ピクシブ百科事典

Apocalypse

あぽかりぷす

Apocalypse (アポカリプス)とは、『黙示録』を表す英単語である。この語を冠した楽曲が、コナミの音楽ゲーム『BEMANI』シリーズに収録されている。
目次[非表示]

もしかして→アポカリプス

BEMANIシリーズでプレイできる『Apocalypse』の名を持つ楽曲は2曲存在する。
ゼクトバッハ叙事詩によって語られるストーリーは違うが、曲はいわゆるアレンジ違いである為、その両方を本項で記述する。

Apocalypse ~dirge of swans~

~神の啓示を受け、罪狩りの執行人に選ばれし少女アンネース
その重き使命と絶望に苦悩をおぼえ免罪を祈り続けるが、
人々が重ねる罪はとどまることを知らず
悲しみと怒りはやがて狂気と化して、アポカリプスソードから殲滅の炎を導く。
燃え盛る業火ののちに残されたもの。それは果てしない氷の世界コキュトス。
そのあまりに荘厳で美しい光景にアンネースはメギドの丘の上で泣き崩れる~
                    ゼクトバッハ叙事詩 第4章第8節『白鳥の鳴く丘』より

初出beatmaniaIIDX13 DistorteD
作曲者Zektbach
ジャンルORATORIO
bpm170

難易度BEGINNERNORMALHYPERANOTHER
シングル5910
ダブル--5811

Zektbach単独名義で発表された最初の楽曲。
クラブサウンドやダンスミュージックを主とするはずのIIDXRPGのような楽曲を持ち込んだことから
登場当初は『IIDXが本来の道からまた外れていく』だの『中二病乙』だの散々な言われ方をしていたが、
曲の作りこみや譜面のやり応え自体は本物であり、地道に人気を延ばしていった。
ゼクトバッハ叙事詩上の原点は『Ristaccia』だが、この曲の人気なくしてBlind Justiceは作られず、
BEMANI楽曲としてみた時、Zektbachの原点はこの曲と言えるだろう。

Apocalypse ~memento mori~

罪とはいかなるものなのか?
人は何故、罪を犯すのか。
罰とはいかなるものなのか?
人は何故、罰を与えるのか。
全ては自己の中にミームを造り上げる為?
では、それはいかなる為に?

メメント・モリ
                    ゼクトバッハ叙事詩第8章第4節『アンネースの回想』より

初出pop'n music15 ADVENTURE
作曲者Zektbach
ジャンルオラトリオ (ORATORIO)
bpm170

難易度5ボタンNORMALHYPEREX
16/(調査中)22/2828/3438/44
※難易度表記は『旧基準43段階/新基準50段階』で表記。

前述の『~dirge of swans~』の別バージョン。
発表時系列やゼクトバッハ叙事詩における章の前後関係からdirge of swansのリミックスと思いがちだが、作曲者曰く原曲はmemento moriであり、むしろdirge of swansがリミックスに当たるとのこと。
(dirge of swansはテクノ調が混ざっているのに対しmemento moriは純粋なオーケストラ調であることからも窺える)

担当キャラは叙事詩の通りアンネース。その姿は通常白黒2色のみで描かれている影絵のような状態だが、自キャラとして使用しFEVERクリアすると着色された(影が晴れた)姿を見ることが出来る。

関連タグ

beatmaniaIIDX ポップン Zektbach アンネース

pixivに投稿された作品 pixivで「Apocalypse」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139585

コメント