ピクシブ百科事典

アポカリプス

あぽかりぷす

「X-MEN」に登場する人物
目次[非表示]

誘導

もしかして→ゼクトバッハ叙事詩破壊龍・アポカリプス

"Apocalypse"のカナ表記。日本語では『黙示録』と訳される。
語源ギリシャ語で『暴露』。
"Four_Horsemen_of_The_Apocalyps"『黙示録の四騎士』も参照。

アポカリプスという単語小説漫画映画ゲームタイトルサブタイトルとして、あるいは物語の中で用いられることがあり、多くは『世界の終末』『文明の崩壊』もしくはそれに類する大規模な災厄等を意味する。
ポストアポカリプスも参照。

本項ではアメコミ「X-MEN」に登場する敵役キャラクターを紹介する

概要

アポカリプスはMARVELコミックスのスーパーヴィラン。X-MENの宿敵の一人で、初登場は1986年
本名は、『第一の者』を意味するエン・サバー・ヌール"En Sabah Nur"。
灰色肌と青い唇は生まれつき。分子構造を自由に操ることができ、自分の体を自由に変えられる。クイックシルバー並の約800km/hのスピードで動く事ができ、テレポート能力を持つ。ハルク並の怪力を持ち、知能も大変高い。「適者生存」を信念としている。

不老に近い超長寿のミュータントである「エクスターナル」の1人。基本的に冷酷な人格をしているが、瀕死のX-メンを見逃したり、自分と戦って勝ったアークエンジェルに殺されることを願ったりと、その行動は私欲というよりは徹底して信念のためという美学を持つ悪役でもある。

配下

4人のミュータントからなる「フォーホースメン黙示録の四騎士)」を配下にしている。このフォーホースメンにはX-MENのメンバーが洗脳させられて加わる事も珍しくない。過去にはエンジェルアークエンジェル)、ガンビットウルヴァリンサンファイアキャリバンポラリスらが加えられている。ただしミュータント能力を使うごとに洗脳は解けていき、全X-MENが最終的には彼の支配下から逃れている。

上記の四騎士とは別に、ダークライダーズと称する九人組(ナズグルを意識している?)と、オジマンディアスという従者がいる。
かつてはオジマンディアスが支配者であり、エン・サバー・ヌールはピラミッド造りに従事する奴隷の一人であったが、能力覚醒によって主従が逆転、『永遠の虜囚』とされたオジマンディアスは不死身の肉体を与えられ、石壁に歴史を刻み続ける日々を送っている。

派生世界"A.O.A."

1995年、X-MEN関連誌全体で展開された大型クロスオーバー企画『エイジ・オブ・アポカリプス』。
プロフェッサーXの息子であるリージョン(デビッド・チャールズ・ハラー)が、父の宿敵マグニートーを抹殺すべく過去の世界にタイムスリップ
しかし謎の未来人に狙われたエリック・レーンシャーを身を挺して庇ったのが、よりによって親友チャールズ・エグゼビアだったため、その後の歴史が大幅に変化。

正史世界より30年早く行動を開始したアポカリプスにより世界はあっさり支配され、ミュータントではない人類(『フラットスキャン』という蔑称で呼ばれる)とアポカリプスに従わないミュータントは苛烈な迫害を受けているディストピアとなっている。
エリックこと磁界王マグニートーはミュータントの戦士たちを募り、亡き親友の名を冠するレジスタンスチーム・X-MENを率いて人類解放のために戦っている。
X-MEN関係のキャラクターは立場や性格が大きく変化しており、キャプテンアメリカは復活しておらず、その他正史世界の主なヒーローたちの多くは既に死亡しているか、普通の人間のままアポカリプス軍に抵抗している。

最終的に歴史が復元されこの世界は消滅するが、ここに属していた4人が正史世界に転移、オンスロート事件の引き金を引くことに…

実写版

X-MENに登場するヴィランの中でも、マグニートー並に重要な存在で、ファンも非常に多かったのだが、長らくの間、実写映画に登場しなかった。

しかし、2014年公開の映画『X-MEN: フューチャー&パスト』のエンドクレジット後のシーンで初登場しており、2016年公開予定の映画『X-MEN: アポカリプス』にて、遂にヴィランとして本格的に登場する事が予定されている。演じるのは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』に出演したことでも記憶に新しい「オスカー・アイザック」。日本語吹き替えには松平健が担当。

ゲーム

1994年テレビ東京系で放映されたアニメ版X-MENにもアポカリプスは登場しているが、日本でこのキャラクターが有名になったのはなんといってもCAPCOM対戦格闘ゲームボスキャラとして起用されてからである(MARVELvsCAPCOMも参照)。
初登場は『X-MEN VS. STREET FIGHTER』(1996年)。
最初は通常のキャラよりやや大柄な姿で登場し、プレイヤーキャラとの会話が表示され(ここまでは『MSH』のサノスと同様)、その後アポカリプスの姿が消えたかと思うと、天を衝く巨人の姿で再登場。
地面の上に上半身しか現れていないにも関わらず、頭部が画面上端に届くほどである。
ハイパーアーマー状態ガードはせず、しゃがみジャンプといった挙動もない。
攻撃方法は拳で地面をたたき衝撃波を生む、拳を鉄球に変え振り下ろす、拳をドリルに変え突進、肩から火炎弾を放つ、レーザービット射出(ビットは破壊可能)などで、格闘ゲームというよりシューティングゲームのようなシロモノ。
続く『MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER』(1997年)でも巨大アポカリプスが登場し、さらにその後も『画面全体を覆う巨大ボス』はオンスロートアビスギャラクタスと受け継がれてゆくシリーズの伝統となる。
…が、アポカリプスは『XVS』でも『MVS』でも、『物語上の黒幕』でありながら『ゲーム上のラスボス』ではない、という微妙に情けない立場での起用となっている。
また一部の家庭用移植版ではプレイヤーがアポカリプスを操作できるモードが追加されている。

関連タグ

アメコミ / MARVEL / X-MEN
ミュータント / スーパーヴィラン

Four_Horsemen_of_The_Apocalyps
黙示録の四騎士 / フォーホースメン

X-Men:Apocalypse

Apocalypse / 黙示録
ヨハネの黙示録 / 終末論

関連イラスト

アポカリプス

pixivに投稿された作品 pixivで「アポカリプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 282274

コメント