ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スプラシューター

すぷらしゅーたー

ゲーム『スプラトゥーン』シリーズに登場するシューター種のブキの一つ。なお、この項では亜種についても記述する。
目次 [非表示]

概要編集

スプラシュータースプラシューター(第3世代)

ゲーム『スプラトゥーン』シリーズに登場するシュータータイプのブキのひとつ。


火力・機動力・塗り性能が平均以上に程よくまとまった、器用万能を絵に描いたようなオーソドックスなシューター。対面戦闘も塗り合いもそつなくこなせるスキのなさがウリであり、度重なるモデルチェンジを経てもシリーズ通して人気ブキの座を譲っていない。

プレイヤー間では頭文字を取った「スシ」の愛称で親しまれている。


製造はスプライカ社で、同社が展開する「スプラ」シリーズの一番槍。またこのブキの初心者向けモデルがわかばシューター、上級者向けモデルがプライムシューター、遠距離戦向けモデルがスペースシューターというラインナップになっている。

実は100年前にインクリング(イカ)とオクタリアン(タコ)の間で勃発した大ナワバリバトルで使われたブキが娯楽用にアレンジされて売り出されたものであり、現代のスポーツとしてのナワバリバトルの発展に貢献した記念碑的ブキと評されている。

デザインモチーフ自体は加圧式のおもちゃの水鉄砲で、スプライカ社の本業がおもちゃメーカーであることに由来する。ただ特にポンピングをする必要はなく、トリガーを引くだけで発射できるようだ。


また、スマブラシリーズではファイターとして参戦したインクリングの通常必殺技やその他の攻撃手段として使用されている。


性能編集

プレイヤーが最初に貰えるブキであるわかばシューターと比べると、インク効率という点では劣るものの、射程・射撃精度・攻撃能力は大幅に向上。塗り性能も平均以上は確保されており、全ての能力が平均以上の万能タイプなブキとなっている。


初代『スプラトゥーン』では、基本モデルは緑色のボディをしており、タンク部と銃口を繋ぐパイプはU字に折り返す形で取り付けられていた。

スプラトゥーン2』では大幅なモデルチェンジが行われたという設定で、ボディ部の色は緑・紫・ピンクの3色になり、タンクを固定するバンド部分の形状変更、初代でU字だった部分が取り払われ銃口と直結しているような見た目に変更された。

そしてなんと『スプラトゥーン3』でも過去作から一転のモデルチェンジが行われ、ボディ色が紫・黄土色・青の3色になり、バンド部分が波状のホルダーに変更された。


亜種編集

オクタシューター編集

タコゾネス達が使う形状のブキ。

外観と性能がスプラシューターに似ているが、ボディカラーは黒でU字パイプ部分や銃口パーツは金属製など、耐久性・実用性を重視したタコらしさの出た見た目となっている。


『2』のDLCオクト・エキスパンション』にて、主人公8号が地下実験施設「深海メトロ」を攻略した際、実験用の貸与ブキという形で渡されるメインブキもこのオクタシューターである。

どういう経緯で実験領域外にオクタシューターが置かれていたのかは謎だが、同DLCに登場する施設内では警備用に配置されている消毒済みオクタリアンたちもオクタリアン用のブキを使っているため、おそらくそうした絡みでストックされていたものか。


ヒーローシューター編集

ヒーローモード専用ブキ。モデルがペイントボールガンになっているが、ペイントボールガンも上部のタンクから給弾したペイントボール弾を空気圧で発射するものなので、おそらく動作原理はほぼ同じである。


『2』では見た目が大幅にリニューアルされ、実銃のFN P90そっくりになったが、P90も銃身の上部に取り付けられたマガジンから給弾するという方式で、上から下に向かって給弾されるという今までのデザインに合致するので採用されたものと思われる。


『3』ではまたもや見た目が大幅リニューアル。小型ハンドガンとインクタンクで構成された本体にバレルが取り付けられたような見た目で、現状の最新型。過去2モデルとは違い、ゲージを貯めることでスーパーチャクチが使える。


オーダーシューター編集

『3』の追加コンテンツ「サイド・オーダー」で使用できるブキ。形状は『3』のスプラシューターに近いが、一部パーツが異なる。作中では4号のパレットを使用すると使うことが出来る。

サブはスプラッシュボム、スペシャルはウルトラショットが設定されている。初期状態は貧弱な性能だが、パレットにカラーチップをセットすれば強化できる。


また、構造が近いためなのかバトルのレギュレーションに適合するように、スプラシューターの中身に上記のオクタシューターとヒーローシューター、オーダーシューターのガワをかぶせる事も可能なようである。

これらのブキは条件を満たすと使用可能になる「〇〇レプリカ」シリーズとして登場する。

オクタシューターの方は『2』、『3』共にモデルチェンジの影響を受けていないため、初代と同じ形状。


ゲーム内でのバリエーション編集

スプラシューター祝スプラトゥーン ブキ大幅調整スプラシューター ワサビ

これまで登場しているのは

の7種類。

スプラトゥーンのブキの顔であること、そして「スプラ」シリーズが毎作モデルチェンジしていることもあって特にバリエーションが多く、デザイン違いまで含めると実に14種類を数える。


なお、ヒーローシューターレプリカ、オーダーシューターレプリカは無印の、オクタシューターレプリカはコラボのデザイン違いであり、別ブキとして扱われるがサブスペは同一となっている。


スプラトゥーン編集

いかスプラトゥーンスシワサ将軍LIGHT / DARKタコゾネス

名前サブスペシャルランク
スプラシュータークイックボムボムラッシュ2
スプラシューターコラボキューバンボムスーパーショット4
スプラシューターワサビスプラッシュボムトルネード20
ヒーローシューターレプリカクイックボムボムラッシュ3*¹
オクタシューターレプリカキューバンボムスーパーショット40*²

*¹ amiiboチャレンジ(イカ)でDJタコワサ将軍を倒すとブキ屋で購入することができるようになる。

*² ランクを40にしてジャッジくんに話しかけると入手することができる。


無印はひたすらクイックボムを戦闘に絡めるインファイターで、クイックボム+メイン(いわゆるクイコン)のキルタイムはなんとあのカーボンローラーよりも速い。近~中距離での前線突破が主任務となるため、極めるには状況判断力や観察眼が問われる渋いブキ。


コラボは場の制圧力に長けるキューバンボムに、無印の弱点だった長距離に対応できるスーパーショットの組み合わせ。前衛を基本としながらもポジションを多彩に変えることができるため、ソツが無く非常にバランスの取れた構成といえる。


ブキチセレクション第一弾で追加されたワサビは、汎用性の高いスプラッシュボムと、ステージどこにでも干渉でき、固まっている相手の排除に向いたトルネードという構成。遠近両用なのはコラボと同じだが、ひと味違う戦い方を楽しめる。


ちなみにオクタシューターレプリカはインクの射出音が.52ガロンのような低く鈍いものに変化している。またランク40イカは持っていないブキであるため、集計を取ると同性能であるスプラシューターコラボより少しだけ勝率が高いらしい。


スプラトゥーン2編集

スシボーイすしコラ4号ハチイカガールベッチュー

名前サブスペシャルランク
スプラシュータークイックボムスーパーチャクチ2
スプラシューターコラボスプラッシュボムジェットパック4
ヒーローシューターレプリカクイックボムスーパーチャクチ2*¹
オクタシューターレプリカスプラッシュボムジェットパック‐*²
スプラシューターベッチューキューバンボムマルチミサイル6

*¹ ヒーローモードにて全てのステージをシューターでクリアするとブキ屋で購入することができるようになる。

*² オクト・エキスパンションをクリアすると入手できる。

  • ギアパワー「メイン性能アップ」の効果:ジャンプ撃ちの弾がブレにくくなる、地上うちの弾がブレにくくなる(ver.4.7.0以降)

サブは前作と同じ。スペシャルは前作と大きく変わり、無印がスーパーチャクチで、コラボがジェットパック。

ヒーローシューターレプリカは無印と同じ性能、オクタシューターレプリカはコラボと同じ性能となっている。オクタシューターレプリカは前作とは異なり、音が大きくなった、という意見も。


スプラトゥーン3編集

初スプラトゥーン購入マイイカ新しい3号!

名前サブスペシャルランク
スプラシューターキューバンボムウルトラショット2
スプラシューターコラボスプラッシュボムトリプルトルネード10
ヒーローシューターレプリカキューバンボムウルトラショット-*1
オーダーシューターレプリカキューバンボムウルトラショット-*2
オクタシューターレプリカスプラッシュボムトリプルトルネード-*2

*1 Return of the Mammaliansをクリアすると入手できる。

*2 サイド・オーダーにて各々の条件をクリアすると入手できる。

無印は初代のコラボを意識した構成。あちらと同様、場の制圧力に長けるサブ、塗りが弱くなった代わりに長距離に対応する事ができるスペシャルと、エイム力を重視した構成になっている。

コラボは1のワサビ(トルネードがないので、スペシャルはトリプルトルネードと旧無印=ボムラッシュの要素も混ざったものとなっている)を意識した構成。共にキル性能が高いメイン・サブと、キル性能よりも妨害に重きを置いたスペシャルの組み合わせとなっており、ソツが無く非常に攻防バランスの取れた構成になっている。デザインは2から変更され、ギアブランド「アロメ」のロゴを大きくあしらったものになっている。

シャープマーカーネオとは「トリプルトルネード持ちの短射程シューター」ということでよく比較される。広範囲サブと塗り性能の高いあちらに対し、こちらは即効性の高いサブと対面性能の高いメイン(有効射程が若干長く、また威力も確定3発)が長所である。

しかし、よりによって『最強シューター』と名高いシャープマーカーと競合になってしまった為に一時期はシェアが完全に消失していた(シャープマーカーは初心者が適当に使っても勝てるぐらいにまで強い)。

基本的な立ち回り編集

それなりの連射速度とそれなりの集弾能力を持つ。

バランス型で、どのブキとでもそれなりに戦うことができる。

しかし長距離ブキに対してはかなり弱い。

また初代、2は無印のサブがクイックボムとなっており、遠くで構えている敵には火力不足。

クイックボムは対面で倒しきれなかったときの牽制として使おう。

初代のコラボ、3の無印のサブはキューバンボム。これはメインの弱点をカバーするのに有効だ。遠くで構えている敵に牽制することができる。

初代のワサビ、2・3のコラボはスプラッシュボム。こちらも弱点カバーに有効。また、対面でもかなりの牽制力を発揮する。

ただし、キューバンボムやスプラッシュボムは消費インクが多い。残りインクを考えて使おう。

3のイベントマッチ「ウルトラショット祭り」ではこの武器かクラッシュブラスターでウルトラショットではなくメインで倒す方が流行っていた。尖りのあるブキが多い中でスプラシューターは安定しているため、人口もそれなりに多かった。


おすすめギアパワー編集

インク効率アップ(サブ)編集

消費インクの多いサブを持つコラボやワサビに有効。

カムバック編集

前線ブキのため、キルされる回数が多い。そのため発動する機会に恵まれる。

ステルスジャンプ編集

前線武器なので安全にスーパージャンプできる恩恵は多い。


その他のギアパワーも採用する余地は十分にある。良く考えて搭載しよう。


サーモンランでの立ち回り編集

サーモンラン大好き!!スプラ3サーモンラン続投確定ありがとう!

ダメージの下振れが抑えられている程度で基本性能は通常のバトルと全く同じ。

全ての能力が平均以上にまとまっていて、弱点が無いと言っても過言ではない優等生。強いて言うならコジャケへの余剰火力が多いのが気になる。

いずれにせよオールラウンダーなので、編成の穴を埋めるような行動をしていこう。


関連イラスト編集

スプラトゥーン

スプラトゥーン!!スシコラチノちゃんーー


スプラトゥーン2

4号くん(私服)ブキの思い出2 スプラシューターコラボ


スプラトゥーン3

スシイカちゃん


歴代モデル

すし


関連タグ編集

スプラトゥーン スプラトゥーン2 スプラトゥーン3


Splatoonのブキ一覧

ブキ種ブキ
シューターわかばシューター/スプラシューター/.52ガロン/.96ガロン/N-ZAP85/シャープマーカー/ボールドマーカー/プロモデラーMG/L3リールガン/H3リールガン/ジェットスイーパー/デュアルスイーパー/プライムシューター/ボトルガイザー/スペースシューター
ブラスターホットブラスター/ロングブラスター/ラピッドブラスター/Rブラスターエリート/ノヴァブラスター/クラッシュブラスター/S-BLAST92
ローラースプラローラー/ダイナモローラー/カーボンローラー/ヴァリアブルローラー/ワイドローラー
フデパブロ/ホクサイ/フィンセント
チャージャースプラチャージャー/スクイックリンα/リッター3Kリッター4K/14式竹筒銃・甲/ソイチューバー/R-PEN/5H
スピナーバレルスピナー/スプラスピナー/ハイドラント/クーゲルシュライバー/ノーチラス47/イグザミナー
スロッシャーバケットスロッシャー/ヒッセン/スクリュースロッシャー/エクスプロッシャー/オーバーフロッシャー/モップリン
マニューバースプラマニューバー/スパッタリー/デュアルスイーパー/ケルビン525/クアッドホッパーブラック/ガエンFF
シェルターパラシェルター/キャンピングシェルター/スパイガジェット/24式張替傘・甲
ストリンガートライストリンガー/LACT-450
ワイパードライブワイパー/ジムワイパー

関連記事

親記事

splatoonのブキ一覧 すぷらとぅーんのぶきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90530

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました