ピクシブ百科事典

ジャブジャブ様

じゃぶじゃぶさま

『ゼルダの伝説時のオカリナ』などに登場するキャラクター。 (メイン画像奥の巨大生物)
目次[非表示]

概要

『ゼルダの伝説時のオカリナ』で初登場。ゾーラの神として崇められているゾーラの里の水源地であるゾーラの泉にいるクジラ型の巨大な精霊。
体内はダンジョンになっており、誤飲してしまったルト姫救出のために入ることとなる。ダンジョン内の敵はほとんどがここにしかいない敵ばかりでほとんどがダンジョンアイテムのブーメランか飛び道具を使わないと攻撃した時にダメージを返されるという厄介な性質。『パートナーと同行するダンジョン』の類でルト姫を持ち上げることで連れていく事ができる。中ボスはダイオクタ、ボスはバリネード

大人時代ではゾーラの里が凍り漬けになった際に行方不明になっている。

『ゼルダの伝説ふしぎの木の実時空の章』にも登場。今度はゾーラの里は海の底にあり、彼もここにいる。
今では海が汚染されているため、ジャブジャブ様も死んでいる。昔に飛び込んで海を浄化すると、ジャブジャブ様が死ぬのを未然に防ぐことができ、体内に入ることができる。ちなみに昔ではまだジャブジャブ様が子供であるため、体内には入れない。こちらは『時のオカリナ』の『水の神殿』のように水位を上げ下げしながら進んでいく。中ボスはアングラー、ボスはプラズマリン。

余談

えらがなかったり刀状の胸鰭があったり、身体に対して尾びれが水平に倒れていることから本来ならクジラと表現するのが正しいはずだが、ゲーム内や設定資料では「魚」ということになっている(ただし、顔には種にもよるが魚の特徴である鼻の穴がある)。
とはいえ、クジラも生物学が進んでいなかった時代は魚として扱われていたし、『夢をみる島』のかぜのさかなもクジラ型だったのであながち間違ってはいない。

『時のオカリナ』の裏ゼルダでは体内の所々に牛が埋め込まれており、それがスイッチになってると言うシュールな事になっている。

ムジュラの仮面3D』ではチャプチャプ様というジャブジャブ様をそのまま小さくしたような魚(クジラ?)が登場している。

風のタクト』ではジャブーという良く似た存在が登場しており、あちらは頭に提灯がある事からチョウチンアンコウであり、正真正銘の魚である事が窺える。

関連タグ

時のオカリナ ふしぎの木の実
ゾーラ
かぜのさかなナリシャ:ゼルダの伝説シリーズのクジラ型精霊仲間。この二体はナガスクジラ型なのに対し、ジャブジャブ様はマッコウクジラ型という違いがある。

クランカー:そっくりさん。あちらは魚と表現のが正しいはずだが、「クジラ」と明言されているというジャブジャブ様と正反対の一面がある。

関連記事

親記事

時のオカリナ ときのおかりな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャブジャブ様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32472

コメント