ピクシブ百科事典

インクリング

いんくりんぐ

スプラトゥーンに登場する「イカ」の正式名称。
目次[非表示]

概要

イカしたボーイ
スプラトゥーン


通称『イカ』。イカのような生命体から人間に近い姿に変身出来る種族。オス(ボーイ)とメス(ガール)が存在する。
極めて多様性に富む、この世界の主要種族。古くは水棲生物だったが、己の肉体をみずから変貌させ、陸に上がる能力を体得し、現在では高い水準の知的活動を行うことで、ある種の進化の頂点に上り詰めた。
高い自己顕示能力とナワバリ意識を持ち、ナワバリバトルは彼らの日常にして生命線。かつては天敵であるオクタリアン(通称タコ)と「大ナワバリバトル」を繰り広げたと言われる。
器用さや表現能力も高く、高い水準の文化を形成している。
14歳になれば、ナワバリバトルへの参加資格が得られる。

ちなみに第6回フェスのテーマは「イカvsタコ(くら寿司とのコラボ企画)」であり、イカとタコどちらが美味いかをシオカラーズが語り合うというシュールな光景が見られた。

生態

本来の姿はイカ形態であり、個体差があるがおおむね14歳になると人型に変身することができる。それ以前はその中間のような形態になるらしい。
10本のイカ足は人型にも引き継がれていて、手足で4本、後ろ髪で4本、ガールは横髪、ボーイは括った髪で2本、合計すると10本になる。

ブキを使ってインクをまき散らすゲーム「ナワバリバトル」にてお互いのナワバリを主張し合う独特の文化がある。
髪色はバトルで組み合わせメンバーが決まり、各ナワバリの色に合わせて自由に変化させることができる。相手と対照的な色に変化することにより、自分と相手のナワバリを明確に区別する。
そのほか、長い耳はエンペラ、八重歯はカラストンビ、目の周りが黒いのはパンクロックのミュージシャンなどがする目元を黒くするメイクを意識したデザインになっている。
指先はイカソーメンを意識し断面が四角くなっており、爪もない。
ちなみに本来のイカと同様、骨は存在しない。ゆえに骨折などはしないらしいが、………どうやって体形を維持しているのだろうか。

スミ(インク)を使ってナワバリを誇示するという習性を持つ。ミステリーファイルによればインクを高濃度で高圧縮する「インク袋」を持ち合わせているようだが自分でスミを吹くことはない。
インク切れになり、補充する時ははイカ姿のになり自分のナワバリのインクに潜り、そこから新たなインクを補充するのが正しいやり方なのだが、インクも何もないエリアでイカ姿になって、そのままか這ったりすると微量だがインク補充ができる。

齢を重ねると装填補充インク量も衰えていくのか、「インクがたまらない」という理由で前線から退いた老イカもいる。
なおインクリングは50才を過ぎた頃から日干しという行動を取り、これによって保存性を高め、中には驚くまでに長生きをするイカもいる。
なお、撒き散らしたインクは数分(ガチマッチの延長戦もを合わせて最長5~6分すぎくらい)ほどすると、きれいさっぱり消えてしまうらしい。

ヒト形態では人間のように物を扱うことができるが、歩行はやや緩慢で、歩行強化ギアを装備しないと素早く走ることはできない。
しかし、自軍のナワバリの中であればイカに変形して潜ることができ、この状態ではヒト形態時の2倍近い速さでの移動が可能。インクの補充、相手から受けたインクを消すのも自由自在。

自陣以外でイカに変形しても、潜ることはできないがピョンピョン飛んだり、這って進むことができる。

自軍の色でないインクを連続で浴びると身体が破裂してしまうが、その時は自軍のインクが常時充満しているリスポーンポイントが設けられており、撃たれた時はそこから復活する。(なお、ヒト形態時にやられると、ブキやギアをばらまいてしまうが、なぜか全裸にはならずに復活する。)
イカではあるがカナヅチで、水に入ると溶けてしまう。浸透圧の関係らしい。

自軍以外のナワバリでは、イカ・人間形態共に動作が極端に緩慢になり、少しずつダメージを受ける。相手から撃たれない限りは破裂しない。

イカならではの柔軟性で、大胆な動きと繊細な感情表現とを両立し、全身を使って意思疎通をする。
思考はだいたいが単細胞、楽天的にして享楽的。ナワバリバトルをレジャーとして昇華させたり、ファッションやダンスなど「イカしたこと」に夢中だったり、果てはイカ文化を牽引するアイドルまで出現したりと、知的水準は無視できないレベルで高い。

名称

「インクリング(Inkling)」は、Ink(インク)に「~に属するもの、~の種族」を意味する接尾辞-lingをつけた造語である。

この名称が発表されるまでユーザーは「イカ」「イカちゃん」などと呼んでおり、ひいては開発スタッフも「イカ」と呼んでいたため、『社長が訊く』で苦笑が出るほど知名度の低い名前になってしまった。
一応名称については「ニャニャニャ!ネコマリオタイム」にてクイズになったことがある。

amiiboの商品名も、日本では「ガール」「ボーイ」「イカ」であり、「インクリング」の呼称はついていない。

海外では「Inkling boy/girl/Squid」なので日本よりはちゃんと浸透することだろう。

関連項目



イカワイイカ

Eyes of the Storm



pixivに投稿された作品 pixivで「インクリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15003140

コメント