ピクシブ百科事典

ブキチ

ぶきち

ゲーム「Splatoon」シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

インクリングたちがバトルに用いるブキを取り扱う武器屋「カンブリアームズ」の店主。
モデルはカブトガニで、双眼鏡のようなデザインのメガネをかけている
(夜遅くまでブキいじりをしていたため極度の近眼になってしまったそうである)。

イカたちがナワバリバトルやガチマッチで使うブキは基本的に
カンブリアームズを経由して購入されたものである。
ただし、ブキチが好き勝手に作っているわけではなくレギュレーションを制定する部署が
別にあり、そのレギュレーションに沿ってブキの性能やスペシャルは設定されているようだ。
(「2」でスペシャルが刷新されたのはこのレギュレーションの変更による)

三度の飯よりブキが好きなブキマニアであり、情熱を持って仕事をしているものの
それ故についつい熱が入りすぎて早口で長い解説をまくし立てたりする事もある。
ブキチがブキの話になるとこうなるのはイカの間では有名なようで、
シオカラーズテンタクルズの二人にも言及されている。

ブキを使いこなせいないであろう、イカしてないイカには売らないという職人気質を持ち、
ブキチからブキを買うにはそのブキに見合ったランクが必要になる。
また、購入する前に試し撃ちが出来るサービスも行っており
実際に撃ってみて自分に合った使い勝手のブキを選ぶことが出来る。

「初代」「2」両方でヒーローモードに絡んでおり、
「初代」では散逸した祖父の設計図を彼に渡す事で新たなブキが購入可能になる。
「2」では彼が作成した実戦使用可能な兵器を貸与してくれる。

Splatoon2では

1→2の間でハイカラスクエア内、エスカベースに本店機能を移動しカンブリアームズ二号店を構えた。
前作同様ブキの販売を行っているが、相変わらず見合ったランクがないと売ってくれない。
試し撃ちなどのサービスもそのままで営業している。

ブキへの愛は変わっていないどころか深まる一方であり、
新たなシステムとしてブキチのブキ説明を全部いっぺんに聞けるようになった。
(詳しい説明→もっと詳しい説明で聴くことができる)

ヒーローモードでは「New!カラストンビ隊」の4号となったプレイヤーに
開発中の試作ブキを貸出しており、ナワバリバトルでの使用認可に必要な実戦データを
集める見返りとして自由にこれらのブキを使わせてもらえる。
全ステージをそのブキでクリアすることでデータが集まるのだが、実際に使用したプレイヤーが知っての通り既存武器と比較してあまりにも強力すぎたためか許可が下りなかったそうで、通常ブキと同性能で見た目だけ変えた「レプリカ」がブキ屋のラインナップに追加される。

本編では全く語られていないが1ではアタマ屋の店員であったアネモをいつの間にか雇い入れていたらしく、1の時にブキのデコ作業を外注していたことが2発売前の連載シオカラ小説で語られており、2発売後のアートブックには「外注していたデコ作業を内製にした」という話があり、カンブリアームズのイラスト内にもアネモと思われる特徴的なアタマが描かれている。

設定など

祖父はかつてイカとタコの間で起こった「大ナワバリバトル」で活躍した伝説の部隊、
「カラストンビ隊」に所属していたカンブリア・ブキノサイ。
(古い写真でアタリメ司令の後ろに写っているブキチによくにた人物が恐らくブキノサイである)
ブキノサイが設計・製作した対タコ用ブキが竹筒銃であり、その設計図を元に
復刻したものがゲーム中で使える「14式竹筒銃」シリーズのブキである。
シューターなど他の武器種に関してもブキノサイが既に原型を考案していたらしく、
試作型の図面という形で見ることができる。

「ここからはビジネスの話になるでし」という台詞にある通り商売にも全力で、カンブリアームズどころかブイヤベース全ての地主であるという設定でかなりのお金持ちであることが解かる。
さらに、2でのカンブリアームズ2号店は1の追加ブキであったブキチセレクションで得た収入を元手にオープンしており、商業的にも成功している。

名前の由来

ブキ(武器)+基地、男性の名前に使われる「吉(きち)」のダブルミーニングと推測される。また性格から偏執狂としての「キチ」、また設定から比喩的にお金のことを指す「諭吉」とも考えることができる。

カンブリアームズという店名と祖父のカンブリア・ブキノサイのネーミングは
古生物が爆発的に増加した時代「カンブリア紀」から。

関連タグ

splatoon カブトガニ ブキ
ミニオン・・・容姿が似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブキチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654053

コメント