ピクシブ百科事典

イイダ

いいだ

イイダとは任天堂switchのゲーム「Splatoon2」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

Splatoon2に登場する二人組のアーティスト『テンタクルズ』の一人で、クレイジーな毒舌ラッパーヒメと共に活動しているDJの女の子。18歳。
字は達筆である。(自筆の署名では「飯田」とのこと。)
独学でイカ語を習得しているバイリンガル

グリーンのメッシュが入った漆黒のロングヘアー(触手)のセクシーな褐色肌のタコ
目の上下でアイラインのカラーが違い、上側はメイク、下側はオクタリアン種特有のものと思われる。なお、グリーン部分は自身のインクの色であり、フェス開催中は応援している勢力のインクの色に変化する。
オクタリアンであることを全くもって隠しておらず、イカたちはイイダの事を「新しい感じのお姉さん来たな」くらいにしか思っておらずイイダがオクタリアンであることに気付いていないらしい。オクタリアンの存在が一般のイカから忘れられているというのは公式設定だが、それにしたって気にしなすぎではなかろうか。

公式で「セクシー」と称されてる通り、胸元が開いたライダースーツのような服を素肌で羽織り、ヘソにはピアス、そしてローライズのボトムス着用とCERO的に大丈夫なのかと思うほど露出度が高く、いかにもけしからん……もとい過激な容姿をしているが、意外としっかり者かつ少々天然……というかおっとり系のイジられキャラなのでギャップが激しい。
尚、容姿と性格のどちらについても、タコゾネスオクタリアンの特性に合致している。

大人びた声色と歌唱力を持ち、曲によっては彼女がメインボーカルを務めることも。
ハイカライブではDJによるソロとショルダーキーボードの演奏を披露しており、おそらくマルチプレイヤーと思われる。

ヒメを「センパイ」と呼んでいる。
タコであるためか、手を下に向ける決めポーズの際、シオカラーズやヒメと違って親指を折る(=タコ脚に合わせて8本だけ指を下げる)。また、胸元のチャックの穴の形状も、ヒメは「十」なのに対してイイダは「8」となっている。
シオカラーズの大ファンで、人生が変わる程の影響を受けたらしい。
少女漫画を読むのが趣味でもあり、またかけあみの練習もしている
左の口元に艶ぼくろがある。
ハイカラシティでのナワバリバトルにはインクリング達に交じって普通に参加しており、ニュースの会話からシェルターを愛用している模様。
最後にマルチミサイルを放つ行為を『だきしめて☆トゥインクルスター』と呼び、ホタルとは違う独特なセンスの持主の様である。

大型機械のモーター音で曲を作ったり、チョウザメ造船所の大型クレーンやガンガゼ野外音楽堂の最新機材に目を輝かせたり、休日にはテレビゲームをしたりと機械全般に目がない。
特に重機に囲まれたチョウザメ造船所がお気に入りのようで、ここでバトルをする時テンションが上がっているとヒメにもコメントされている。(1200t級のゴライアスクレーンを見て興奮しているらしい)
これについてはヒメから機械オタクと言われ、本人はマニアですと否定する一幕がある。一方で我慢強く、最近はホットヨガにはまってるらしい。本人曰く女子力を高めるためだとか。
また、機械いじりが得意なことからバイクも所持している(ライダースーツを着ているのはそのためと思われる)。
そのため冬場にふ頭や造船所へ行く時は、さっと着られるアウターを重宝している。
マックナゲットが好物で、ヒメがスロッシャー一杯にポテトを詰めてという無茶なお願いをした後にこっそり「ナゲットならいけますか~?」と店員に聞いたことがあるらしい。
他にも甘いもの好きで、ヒメ曰く楽屋にあるお菓子は楽屋に届く花束よりも先に差し入れのお菓子にキャーキャー言ってるらしい。本人は機械の調整に頭を使うらしく、そのための糖分摂取と主張してるとか。


また、今作よりフェスの時に限って「ミステリーゾーン」という新ステージが追加される仕様になっているが、ステージアナウンスによるとどうやらこのステージはイイダが作ったらしい。
ステージの意匠は、宇宙のような空間にアスファルトの地面、点字ブロック、カーブミラーやデブリのような瓦礫群とヒーローモードのステージで見たことのある物で構成されており、彼女とオクタリアンの関係を想起させる。

第二回フェス「マックポテトVSマックナゲット」開催時、日本公式ツイッターに掲載された画像において、オフではメガネをかけていることが確認できる。→該当ツイート

海外ではヒメをセンパイとは呼ばず名前で呼ぶ(これはルイージが日本語では兄さんと呼ぶのに対し英語ではマリオと呼び捨てにしてるのと同様)。
そのため海外と日本ではテンタクルズの二人の関係の解釈が180度違っている様で、向こうでは二人は同じ目線で接してるのに対し、日本ではセンパイと呼んでいて上下関係がハッキリしていると聞いて驚いた海外ユーザーも少なくない。
日本と違って敬語という概念が無いのと海外では「senpai」という単語は誤った解釈が広まっている(ネタ的な意味で)事情があるので仕方が無いが。
二次創作ではヒメの尻に敷かれるよりも、日本より露骨にヒメを子供扱いする傾向にある。(ヒメも可愛いものが好きなど女の子らしい設定がついており満更でもなかったりする。)
「Pearly」と愛称で呼んでおり、明らかに「センパイ」と方向性が逆。

オクタリアンとの関係

前作ヒーローモードのラスボスでもあるDJタコワサ将軍も、DJの扱う機械を模した兵器に乗って決戦に挑んできた。

またヒーローモードで敵として襲ってくるタコゾネス達の中でも、彼女のような漆黒の髪(触手)を持つ個体はデラタコゾネスという上位種として登場する。
彼女がタコゾネスとしてエリートだったかどうかは不明。

なお、上述したようにイイダはシオカラーズのファンで、音楽活動を目指すきっかけになったことが判明している。シオカラーズとDJタコワサ将軍がコラボライブを開催した際の記事がミステリーファイルに残っており、オーディエンス最前列に首にタコゾネススコープをさげた、イイダらしきオクタリアンが確認できる。

関連タグ

スプラトゥーン2 テンタクルズ ヒメ オクタリアン

pixivに投稿された作品 pixivで「イイダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2029682

コメント