ピクシブ百科事典

たぬきち

たぬきち

たぬきちとはどうぶつの森シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

どうぶつの森シリーズに登場するキャラクター。とびだせどうぶつの森まで皆勤賞。とびだせ以外の作品では村の店の主人であるがとびだせ、では店を弟子たち(?)に任せ不動産屋になっている。ハッピーホームデザイナーでは不動産屋「たぬきハウジング」に入社した主人公の上司となる。口癖は「だなも」

どの作品でも共通しているのは家を決めずに引っ越してきたプレイヤーに家を売ってくれる役割である。その際にとびだせ以外ではお金のないプレイヤーにアルバイト(という名の事実上のチュートリアル)をさせてくれる(ちなみにとびだせでは「アルバイトなんかするより自分で稼いだ方が早い」と旧作のアルバイトを否定するかのようなことを言っていたりするが)。その後アルバイトで払いきれなかった分の家の代金については、自分で稼いで郵便局で振り込んでいくことになる。一応、これに対しての時間制限などはない。

家の代金を払い終わると増築が可能になりこちらも同様に代金はローンという形で振り込んでいくことになる。ある意味ではどうぶつの森の第一目標は「たぬきちに借金を返す」という風に言っても過言ではない。

そのほか、とびだせ以外では店の主人ということで家具や壁紙など(当初の作品では服などもたぬきちが売っていた)をプレイヤーに売ってくれたり、逆にプレイヤーがいらない家具などを買い取ってくれたりもした。最初たぬきちの店は商店であるが、プレイヤーの購入金額などにより、コンビニスーパーデパートと徐々に大きくなっていき、扱うことができる商品の数が増えていく。また、デパートになると彼の弟子のまめきちつぶきちが登場する。

とびだせでは店の役割はまめきち、つぶきちに譲り、本人は不動産屋として家のリフォームなどを請け負ってくれるようになる。

e+では夜中に叩き起こされることがあったり、初代ではほぼすべての商品を扱わなければならなかったりという意味でまったり暮らしている住民ばかりのどうぶつの森シリーズに於いてはかなりの苦労人であると思われる。
…が、とびだせではプレイヤーが苦労して栽培した花壇や果樹園や苦労して整備したマイデザイン道路を新たな住人の引っ越し予定地として潰してしまうため、基本的には憎まれ役である。
タヌキインパクト

劇場版どうぶつの森では、龍田直樹が声優を勤めた。

関連イラスト

目玉商品
春の身体測定


関連タグ

どうぶつの森 たぬき まめきち つぶきち タヌキインパクト

pixivに投稿された作品 pixivで「たぬきち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368996

コメント