ピクシブ百科事典

スプラトカリプス

すぷらとかりぷす

Nintendo Switch用ソフト『Splatoon2』内におけるイベントである『フェス』の最終回。
目次[非表示]

フェスとは

突如『カミ様』が動き出し『お題』と言う名目のご神託が託される。そのお題に沿ってイカ達は二つのチームに分かれ、激しく盛大なナワバリバトルを繰り広げるハイカラスクエアの一大イベントである。

自分が投票したチームの『フェスT』が期間限定で貸し与えられ、フェス開催期間中においては、体のギアはフェスTに固定される。もとい、フェスTを着ないイカなどいない。

フェスのお題が発表されると、ハイカラスクエアは徐々にフェスに向けて準備を始める。ネオンライトの看板が徐々に掲げられ、いよいよ開催が近づくと、デカ・タワーに特設ステージが設置される。イカ達は浸透圧が上がっていき、フェスの開催を今か今かと待ち焦がれるのである。

いざフェスが始まると、通常は昼間である広場が夜となり、地表から淡い光の粒が立ち上る中、テンタクルズが『ウルトラ・カラーパルス』の生ライブを開催し、空には花火が次々に打ち上げられる。イカ達は音楽に合わせて踊り出し、まさにお祭り状態となる。ナワバリバトルのステージも夜となり、フェス期間中は専用BGM『フルスロットル・テンタクル』『リップル・リフレイン』『レッド・ホット・エゴイスト』及び『イマ・ヌラネバー!』が流れる。

最終結果は『得票率』『レギュラーモードでのコウケン度』『チャレンジモードでのコウケン度』を元にポイント換算し、より多くのポイントを得たチームが勝利となる。フェスが終わると参加賞として『スーパーサザエ』を得る事ができ、勝利チームにはより多くのスーパーサザエが贈られる。

これまでのフェス

これまで日本にて開催されたフェスの概略はイカの通り。

大会開催日お題勝利チーム
前夜祭2017/7/15ロックVSポップロック
第1回2017/8/4~8/5マヨネーズVSケチャップマヨネーズ
第2回2017/9/9~9/10マクドナルド マックフライポテトVSチキンマックナゲットチキンマックナゲット
第3回2017/10/14~10/15瞬発力VS持久力持久力
第4回2017/11/11~11/12からあげにレモンかけるVSレモンかけないレモンかけない
第5回2017/12/9~12/10ユニクロ あたたかいインナーVSあたたかいアウターあたたかいアウター
第6回2018/1/13~1/14アクションVSコメディーコメディー
第7回2018/2/3~2/4王者VS挑戦者挑戦者
第8回2018/2/3~2/4花VS団子
第9回2018/3/24~3/25NIKE 最新モデルVS人気モデル人気モデル
第10回2018/4/21~4/22JAMSTC 未知の生物VS先進の技術先進の技術
第11-1回2018/5/19~5/20サンリオ ハローキティVSシナモロールハローキティ
第11-2回2018/5/26~5/27サンリオ マイメロディVSポムポムプリンマイメロディ
第11-3回2018/6/9~6/10サンリオ ハローキティVSマイメロディマイメロディ
第12回2018/7/21~7/22イカVSタコイカ
第13回2018/8/18~8/19明治製菓 きのこの山VSたけのこの里きのこの山
第14回2018/9/23~9/24つぶあんVSこしあんこしあん
第15回2018/10/19~10/21ハロウィーン トリックVSトリートトリート
第16回2018/11/10~11/11ロッテ ポッキーチョコレートVSポッキー″極細″ポッキー″極細″
第17回2018/12/15~12/16スマブラSP ヒーローVSヴィランヴィラン
第18回2019/1/4~1/6家族VS仲間仲間
第19回2019/2/2~2/3ボケVSツッコミボケ
第20回2019/3/16~3/17騎士VS魔法使い魔法使い
第21回2019/4/19~4/21ウサギVSカメウサギ
第22回2019/5/11~5/12プロ野球 セ・リーグVSパ・リーグパ・リーグ
第23回2019/6/15~6/16酢豚にパインはアリVSナシナシ

ファイナルフェス

そしてついに発表されたファイナルフェス。期間は2019/7/18~7/21。SPLATOCALYPSE(スプラトカリプス)と銘打たれたそのお題は・・・


                 どっちの世界を望む?
                   混沌VS秩序


開催期間は前作のラストフェス以来となる3日間。加えて、100倍マッチの発生率が100倍になる、バトルステージは前半2日が歴代ミステリーゾーンか集結する、BGMは前半24時間に前作の「キミ色に染めて」やオクト・エキスパンションの「ミッドナイト・ボルテージ」、中盤24時間にヒーローモードラスボスBGM「濃口シオカラ節」やハイカライブ2018でシオカラーズとテンタクルズがコラボした「イマ・ヌラネバー!(ハイカライブVer.)」、そして最後の24時間にはオクト・エキスパンションラスボスBGM「フライ・オクト・フライ~フルスロット・テンタクル(Octo)」が使用されるなどまさに最後に相応しい規模となり、世界中の得票率とコウケン度を合算して結果とするというものであった。

ファイナルフェスは現実世界をも巻き込んだ。様々な企業が混沌派と秩序派に分かれ、店頭応援合戦なるイベントが開催され、特設エリアを設けたり、テトリス99やどうぶつの森ポケットキャンプ等のゲームがタイアップを行ったり、ファイナルフェスにちなんだTシャツやキーホルダーなどが販売された。

ファイナルフェスの為にイイダが作り上げたミステリーゾーン『DEAR SENPAI』では、オクト・エキスパンションにまつわる物が多く使われた。海上に設営されたステージからは崩壊したネルス像の姿が確認でき、ステージ上空ではヒメ、イイダの二人と共に8号を迎えに来たヘリ一個師団が旋回している。一定時間ごとにステージ各所へイイダボムが設置され、敵陣のボムを攻撃する事で爆発させる事ができる。極めつけは、残り1分を切ると同時に「終末の歌声が聞こえる!」というアナウンスが流れフィールド中央にヒメが神々しく降臨、反復横跳びで貯めたスペシャルMAX状態の彼女に触れる事でセンパイキャノンを発射できるという物だった。

結果

そして運命の結果発表・・・

  • 得票率
    • 混沌 58.05%
    • 秩序 41.95%
となり、得票率は混沌派に軍配が上がった。

  • コウケン度
    • レギュラー
      • 混沌 51.39%
      • 秩序 48.51%

    • チャレンジ
      • 混沌 50.34%
      • 秩序 49.66%

こちらも僅差だが、両方とも混沌派に軍配が上がった。


総合得点は 3 対 0 となり、混沌派の勝利でラストフェスは幕を閉じた。

前作のラストフェスでホタルが勝利した結果、アオリが失踪・闇落ちしたことを考えると、このフェスの結果次第で次回作『splatoon3』の世界に影響が及ぶ可能性も否定できないが、果たして・・・?

関連タグ

テンタクルズ
ヒメ
イイダ
ラストフェス・・・前作のファイナルフェス

スプラトゥーン3・・・この結果の影響を受けた混沌の街、「バンカラ街」が舞台

関連記事

親記事

splatoon2 すぷらとぅーんつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スプラトカリプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3819

コメント