ピクシブ百科事典

血の悪魔

ちのあくま

血の悪魔とは、漫画『チェンソーマン』に登場する悪魔の一人。
目次[非表示]

概要

魔人パワーの本体、悪魔としての姿。
存在が血の数滴にまで追い込まれた瀕死状態のパワーが、ポチタの血を受けることで再生し、顕現した。

外見

異形の顔と十字の瞳、四本の角と腕を持ち、胸から臓物を露出した長身の悪魔。
長らく本体の性別は不明であったが、依代となった死体と同じく女性である模様。

性格

往時のパワーと全く変わっていない
虚言癖、逃げ癖、弱者に厳しく強者にへつらう癖など、魔人時の悪癖は全てそのまま。
ある意味期待を裏切らない。

戦闘能力

攻撃面が劇的強化を遂げ、魔人時には不得意と言っていた「他人の血の操作」が、完全に実行可能になった。
生きた他人の体内から血の武器を作り出し、内部からズタズタに引き裂くことができる。
無数の血武器を虚空に作り出し、雨のように連射することも可能。

ただし防御面には不安があり、不死身の多い上位悪魔勢と比べるともろく、無尽蔵の再生能力もない。それが当たり前であるが。

作中での活躍

マキマに射殺されたと思いきや、デンジの体内に僅かな血として存命していた。
デンジの絶体絶命に及び、ポチタに救援を請われる形で復活。圧倒的パワーでマキマとその配下の公安を蹂躙し、あっさりデンジを奪回したかに見えた。
しかし、瞬時に復活したマキマの能力とその使役悪魔によって、一瞬で形勢逆転。へつらってデンジを差し出し、自分だけ助かろうと目論む。

ところが、デンジとの友情によってパワー自身にも不可解な意志が芽生え、再びデンジを逃がすことを決意。マキマの使役する大量のゾンビによって満身創痍になりながら、身を挺してデンジをゴミ箱の中に逃すことに成功。

最期に、デンジに残りの血液(全生命)を与えて復活させ、いつか再会することを「契約」し、完全に消滅した。


見つけてどうにか仲良くなって、血の悪魔をまたパワーに戻してくれ。

ワシの血をやる。かわりに……


ワシを見つけに来てくれ。


余談

  • 悪魔は死ねば地獄で復活するため、本編での消滅も完全な死ではない。しかし、記憶は失われているという。
  • 異形の姿こそ本体だが、精神世界? での自意識は魔人パワーの姿である。


関連イラスト

no title
no title



関連タグ

チェンソーマン デンジ(チェンソーマン) パワー(チェンソーマン) 悪魔(チェンソーマン)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「血の悪魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22867

コメント