくは無いが、こちらは2億年後の生命体である。

関連記事

親記事

スプラトゥーン すぷらとぅーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「インクリング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「インクリング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38383592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました