ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オクトリング

おくとりんぐ

任天堂のゲーム『スプラトゥーン』シリーズのプレイヤーキャラ。ヒトの姿になるタコの総称で、通称も「タコ」。
目次 [非表示]

概要編集

スプラトゥーンシリーズに登場するプレイヤーキャラ、あるいは登場種族。

通称『タコ』。


ヒーローモードに出現するタコゾネスや「オクト・エキスパンション」にて登場したタコのプレイヤーを含む「ヒト型に擬態するタコ」の総称であり、外見や性質はインクリングに近い。

オクタリアンの一員として地下に暮らす者達だったが、近年地上への進出が盛んになり、今ではハイカラ地方やバンカラ地方で多数のオクトリングを見かけるようになった。


主要なオクトリング編集

など


インクリングとの違い編集

イカことインクリングとは生態が似ており、身体能力に関してはほぼ同じだったりするが、外見にいくつかの差異が存在する。比較のため、一時的にオクトリングを「タコ」、インクリングを「イカ」と表記する。


  • 目の周りの黒い隈のようなものが、イカは両目で繋がっているが、タコは繋がっていない。
  • センプク形態での白目も、イカは両目が繋がっているが、タコは繋がっていない。
  • イカは髪(頭のゲソ)の内側に吸盤があるが、タコは外側に吸盤がある。
  • 手足と頭のゲソ数が、イカは現実のイカ足と同じ10本、タコは現実のタコと同じ8本。
  • 頭のゲソが直毛なイカに対し、タコはパーマっぽい。
    • ヒメはこのタコのゲソを「カーリーなヘアスタイル」と表現している
  • イカは上顎の左右に2つ、下顎の中央に1つの計3つ尖った歯があるのに対し、タコは左上顎と右下顎にそれぞれ1つの計2つしか尖った歯がない。
    • イカの歯についてはカラストンビ(イカの顎)が元ネタのため。
  • に見える器官がイカは三角っぽく、タコは丸っぽい。
    • これはイカがエンペラ(三角形をしたイカのヒレのこと)なので三角だが、タコは漏斗とよばれる移動時に使う水の噴出孔を模しているためで、片耳にしかくぼみがない。
  • イカは手足の指先が四角くなっているのに対し、タコは指先が尖っている。
    • イカの指先が四角いのは、イカソーメンを意識してデザインされたため。

また、イカには頭のゲソを切ったり炙ったりする過激なヘアスタイルがあるが、タコにはゲソを切る・炙るといったヘアスタイルはない。


他にもタコ内には「種族」があるらしく、ハイカラウォーカー247pでメンダコだと明記されているABXYライアンヒョウモンダコと思しき兵頭タオミミックオクトパスと思しきSHIMAなど、他のタコと比べて外見の異なるタコのアーティスト達が設定上存在しており、同じオクトリングでも細かな種族差があると見られる。

反対にイカの方には種族差がほとんど見られず、ハイカラウォーカー209pでコウイカのアイドルユニットに関する言及があるのを除き、イカ内の種族について言及したものは無い。


「タコゾネス」と「オクトリング」編集

やや紛らわしいが、タコゾネスオクトリングのうち、オクタリアンに所属するガールの精鋭兵士のことを指す。

イイダミズタも元タコゾネスである。8号(Splatoon)は性別が固定でないためか明言されていない。


複雑な経緯編集

上記のように意味の被る語が設定されている理由は、「オクトリング」という呼称が海外版を由来としていることに起因する。

実は「オクトリング(Octoling)」という言葉は元々、海外版の初代『スプラトゥーン』においてタコゾネスに当たる名称として使用されていたものなのである。

そのため、タコゾネスステージの曲である「Tacozones Rendesvous」の曲名は海外版では「Octoling Rendesvous」となっている。

この時点では、ヒト型に擬態できるタコがタコゾネスのみであったため、ちょっとした言い回しの違い程度に収まっていた。


混乱が始まったのは、『スプラトゥーン2』の追加コンテンツオクト・エキスパンション』にてタコのプレイヤーが登場してからである。

ここで初めて「ヒト型のタコボーイ」の存在が確定し、発売後のインタビューでは「ヒト型に擬態できるタコのうち、タコガールの中の精鋭がタコゾネスになれる」ことが語られた。

「タコゾネス」の範疇に収まらないヒト型タコが発生してしまったのである。

この時点では明確な名称が定まっていなかったようで、amiibo等の商品名では「タコボーイ」や「タコガール」又は単に「タコ」と呼ばれていた。

(海外版では引き続き「Octoling」がタコゾネスを含むヒト型タコの総称として使われていたにもかかわらず、日本語版においてこのような切り分けが行われたのは、「タコゾネス」という言葉がボーイを表すのに不適だったためと考えられる)


最終的に『スプラトゥーン3』からは、「オクトリング」の名前が日本語版にも逆輸入されることとなった。

実際、日本語版『3』ではゲーム中でもプロモーションでも人型のタコにオクタリアンという言葉を公式は一切使っておらず、全てオクトリングと表現している。

amiiboの商品名も、『3』に合わせて発売される新製品では「オクトリング」の名称が使われている。


よくある勘違い編集

ただ、過去作をやってきた古参プレイヤーであるほど、オクトリングという言葉に馴染みがなく、『3』で初めて登場した新種族と思ってしまう人が一定数いる。

特に、『3』の舞台となるバンカラ地方に住んでいる「イカに友好的な地上のタコ」がオクトリングで、これまでの作品に出てきた「イカに敵対的な地底のタコ」がオクタリアン、と解釈する人が多いようだ。


しかし上述したように海外版における「Octoling」はタコゾネスも含めたヒト型タコ全般を指す名称であり、サイド・オーダーの公式ページでも当初8号が「オクタリアン」と紹介されていたが、のちに「オクトリング」に修正され、その際に「オクタリアンのうちヒト型に変化できる種族を『3』からオクトリングと呼称している」という説明がされている(公式ページ修正前後の比較)ため、ヒト型に変身できるタコは出生に関わらずオクトリングと呼ぶのが公式である。


もっとも、「オクタリアンや元オクタリアンは生真面目が特徴」なのに対し「バンカラ街のオクトリングはそうでもない者が多い」など文化的な差異は大きい様子であり、この世界の魚介類がバンカラ地方から世界各地へ散らばりながら進化していったことも併せて、「オクタリアン出身のオクトリングとバンカラ街出身のオクトリングは厳密には別種族なのでは?」という考察は真面目に存在する。バンカラ地方には10本足のタコがいることなどもその根拠に挙げられる。


余談1編集

このように「タコゾネス」と「オクトリング」の定義は紛らわしく混乱の種となっているが、では二つとも同じ「Octoling」で呼称される海外は楽なのかというとそうでもなく、むしろ「敵のOctoling(=タコゾネス)」のみを指す語句がないため呼び分けに苦心しているようである。

『3』のヒーローモードにおいてタコゾネスの出番が少なかったのは、そういった理由もあるのかもしれない。


余談2編集

海外では「1」の時期すでにオクトリングに関する二次創作が盛んであり、当時は存在していなかった「男性版のオクトリング」や「Inktoling(イカとタコの混合種)」などのイラストが早期から多数存在していたらしい。


関連記事編集

オクタリアン タコゾネス

関連記事

親記事

オクタリアン おくたりあん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1937495

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました