ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プロモデラーMG

ぷろもでらーえむじー

ゲーム『スプラトゥーン』シリーズに登場するシューター種のブキの一つ。なお、この項では亜種についても記述する。
目次 [非表示]

概要

ゲーム『Splatoon』に登場するシュータータイプのブキ。

ブキチが経営する武器屋「カンブリアームズ」が、『1』の時期にオクタリアンから鹵獲した設計図をベースに開発したブキ(これは『1』で、ヒーローモードを進めないとこのブキが購入できないことの裏付けでもある)。


モチーフは模型・プラモデル塗装用のエアブラシ。名前の後ろに付けられているMGRGPGもプラモデル由来である。


性能

戦闘能力を犠牲に最高の塗り性能を得たシューター。大雑把に言えば、わかばシューターの火力をさらに落として塗り性能に振り切ったようなブキ。


弾の拡散と塗り能力はトップクラス。ナワバリバトルで1試合1000pt以上獲得することもザラだ。

連射速度も速く、射撃間隔はシューター系で最速かつ唯一の4F。なんとクーゲルシュライバーを除くスピナーと同じ連射速度であり、上手く入ればキル速度も悪くない。


一方この長所はそのまま弱点でもある。

弾のバラつきが非常に大きいため、元の射程が短いこともありかなり寄らないとなかなか当たらない。また単発火力は24とシューター系最低であり、5確を要するため火力の低さはイカんともしがたい。純粋な撃ち合いでは常に苦戦を強いられてしまう。


軽量ブキにあたるプロモデラーは機動性を活かした立ち回りができる。メインで自陣を広げつつ、俊敏かつ縦横無尽に動いてキルを取る立ち回りを心がけよう。


種類

ある夏の日の思い出プロモデラーRGスプラトゥーン2 ( Splatoon 2)

これまでに登場したのは

  • 銀色ボディのオリジナル版「プロモデラーMG
  • 金色ボディのマイナーチェンジ版「プロモデラーRG
  • 熟練の職人が手作業で打ち出し加工を施したプレミアムモデル「プロモデラーPG

の3種類。

それぞれボディカラーからMGが「銀モデ」、RGが「金モデ」、PGが「銅モデ」と通称されることが多い。

銅モデはボディに槌目加工が施され、後部のインクチューブが金属製となる。公式によれば、熟練の職人がひとつずつ丁寧に手打ちで加工したものだという。


スプラトゥーン

名前サブスペシャルランク
プロモデラーMGチェイスボムスーパーショット7*
プロモデラーRGトラップトルネード13*
プロモデラーPGクイックボムダイオウイカ20*

*ヒーローモード3面をクリアすることで、ブキ屋で購入することができるようになる。


銀色の塗装で、苦手な遠距離もカバー可能な戦闘向きのMG、金色の塗装で塗り特化、防戦向きのRGがある。バージョン2.8.0からはジャンプした状態でも地上で撃った時と同じインクのバラけ方に調整された。

ブキチセレクションで追加された銅板を撃ち延ばし加工したプロモデラーPGは、クイックボムでの中距離での塗り能力と攻撃力、そしてダイオウイカでの自衛・突破能力を得たブキ。


スプラトゥーン2

名前サブスペシャルランク
プロモデラーMGキューバンボムカーリングボムピッチャー6
プロモデラーRGスプリンクラーイカスフィア28
プロモデラーPGクイックボムナイスダマ29

ギアパワー「メイン性能アップ」の効果:塗り性能がアップする


ロードアウトがガラリと変化し、PGのサブ以外はすべて差し替わった。

このうち特に注目されたのはRGで、発売初期にイカスフィアが強化された際、「スぺ増を積んで自前の塗り力で速やかにスペシャルを溜め、イカスフィアを連発する」という戦法で一躍ガチマッチ環境入りを果たした。

当然増えすぎたので弱体化を受けたのだが、あろうことかメインの塗り性能が下げられてしまったため、ほぼ無関係なMGもとばっちりを食う形に。そもそも塗り性能が命のプロモデラーから塗り性能を剥奪するという、ブキコンセプトの否定とも捉えられかねない調整は物議をかもした。

現在では塗り性能が戻され、イカスフィアは耐久減の代わりに機動力向上、スペシャル要求ポイントの増加という形で落ち着いている。


途中追加となったPGは、プロモデラーの弱点だった中長射程ブキに対しクイックボムである程度対抗できること、強スペシャルとの評価が多かったナイスダマを高い回転率で投げられることから、主にナワバリでの人気が高い。


スプラトゥーン3

名前サブスペシャルランク
プロモデラーMGタンサンボムサメライド5
プロモデラーRGスプリンクラーナイスダマ18
プロモデラーPG 2023年 1月時点では未実装

舞台がバンカラ地方へ移ったと共に、ロードアウトも一新された。

MGは「塗り確保」・「牽制」・「敵体力を削ぎ落とす」3つ役割を兼ねるタンサンボムと、使い所が限られるがハマれば強く応用も効くサメライドの構成。どちらも直線状に塗りを広げるウェポンであるため動きを読まれやすい欠点があるが、戦況を読んで効果的に使えば射程の短さと低い攻撃力をカバーできる。


RGは塗り兼SPの回転率を上げるスプリンクラー と、制圧力及び塗り力に優れたナイスダマの構成。言いかえれば『2』のRGとPGのいいとこ取りをしたセットだ。攻防共にそつなくバランスが取れており、塗り武器としては理想の組み合わせといっても過言ではないだろう。

その為、フェスになるとオーバーフロッシャー共々出番が増える。


おすすめギアパワー

Splatoon2

  • スペシャル増加量アップ

前述のように、上手く立ち回ればスペシャルを連発できる。


  • メイン性能アップ

ただでさえ強い塗りがさらに強くなる。


Splatoon3

  • サブ効率アップ

長射程が幅を利かせる環境、またマップの構造上対面機会が多くなる今作において、短射程・対面不利なプロモデラーの生命線はサブにある。

タンサンボムによる牽制・SP回転率を上げるスプリンクラー設置のためにも、積んで損はないだろう。


  • スペシャル増加量アップ

RGはこれを積めば脅威の連射力及び塗り力を誇る様になる。


サーモンランでの立ち回り

単発ダメージがシューター中最低とはいえ、連射力の高さからスペック上のDPS(秒間ダメージ)はわかばシューターシャープマーカー等の4確シューターより高い。しかし弾ブレの大きさや過剰ダメージの出やすい威力から実際はトントンといったところ。


オオモノ処理は、火力より連射性能が必要なタワーやハシラ、撃破に塗りが必要なダイバーなどを得意とする。

また優れた塗り性能をイカした足場整備もお手の物。コウモリのアメフラシやシャケの侵攻で崩れてしまった足場を隙を見て塗っておくと喜ばれるだろう。


関連イラスト

プロモデラーしか勝たんナワバリバトルで敵にいると厄介プロモデラーガール


関連タグ

スプラトゥーンシリーズ

スプラトゥーン スプラトゥーン2 スプラトゥーン3


Splatoonのブキ一覧

ブキ種ブキ
シューターわかばシューター/スプラシューター/.52ガロン/.96ガロン/N-ZAP85/シャープマーカー/ボールドマーカー/プロモデラーMG/L3リールガン/H3リールガン/ジェットスイーパー/デュアルスイーパー/プライムシューター/ボトルガイザー/スペースシューター
ブラスターホットブラスター/ロングブラスター/ラピッドブラスター/Rブラスターエリート/ノヴァブラスター/クラッシュブラスター/S-BLAST92
ローラースプラローラー/ダイナモローラー/カーボンローラー/ヴァリアブルローラー/ワイドローラー
フデパブロ/ホクサイ/フィンセント
チャージャースプラチャージャー/スクイックリンα/リッター3Kリッター4K/14式竹筒銃・甲/ソイチューバー/R-PEN/5H
スピナーバレルスピナー/スプラスピナー/ハイドラント/クーゲルシュライバー/ノーチラス47/イグザミナー
スロッシャーバケットスロッシャー/ヒッセン/スクリュースロッシャー/エクスプロッシャー/オーバーフロッシャー/モップリン
マニューバースプラマニューバー/スパッタリー/デュアルスイーパー/ケルビン525/クアッドホッパーブラック
シェルターパラシェルター/キャンピングシェルター/スパイガジェット
ストリンガートライストリンガー/LACT-450
ワイパードライブワイパー/ジムワイパー

関連記事

親記事

splatoonのブキ一覧 すぷらとぅーんのぶきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16164

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました