ピクシブ百科事典

銭ゲバ

ぜにげば

ジョージ秋山による漫画。また、それを原作とした映画、ドラマ。
目次[非表示]

概要

貧しい生い立ちと幼少期のトラウマから金に執着する男、蒲郡風太郎の半生を描いた作品。
週刊少年サンデー(小学館)にて、1970年13号から1971年6号にかけて連載された。

「銭ゲバ」という言葉は本作で作られた造語で、「銭」に昭和40年代の学生の間で度々行われていた「ゲバルト」(暴力行為を用いた権力への反抗・闘争)を合成したもの。
作中では金と権力を手に入れるために次々と殺人を行い、それを隠蔽するばかりか、大企業の社長となって以後は公害を垂れ流し人名を軽視する風太郎の事を指す言葉として使われており、この事から転じて金に汚い人や、金のためなら何でもする人の事を俗に「銭ゲバ」というようになった。

アナザーストーリーとして『銭ゲバの娘 プーコ』『銭豚』の2作品も存在する。
『銭ゲバの娘 プーコ』は、援助交際をするように見せかけて中年男性から金を巻き上げていた女子高生プーコが、母親の自殺をきっかけに出生の秘密を知り、父親である風太郎の屋敷へと乗り込んでいく・・・というもの。
『銭豚』では風太郎は「蒲郡金融」という消費者金融の社長として登場する。
いずれも本作のパラレルワールド的な位置づけであり、直接的な続編ではない。

1970年に唐十郎主演で映画化されたほか、テレビドラマ化されたことがある(後述)。

内容

主人公である風太郎は、水商売の女と遊んでばかりで家に帰ってきもしない父親と、気立ては良いが病弱な家庭に生まれる。
容姿は醜く、更に要領も悪かった為に、同級生にはいじめられ、貧乏なのに付け込んで近所の不良たちには小遣い稼ぎのための盗みをやらされ、その見返りに僅かな金をもらうような生活をしていた。

近所の心優しい青年と母親を心の支えに生きていた風太郎だったが、ある時母が病死。その直後、風太郎は「銭があれば母は死なないですんだ」という思いからか、金の入ったサイドバッグを置き引きしてしまう。
盗みを働いてはいけないと諭す近所の青年であったが、風太郎は弾みで彼を殺してしまう。
以来、彼は誰のことも信じず、唯一信じられるものは銭であり、銭の為なら何でもするという壮絶な人生を送ることになる。

その後都会へ出た風太郎は大昭物産の社長が乗った車にわざと轢かれ、社長一家に取り入る裏で次々と殺人を繰り返し、ついには社長一家を亡き者として会社を乗っ取ることに成功し、社長となる。

後に代議士である神清行に勧められ、県知事選へ立候補した風太郎は政治の世界に蠢く曲者達と渡り合うことになるが、やがてライバルの後ろで糸を引いていた建設会社の社長、大学伸一郎と出会うことになる。
その大学は風太郎の姿をかつての自分と同じであると評し、銭で人を動かすことは悪ではない、最も欲している真実の愛を得るにはまずは自分が人に愛を与えなければならない、と説くのであった。

しかし・・・・・・・・・・・

ドラマ版

2009年1月から3月にかけて日本テレビ系列局他にて放送された。
舞台を放送当時の「現代」に移し、松山ケンイチが蒲郡風太郎を演じた。

銭ゲバケン。



その一方で、内容があまりにもシリアスかつ陰惨すぎたからか、コカ・コーラの日本法人以外のスポンサーが降りてしまい、結果、事実上コカ・コーラ日本法人の一社スポンサー番組として放送された。

その他の出演者はミムラ(現・美村里江)、木南晴夏椎名桔平ほか。

物語の序盤は大幅に改変されており、原作漫画では風太郎の小学生時代から始まるのに対し、ドラマ版では23歳の派遣工場労働者である。
「蒲田合板工場」という工場でしばらく働いていたものの、生産調整により解雇されてしまい、「三國造船」の工場で働くこととなる。
そこで三國造船の社長令嬢である三國緑と再開した風太郎は、三國造船の乗っ取りを目論んで三國家に取り入り、密かに殺人を繰り返しながらやがては三國造船を乗っ取る・・・という筋書き。

関連タグ

ジョージ秋山
守銭奴

関連記事

親記事

ジョージ秋山 じょうじあきやま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「銭ゲバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151332

コメント