ピクシブ百科事典

ダイオクタ

なんじゃこのたこ

ダイオクタとは、「ゼルダの伝説」シリーズに登場する敵キャラクターである。(メイン画像は『風のタクト』)
目次[非表示]

ダイオクタとはゼルダの伝説に登場する敵キャラクターである。
作品ごとに外観の違いはあるものの、いずれも主人公をはるかに上回る巨躯を以って圧倒する中ボスとしての役割を有する。

登場作品

時のオカリナ

子供時代、ハイラルの三つの精霊石をめぐる最後のダンジョン「ジャブジャブ様のお腹」で出現。
ゾーラのサファイアを取り戻したルト姫を捕らえ、直後にリンクを抹殺すべく現れる。
フィールドは狭いドーム状で中心が柱のようにせり上がって登れなくなっており、ドーナツ形になった通路を巨体を生かして押し進んでくる、逃げ場のない典型的なステージ。
さらに巨体に似合わずスピードもあり、子供時代のリンクでは走って追いかけても追いつけない。
デクの実を使えば一瞬マヒさせられるが、直後に逆走して体当たりをかましてくるからたまらない。
この一見正攻法ではかないっこない相手を攻略するには、同ダンジョンのキーアイテムである「ブーメラン」を活用する必要がある。
まずダイオクタの進行方向を逆走し相手を待ち受け、前方から来たダイオクタに対しブーメランをぶつけて麻痺させる。因みにこの場合、効果時間はデクの実の2倍。
その隙にZ注目を行いマーク。麻痺から回復したダイオクタは混乱して回転し始めるので、再びブーメランを放つ。
すると、ダイオクタはリンクに対し、正面か背後を向く。この背後を向いたときに攻撃を仕掛けるのだ。
正面を向いた場合は再度ブーメランをぶつけて繰り返す。うまくいけばノーダメージで攻略できる。

関連タグ

時のオカリナ 風のタクト

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイオクタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6346

コメント