2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:井澤詩織

概要

主人公デンジの相棒で、チェンソー悪魔

おもしろすぎ
ポチタ


子犬のように可愛らしい見た目だが、頭部から鼻先まではチェンソーの刃、尻尾はスターターロープになっているのが特徴。背中(肩?)とお尻からはグリップが生えている。このチェンソーは実際に使用することができ、作中では木を切るための工具や武器として活用されている。チェーンソーとして使用する際には尻尾のスターターロープを引っ張る必要がある。
鼻先のチェーンソーはある程度伸縮し長さの調整ができるらしい。

作中での活躍

デンジとの出会い

no title


瀕死状態だった時に幼いデンジと出会い、「悪魔は血を飲めば傷が治る」と知っていた彼から血を与えられる。同時に「ポチタを助ける代わりにポチタもデンジを助ける」契約を交わし、行動を共にするようになる。
普段は「ワン」としか鳴かないが、悪魔退治ではデンジの武器に、木材伐採のアルバイトなどの場面ではチェンソーとして活躍している。
天涯孤独で生活に困窮していたデンジにとって唯一の友達であり、心の支えでもあったようだ。

デンジとの融合

ある日、「ゾンビの悪魔」に操られたヤクザ達によって、デンジと共にバラバラにされて殺害される。しかしポチタは流れるデンジの血を飲んだことで再び目覚め、あることを思い出す。

「俺が死んだらお前に俺の体をやるから、普通の生き方をして、普通に死んでほしい。俺の夢を叶えてくれ」

生前のデンジの言葉を思い出したポチタは、デンジと一体化することで彼を生き返らせる。バラバラの彼の体をつなぎ、借金返済のために売り払っていた臓器も再生させ、デンジと新たに契約を結んだ。

「私は……デンジの夢の話を聞くのが好きだった」

「…これは契約だ」

「私の心臓をやる かわりに……」

「デンジの夢を私に見せてくれ」

チェンソーマン



デンジが息を吹き返した時にはポチタの姿はなく、デンジの胸から伸びたポチタの尻尾(スターターグリップ)があるだけだった。その後はデンジの体の中で生き続けているようで、夢の中から彼に語り掛けるようになる。

だが、姿を現さずに廃墟の中のような場所で紙が貼られた扉の向こうから「絶対に開けちゃダメだ」とデンジに伝えるなど、以前とは異なる様子を見せる。

チェ



第1話ではゾンビの悪魔に「雑魚悪魔」扱いされていたポチタ。しかしデンジとの契約時には理知的に話しており、その他にも多くの悪魔や世界各国に心臓を狙われるなど、様々な謎を残している。

正体








以下、ネタバレ注意


















助けて チェンソーマン


その正体は地獄のヒーローチェンソーマン。現在の姿は強力な悪魔との激戦で瀕死になり、弱体化したものであった。詳しくはチェンソーの悪魔へ。


第一部ではどの悪魔と戦ったまでは明かされなかったが、デンジと出会った時に負っていた怪我が銃創のように見えることから「銃の悪魔」との戦いによってできた傷ではないかとファンの間では考察されている。銃の悪魔の最後の目撃例と年代が合わないという指摘もあるが、しばらく後に銃の悪魔は何者かに倒された状態で発見されたと作中で語られているため、その何者かこそがチェンソーマンではないかと考察されている。
あるいは彼に執着していた存在(リンク先ネタバレ注意)から逃げた時のものではないかという考察も見られる。

余談

単行本では、おまけ要素として各話の印象的な場面(多くはデンジ)を真似したポチタが描かれている。
しかし、物語の性質上グロテスクなシーンも多いため、描き下ろしのポチタが悲惨な目に遭うことも珍しくない。

ちなみに当初は担当編集の氏に「そんなに毎回ポチタを描けるのか」と反対されていたとのことだが、作者の藤本タツキの意向で毎回おまけのポチタが描き下ろされることが決定したという。

関連イラスト

チェンソーマン
無題


Kobeni
チェンソーマン



関連タグ

チェンソーマン デンジ(チェンソーマン)
ソフィ・プロネ:中の人繋がりかつ同時期放送アニメに登場するオレンジ色の存在繋がり。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9505459

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました