2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説 時のオカリナ』に登場するボスモンスター。
「こども時代」における2つ目のダンジョン「ドドンゴの洞窟」のボス。肩書は「猛炎古代竜」。
外見はトリケラトプスのような角竜に近い。戦闘ステージは四方を岩壁に囲まれ、中心に溶岩が湛えられたドーナツ状の足場。

恐竜型モンスターであるドドンゴの王であり、通常のドドンゴよりも規格外に大きい。ナビィ曰く「なんでも食べちゃう」らしいが、ゴロン族のように岩も食べるのかは不明。しかし、ドドンゴの洞窟の岩には「特上ロース岩」と呼ばれるゴロン族にとって大変美味なものが存在するため、そんな場所に生息していることを考えるとやはり岩を食べるのかもしれない。口から放つ特大の火球が武器。

攻略方法は

  1. キングドドンゴが炎を吐こうとした瞬間を狙って、爆弾を投げ込む
  2. 体内で爆弾が爆発して気絶するので、その隙に攻撃
  3. 起き上がって転がりながら体当たりを仕掛けてくるので、それをよける
というのが基本である。攻撃をよけること自体は難しくないため、ノーダメージで倒すことも比較的容易である。

最終的にはダメージのためかよろけて自ら溶岩に落ちてしまい、身体が徐々に炭化するという生々しい過程を経て、そのまま絶命する。通常のドドンゴやベビードドンゴは倒すと自爆して吹き飛ぶのに対し、キングドドンゴは首から上が溶岩から突き出した状態でそのまま残る。この死体がそのまま残るボスモンスターは、ゼルダの伝説シリーズの中では比較的異例である。

しかし、爆弾を何度も腹の中で爆発させられているというのに、それが直接の死因でないというのはある意味すごい。

なおこのダンジョン「ドドンゴの洞窟」は、かつて存在した超巨大ドドンゴの死体という説がある。実際、洞窟の天井には巨大な脊髄と肋骨が確認でき、さらに洞窟内部にはやはり巨大なドドンゴの頭蓋骨がある。ボスとして登場するキングドドンゴはそれらよりは小型である。
また3DS版の公式ガイドブックにて、本来ドドンゴの洞窟の守護神的存在だったのが、暴走したものであることが明かされている。

ドドンゴ

古代生物ドドンゴ。キングドドンゴと違い後脚がなく、前脚だけで這い回る、火を吐く怪物。倒すと少しして爆発する。
ちなみにボム袋はドドンゴの胃袋を素材に作られている。
また、この個体は続編のムジュラの仮面にも登場する。

ベビードドンゴ

古代生物ドドンゴの赤ちゃん。脚部が無く、地面を這って移動する怪物。倒すと少しして爆発する。
突然地面から現れて集団で襲い掛かってくるので要注意。
ちなみに神々のトライフォースおよび神々のトライフォース2コドンゴというドドンゴの子供と目されるモンスターが登場しているが、彼らが成長した姿なのかは不明。

ゼルダ無双では

「無双」では巨大魔獣の一種として、ドドンゴを差し置いて登場。
グラフィックは時のオカリナのものをベースに一部変更しており、体色は黄色、背中の鉱物は赤色となっている(ちなみに開発段階の映像では時のオカリナと同じ姿だったが、下記のとおり没になったわけではない。)
行動は火炎放射、前転突進といった「時のオカリナ」と同様の行動の他、地ならしや咆哮が加わっている。
口の中が弱点なのは同じで、爆弾を食べるとダウンしウィークポイントゲージが出る。

ストーリー中では冒頭のシナリオで、ウィズロに召喚されて登場。その後、時のオカリナ世界でもウィズロに召喚されている(召喚された場所が場所だからか、他のシナリオと違って時のオカリナと同じ姿をしているが、行動等は通常の個体と変わらない。)これと別に、ゲルド砂漠にもともといた魔物たちの首領の1体としてガノンドロフ軍に襲い掛かる。

黒の魔女シア編によるとヴァルガとともにオルディン火山に暮らす竜族の生き物であり、シアが襲撃した際にヴァルガによって2体召喚されている。

緑衣の少女編ではラスボスとして登場。ガノンドロフに支配されていた魔物だが主が倒れたことで凶悪な本能のまま暴走する。リンクルは「魔物たちの王」と推測しており、通常の個体よりも強い。

リンクとゼルダはマスターソードを封印するためにハイラル城を去り、異世界の仲間たちもそれぞれあるべき場所へと帰っていた。その間隙を突くように暴走した多数の魔物と共にインパたちを強襲する。先の戦いで疲弊していた彼女たちを追い詰めるがリンクルの活躍によって戦況を覆される。
ガノンドロフの配下だけあって暴走によって絶対的な防御力を獲得していたが、リンクルが持つ不思議なコンパスの力によって無効化。死闘の末、ガノンドロフの置き土産は「もう一人の勇者」によって葬られた。

余談

神々のトライフォースから数百年後を描いた漫画『リルトの誓い』には、恐怖王ハギスが登場する。
元々は砂漠の盗賊だったが、ガノンの配下となり勇気のトライフォースを手にしたことで力を得、以後は恐怖王を名乗るようになった。
ハギスは自分がハイラルを支配するという野心を秘めており、最終巻では復活したガノンを裏切って再封印してしまう。
そこへ主人公リルトたちが駆け付け、最後の戦いを演じる。ハギスは強化アイテムによって超人的な強さを誇っていたが、リルトが持つマスターソードから離れた剣ビームによってアイテムを破壊され強化を解かれる。
最期はリルトとの一騎討ちとなり、死闘の末にガノンの置き土産である恐怖王は「もう一人の勇者」によって討ち滅ぼされたのだった。

「ガノンが封印された後で展開されるラストバトル」「その時に戦う相手がガノンの配下であり、王(キング)の名を冠する者」「自己強化によって主人公たちを寄せ付けない力を振るうが、主人公が所持する物によって無効化される」
などなどゼルダ無双のキングドドンゴ戦と類似点が見られる。

関連タグ

ゼルダの伝説 時のオカリナ ゼルダ無双
ドドンゴ
ベラ・ダーマ:行動や攻略法など、キングドドンゴのオマージュらしき部分が見受けられるボスモンスター。

ガノン:かぢばあたる著「神々のトライフォース」に登場するガノンは、トライフォースの願いによって絶対的な防御力を獲得しているという設定。しかし仲間たちの声援によって真の力を解放したマスターソードの前に敗れる。などなどゼルダ無双のキングドドンゴ戦と似たシチュエーションである。

関連記事

親記事

時のオカリナ ときのおかりな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3861

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました