ピクシブ百科事典

スプラローラー

すぷらろーらー

スプラローラーとは、Splatoonシリーズのブキの一つである。なお、この項では亜種についても記述する。
目次[非表示]

概要

ゲーム『Splatoon』シリーズに登場するブキ。
その名の通り、ローラー型のブキの基本モデルである。

見た目の通りペンキなどを広範囲に塗る際に使うペイントローラーを
そのまま大型化したようなブキで、銃砲型のブキと違い、ZRを塗ると勢いよく振り下ろして
インクを放射状に飛ばすという方法で使う。発射されたインクは扇状に飛んでいき、
地面や壁に当たるまで攻撃判定があるものの、減衰が大きく発生するためリーチは短い。
よく勘違いされるが、ローラー自体でぶん殴っているわけではなかったり、
ローラー本体の当たり判定で即死させているわけではないので当たり方によっては
すっぽ抜けてダメージが足りず、倒しきれない事もあるので過信は禁物。

至近距離で当てられた時の破壊力は絶大で、高確率で即死させる事ができるというショットガンのような立ち位置
…だったのだが、Splatoon2でまんまショットガンのパラシェルターを筆頭とするシェルター類が登場し、
果たして同じ立ち位置なのかと言うと微妙な所になった。

もう一つの機能として、その形状を活かして転がして塗りながら進む事が出来る。
他のブキと違い、ローラーが進んだ跡にびっちりと隙間のない塗りが出来るのが特徴で、
スプラローラーの場合は転がしている最中に敵と接触するとそのまま轢いて倒す事ができる。
ただし敵がバリアやアーマーなどといった手段で死ななかった場合は少し弾き返される。
「塗り進み」と呼ばれる事が多いが、コロコロ転がすからそのまま「コロコロ」という通称も。
亜種にスプラローラーコロコロというコロコロコミックとのコラボモデルもあるため、
コロコロをコロコロして殺殺できたりもする。

「1」の時点では振るモーションは1種類しかなく、とてもシンプルな使い勝手だったが
「2」にてローラー類のモデルは軒並み変更されており、スプラローラーの場合は
全体的に「2」版スプラシューターと共通部品に変更+ローラーの付け根部分にヒンジパーツがついた。
新アクションとして、ジャンプ→ZRと入力する事でこのヒンジ部分が曲がり、
縦になったローラーを振る縦振りが追加された。
この縦振りは上記の横振りと違い、インクは左右に拡散せずまっすぐ飛ぶために
左右への幅は狭いが射程距離は長い攻撃になっており、使い分けられるようになっている。
従来のように空中から横振りを使いたい場合はZR→ジャンプと入力する必要があり、
少しコツが必要となった。

メーカーはスプラシューターと同じ「スプライカ」。
同メーカー製品の特徴として「1」でのモデルはおもちゃらしい配色とパーツだったが、
「2」ではモデルチェンジされておりややスタイリッシュな印象に。
持ち手部分には自転車のブレーキのようなパーツが取り付けられており、
おそらくこれを握るとヒンジのロックが解除され縦振りできる仕組みと思われる。

また、「2」ではインクリング以外にも、ヒーローモードに登場するタコゾネス
ローラーを使用するようになった。「オクタローラー」という名称とされ、
性能はインクリングのものとほぼ全く同じなのだが、見た目がどう見てもカーボンローラーでややこしいのが特徴である

種類

Splatoon

名前サブスペシャルランク
スプラローラーキューバンボムメガホンレーザー3
スプラローラーコラボジャンプビーコンダイオウイカ7
スプラローラーコロコロスプラッシュシールドスーパーショット20
ヒーローローラーレプリカキューバンボムメガホンレーザー3*


*amiiboチャレンジ(ボーイ)でDJタコワサ将軍を倒すとブキ屋で購入することができるようになる。

無印のサブ、スペシャルは場の制圧に長けるキューバンボムとメガホンレーザーで、苦手な遠距離でもある程度対応しやすい構成となっている。
デザインだけをヒーローモードのそれに変えたヒーローローラーレプリカ、支援と近距離戦に特化したコラボがある。
コラボはジャンプビーコンによる味方のサポートと高い戦線復帰力で裏取りに優れ、ローラーの仕事を遺憾なくこなすことができる。また、ダイオウイカで自衛や強行突破さえも可能な接近戦特化の構成。
ブキチセレクションではコロコロコミックとのコラボであるスプラローラーコロコロが追加、ミニ四駆の如く色々な改造をしたが結局性能は変わらなかったというシロモノで、よく見ると回転部にコロコロコミックのロゴがデザインされているのがわかる。ローラー系列では初のスプラッシュシールド持ちで、通常とは逆にシールドを盾にして相手に強引ににじり寄るという戦法が可能。スペシャルのスーパーショットも安全に使用できる。

Splatoon2

名前サブスペシャルランク
スプラローラーカーリングボムスーパーチャクチ3
スプラローラーコラボジャンプビーコンイカスフィア12
ヒーローローラーレプリカカーリングボムスーパーチャクチ3*
スプラローラーベッチュースプラッシュボムバブルランチャー14

* ヒーローモードにて全てのステージをローラーでクリアするとブキ屋で購入することができるようになる。
ギアパワー「メイン性能アップ」の効果:あたえるダメージが大きくなる

基本的な立ち回り

コロコロ転がしても振ってインクを飛ばしても一撃必殺の高い攻撃力を誇るブキ。
ゆえに積極的にキルを狙っていきたいが、攻撃可能な距離がシューターなどと比べると非常に短く、特にコロコロ塗りで近づこうとすると引き撃ち(逃げながらの射撃)で簡単に対処されてしまう。
そのため、相手の隙をつき、センプクなどで攻撃範囲まで接近したのち振りで反撃の隙を与えずキル、という立ち回りが基本となってくる。
上記の立ち回りは他のローラー種でも基本となってくるため(ダイナモはやや勝手が違うが)ローラー入門者が基礎を学ぶことが出来るブキになっている。
そこそこ動きも早いので、相手がよそを向いていたり乱戦状態の場所ではコロコロ塗りでのキルもあり。
「2」で追加されたタテ振りは横範囲は狭いがやや離れた相手への攻撃手段に使えるほか、イカダッシュ用の導線にも利用できる。

おすすめギアパワー


サーモンランでの立ち回り

コロコロ塗り・横振り・縦振りで得意な相手が違うため、それぞれをうまく使い分けていきたい。
コロコロ塗りはドスコイを除くザコシャケ退治と塗り。コジャケ・ザコシャケならば一撃でひき殺せる。ザコ退治や塗りが苦手なブキは意外と多いので、ザコ掃除と侮らず積極的に引き受けたい。
横振りはドスコイとオオモノ(特にコウモリ、テッパン、ヘビなど)。シャケに接近する必要があるためややリスキーではあるが、短時間で高い火力を叩き込める。接近のし過ぎには注意。
縦振りは横振りでは対処困難なコウモリの弾やバクダンをぶっ潰せる。タイミングの把握が難しいがうまいこと狙っていきたい。もちろんイカダッシュ用の導線作成用にも使っていくのもよい。

また、特殊な操作としてヒカリバエ時には、袋小路に固まったうえでごくごく低速でコロコロ塗りをしシャケを突っ込ませる高速処理のテクニックが存在する。興味がある人は調べてみよう。

関連イラスト


関連タグ

Splatoon Splatoon2 Splatoonのブキ一覧

ブキ種ブキ
シューターわかばシューター/スプラシューター/.52ガロン/.96ガロン/N-ZAP85/シャープマーカー/ボールドマーカー/プロモデラーMG/L3リールガン/H3リールガン/ジェットスイーパー/デュアルスイーパー/プライムシューター/ボトルガイザー
ブラスターホットブラスター/ロングブラスター/ラピッドブラスター/Rブラスターエリート/ノヴァブラスター/クラッシュブラスター
ローラースプラローラー/ダイナモローラー/カーボンローラー/ヴァリアブルローラー
フデパブロ/ホクサイ
チャージャースプラチャージャー/スクイックリンα/リッター3K/14式竹筒銃・甲/ソイチューバー
スピナーバレルスピナー/スプラスピナー/ハイドラント/クーゲルシュライバー/ノーチラス47
スロッシャーバケットスロッシャー/ヒッセン/スクリュースロッシャー/エクスプロッシャー/オーバーフロッシャー
マニューバースプラマニューバー/スパッタリー/デュアルスイーパー/ケルビン525/クアッドホッパーブラック
シェルターパラシェルター/キャンピングシェルター/スパイガジェット

関連記事

親記事

splatoonのブキ一覧 すぷらとぅーんのぶきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スプラローラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22874

コメント